2012/6/28  20:09

つまらんで・・  俺!

なんか つまらんで まぁ寝よ・・
0

2012/6/28  19:22

あれ?  ORFS

あれ?「ちいさえこ」 おまえだいぶ太ったやろ?
クリックすると元のサイズで表示します
だで最近キレがないんだな・・ 食べてもいいけど しっかり運動はしろよ!
0

2012/6/28  19:09

スイッチ  俺!

週2回のスイッチが入ったままなので ウズウズしてます…

でも ぼちぼちスイッチを切らなくては…(笑)
0

2012/6/28  5:46

おめでとう  happy

 稀愛來 誕生日おめでとう 
0

2012/6/28  5:34

骨端症  

踵骨骨端症(しょうこつこつたんしょう)

小学生ぐらいのスポーツをするお子さんで、
踵が痛いという場合に見られる疾患の一つに「踵骨骨端症」があります。

別名「シーバー病」ともいわれています。

子供の踵

踵骨の骨端核は男子で7〜8歳で見え始めます。
女子では、それよりも1〜2年早く見え始めます。 大人の踵

15〜16歳で踵骨体部と癒合して骨が完成します。


発症メカニズム

骨端核が存在するような年齢の時に繰り返される踵部分でのストレスが
この疾患が発生する原因だといわれています。

もともと、軟骨成分の多い子供の骨は衝撃にも弱く、
腱による強力なけん引力がかかると軟骨部分では容易に骨がはがれてしまいます。

膝においてはオスグッド病がよく聞かれますが、
それとよく似た病態だと考えていただくと、
わかりやすいかと思います。

一回の外傷によって発症することは少なく、
明らかな原因が無い中で、
運動中に痛みを訴えることが多いようです。

しばらく様子を見ていますが、
痛くて踵をつけることができないような状態になることもあります。

やはり、運動によるアキレス腱の張力と、
繰り返される踵への衝撃が発症する原因であると考えられます。

また、アップシューズで練習しているときはさほどでもないのですが、
スパイクを使用中には特に突き上げによる痛みで、
さらに痛みが増強するという特徴もあります。


治療としては、
一時的に運動や体育を控えて様子を見ることで、
痛みは楽になってきます


ですので、将来的にスポーツができなくなるなどといった心配はありません。








0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ