2014/7/14  23:03


今大会の優秀選手賞・・「高橋賞」と名付けられていました。 ・・ものを各チーム1名選出するんですが うちの「高橋賞」は・・
クリックすると元のサイズで表示します
でー」です 最後まで「M-デコ」とどちらにするか?悩みに悩み「でー」にしました。 理由は「ストロング」だからです 小動物なのに「肉食」なんです!「タスマニアデビル」みたいです!
あっ!「タスマニアでービル」ですね
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは本物の「タスマニアデビル」です
3

2014/7/14  19:14

ジャンパーズニー  スタディ

【診断】
膝蓋骨(膝の皿)の下を押した時に痛みがないか調べます。
その他、X線撮影(レントゲン検査)で膝蓋腱の傷み具合や膝蓋骨のズレを確認します。膝蓋骨が上の方にずれていたり、膝蓋骨の下端に薄い剥離骨折が見られることもあります。
より精密な検査を行う場合は、MRI検査や超音波検査(エコー検査)が採用されます。

【治療】
痛みの程度や膝蓋腱の損傷の度合いに応じて様々な治療法がとられます。
軽度であれば、患部を冷やすアイシングで炎症を抑えつつ、安静にして炎症が治まるのを待ちます。膝が伸びた状態でテーピングやサポーターで患部を固定する装具療法も併用することで痛みを軽減できます。痛みが強い場合は、これらに加えて炎症や痛みを抑える消炎鎮痛剤を使う薬物療法も行われます。
症状が和らいできたら膝関節のストレッチングや膝周辺の筋力トレーニングを行い、筋肉の柔軟性と筋力アップを図ります。
腱が完全に切れる「膝蓋腱断裂」が起きた場合は、腱を縫合する手術が必要になります。

【予防】
イラスト:太腿の柔軟体操 膝蓋腱炎の予防と再発防止に有効なのが、太もも前面の筋肉「大腿四頭筋」のトレーニングです。筋トレやストレッチングによって筋力と柔軟性を高めることで衝撃を吸収し、膝蓋腱に加わる負荷を軽くすることができます。
運動の前後のウォーミングアップやクールダウン時には十分にストレッチを行いましょう。特に太もも前面を重点的に行い、股関節も同時に伸ばすと予防に効果的です。
痛みが出てきた時は、ストレッチングに加えて運動後に患部を冷やすアイシングを徹底し、安静時には(できれば運動中も)テーピングやサポーターを装着して膝を守ります。
痛みが強い時は膝を使う運動は中止し、患部を保護した上で早急に整形外科を受診してください。
0

2014/7/14  18:59


アップの合間に 親方父さんが何やら整列をさせ写真を撮っていたので便乗して 僕も撮ったりました

まずは普通の顔で…
クリックすると元のサイズで表示します

次は 顔ジャンケンの「チョキ」です
クリックすると元のサイズで表示します
こいつらかなりウデをあげてきましたね
0

2014/7/14  12:43


うちのM-デコとペラとJBCの4番のリバウンド争いです。
なかなかの高い位置で取り合ってますね なかなか見応えのあるリバウンド争いでした
クリックすると元のサイズで表示します
写真提供は 親方父さんです。
1

2014/7/14  6:21


「第1回 FIRECUP優勝させていただきました
クリックすると元のサイズで表示します

主催のJBC関係者の皆様、Hコーチ夫妻 1日ありがとうございました。またよろしくお願いします
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ