のんびりにリリカルに

なのはさん好き大歓迎!
シグナム同盟やってます。。

 
  

バナーリンク・応援!

メッセージBOX

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
とある科学の超電磁砲の第8話は、レベルアッパー…詳細はわからず。涙子が何やら手を出てしまった!?
超電磁砲の第8話を見ました。連続虚空爆破事件は沈静化したものの、 それは更なる事件の入り口でしかなかった…… 第8話-幻想御手(レベルアッパー)- 夏風邪でダウンしてしまった初春を心配する佐天は、 うわの空で授業を受けていたことから、 担任教師に「自分だけの現実
莉雁屓縺ッ縲∝晄丼縺ョ鬆ュ縺ョ闃ア縺瑚。梧婿荳肴趣シ
とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]クチコミを見る

「虚空爆破(グラビトン)事件」の犯人を捕えた美琴たち。しかし、彼は「低能力者(レベル2)」で、あれだけの被害を出すほどの力をもっていないはずだった。煮詰まってしまったふたりは、

笳丞ケサ諠ウ蠕。謇具シ懊Ξ繝吶Ν繧「繝繝代シシ槭う繝。繝シ繧ク繝ゥ繝輔r謠上>縺ヲ縺ソ縺溪酪
窶サ邨オ縺ョ隱ャ譏弱ッ螟我ス鍋エウ螢ォ隕也せシ域─諠ウシ峨ョ蠕後↓險倩シ
#8 幻想御手(レベルアッパー)

窓の外でセミが騒がしく鳴いていた。こんなコンクリートばかりの街でどこにいるんだろうっていうくらい、セミの鳴き声がいくつも重なり合っていた。
「……以上のことから、学園都市で行われている能力開発カリキュラムに
元記事はこちら↓
http://coffeemonster.at.webry.info/200911/article_38.html


とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手」の感想記事です。


※この記事は...
繧ー繝ゥ繝薙ヨ繝ウ莠倶サカ縺ョ迥ッ莠コ縺ョ繝ャ繝吶Ν縺ァ縺ゅl縺
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ