写真はどれもクリックすると拡大できます。

2006/10/9

園芸福祉講習会のいただき苗  栽培

■定植■

<長角形プラスチックプランター>
・コスモス(Cosmos bipinnatus)濃桃 半耐寒性1年草 開花6〜11月 1株
  やっぱり、秋にはひと株あるといいですね。
・ストロベリーフィールズ (Gomphrena.haageana)半耐寒性1年草 6〜10月 1株
  かわいい〜。自分じゃなかなか買わないな。
・千日紅(Gomphrena globosa)半耐寒性1年草 6〜10月 3株 
・キンギョソウ(Antirrhinum majus)3株 耐寒性1年草 9〜10月、3〜6月
  自分じゃなかなか買わなかった…。
・フレンチマリーゴールド(Tagetes patula )1年草4〜11月 3株
  いつでも手に入る、と、買いそびれておりました。
以上、園芸福祉講習会でのいただき苗。どれも1年草。

・ネメシアメロウ ロイヤル(Nemesia Aromatica 'Royal')多年草 3月〜6月、9月〜11月 1株
・オーブリエチア(Aubrieta deltoidea)常緑多年草 4〜6月 1株
・ワスレナグサ(Myosotis sylvatica)多年草(耐寒性)5〜7月 1株
以上、昨年来、放りっぱなしにも関わらず冬越し夏越しした株。

・チューリップ球根(Tulipa spp.)
  スーパーで8球198円で売っていたオランダ産球根。色はピンク。安くない???

・正体不明の球根
  …なんと腐葉土ボックスから球根を10球ほども発掘!瞬間、あまりのつややかさに何の卵かと思いました。いらなくなった鉢土も投げ込んであるとは言え…すっかり立派な球根に育っている!!!心当りは…もしかしてスイセン‘テータテート’(Narcissus cyclamineus'Tete-a-Tete')???

手元にある株を詰め込んだだけなので、長期の装飾性には欠けますね。冬場は上だけ植え替えるか。

<3号ポット>
・ガーデンシクラメンの球根 1個
  …これも腐葉土ボックスから発掘!!!もう、しっかり根も芽も出ています。入れた時は、もうすっかり球根もだめだと思ったんだよな〜。まさかここまで復活しているとは。そうかあ。腐葉土ボックスに球根を保管するのって、アリかも…。

<長角形プラスチックプランター>
・バジル 1株
  これも講習会のもらいもの。ミニトマトのプランターに植え付け。

<深型プランター6号> 2個
・キャベツ 各1株
  講習会のもらいもの。

<丸型プランター6号>
・サザンクロス(Crowea exalata)常緑小低木(非耐寒性)5〜11月、ほぼ四季咲き 1株
・イチゴ 3株
  既にある株のランナーから切り離した子株。
0
タグ: 植物 栽培 園芸



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ