写真はどれもクリックすると拡大できます。

2011/6/6

このバラなあに  ガーデン

毎年恒例、生田緑地ばら苑にて。

このバラはなんという名前でしょう?
見分けられますか???

1.
クリックすると元のサイズで表示します

2.
クリックすると元のサイズで表示します

3.
クリックすると元のサイズで表示します

4.
クリックすると元のサイズで表示します

上から、
1.シャルロット  ER 英 オースチン 1993年作出
とてもいい香りでした。前回も確か香りに惹かれた記憶が。今回も香りではこれが一番。青リンゴの香り、という人も。

2.チャールズ・ダーウィン  ER 英 オースチン 2003年作出
う〜ん、向かい側にあるシャルロットと色がそっくり。どちらか持ってこられたらきっと分からない…。真ん中の形が少し違うのかな。咲き進み方でも変わりますよね〜。

3.コンテ デ シャンパーニュ  ER 英 オースチン 2002年作出
こちらはもうちょっと色にアプリコットが入ったかんじ。咲き進むにつれ白くなりますね。はなびらもあっさり。
繊細で、今回一番印象に残ったかも。

4.ジュード ジ オブスキュア  ER 英 オースチン 1995年作出
うちのジュードさんは、この冬は土を変えてあげなかったのでちょっとご機嫌斜めでした。ごめんね〜。ここのはやっぱり光をいっぱい浴びて葉色がいいね。きっとこの花のコロン、としたかんじを出すには、大振りに育ててあげるのがいいんだろうな〜。

まあ、全部オースチンさんだったのね。やっぱり、オースチンさんといえばカップ咲きですよね〜。
名前も文学の香りがして好きですよ。
0
タグ:   バラ



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ