2009/5/28

電柱広告  

今日は何の日

1902 (今から107年前)
日本で電柱広告が許可される

とありますが
一番初めは何だったんでしょう?


我が家の前の電柱は

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


百年前の電柱はどんなだったか?
私が生まれた時には
田舎でも電柱はありました(多分)
母親からはランプの掃除の話は
よく聞かされました

私が記憶にあるころは
何故かデンシンバシラと言ってたなあ
凧揚げで電線に引っかかったものです
まだ三相はなかったでしょう
単相二線で200ボルトぐらいだったのでは?

電話線(電信柱か?)は開通を知ってます
電気より低い柱で電気とは別に段畑の中に建って
正に電線が二本引かれまして
水ヶ浦の組合に一台だけでしばらく続きました
遊子の五番でした
宇和島に電話を掛けるには長い時間待ちでした
もう一軒増えたときに四本線になり
次は二段になりなりました

そのころ電柱の広告は覚えてませんです

これから
電線の地中化が拡がりこの業界も
変化があることでしょう
0
タグ: 電柱 広告 凧揚げ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ