2008/1/24  22:49

レントゲン  骨折

下のレントゲン写真は右足の脛の骨の画像で 内側から撮りました。
太い骨が脛骨で骨折したトコです。 いわゆる「弁慶の泣き所」と言われる骨ですね(爆)
 で 骨の真ん中に一本真っ直ぐに通っているのがプレートです。 骨が完全にくっついたらこのプレートを抜くタメに手術をしなくてはいけません 今 抜くと再骨折するらしいです。 あまりくっつかなったり はやく治してほしい場合は腰の骨を削って脛骨に移植するみたいです。 このへんのコトはJBCの長老が詳しいと思います(爆)
でも これほどかかるとは・・ やはり健康が一番ですね
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ