写真はどれもクリックすると拡大できます。

2009/1/27

故宮 その14 植物唐草  北京旅行

御花園。「養性斎」の前の棗の木。か〜わい〜い。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
あれれ?こちらの棗の木は、なんか変。くねくねしてる…この房のようなものは、花?こんな花じゃなかったような??それとも、天狗巣病にでもかかっているのか?

クリックすると元のサイズで表示します
お〜、なんか、変種なのね。何ていうか、雲竜柳ならぬ雲竜棗、ってかんじ?「龍の爪の棗」と書いてあるようです。果実も変形、ってかいてあるけど、どんなのかしら。さっきの房みたいなやつは…謎だ。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは…ノウゼンカズラ??? そう言えば、中国原産でしたね〜。とっても熱帯植物な気がしていましたが。

クリックすると元のサイズで表示します
どんな花が咲くのかな〜?きれいだろ〜な〜!

↓こちらは京都で見たノウゼンカズラ。
http://orange.ap.teacup.com/applet/jardin/20060815/archive

☆今日のちび庭気温:0〜10℃ うちのノウゼンカズラ科のパンドレアは、寒さにもめげず元気です。そうかあ〜。だからかあ〜。キョウチクトウ科のマンデビラとは、耐寒性が違うのね。よかった。(^_^)
0

2009/1/22

冬の木場公園  ガーデン

先日。お久しぶりに、元の職場近くの木場公園にやってきました〜。

クリックすると元のサイズで表示します
おお〜!きれい〜!クロガネモチ(Ilex rotunda)です。「篤姫」で、お父さんがおかつを思って見上げていたあの木ですね。木肌の白さがまぶしいです。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな寒い季節に、たわわに実った赤い実がまぶしいですね。冬に見つけると、嬉しくなります。
そういえば、京都の妙蓮寺にも、とても立派なクロガネモチの木がありました。お庭の一番すみっこにあるので、残念ながらたいていの写真には写っていないようですが。

ちなみに、妙蓮寺で拾って来た妙蓮寺椿の種は、その後無事に発芽してすくすく育っていますよ!葉っぱも幅広で似てる。どんな花が咲くかなあ〜!
http://orange.ap.teacup.com/applet/jardin/20070209/archive

クリックすると元のサイズで表示します
しかし、おお〜!とっても園内がすっきりしましたね。去年の夏のジャングルが嘘のよう…。
http://orange.ap.teacup.com/applet/jardin/20070918/archive

クリックすると元のサイズで表示します
これは、センダン(Melia azedarach)の実でしょうか。なつかし〜い。え〜っと〜、石けんになるのはこれじゃなくてムクロジ(Sapindus mukurossi)でしたね。すぐごっちゃになるのよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
これはモミジバフウ(Liquidambar styraciflua)。この実を拾おうと思ったら、下はすっかり掃除されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
おお〜!ほんとにすっきり、ってゆーか、蔓植物の見本まで消えましたね…。そのうち植えるのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
今年初の梅です!!!高すぎて、匂いまでは分からず。でも、春〜。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの花壇はまだ冬景色。なかなか冬の花壇は難しいね。

クリックすると元のサイズで表示します
帰り道で。すてきな椿を見つけました。木がパラソルのようで、いい感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します
これ、なに〜?なんだろお。調べとかなくっちゃ。おっきいね〜。

☆今日のちび庭気温:4〜12℃ あったかいのねえ。でも、お洗濯物が乾かない〜〜〜。どろんこ作業すると困っちゃうのよね〜。明日も雨か。(^^;)
0

2009/1/13

故宮 その13 棗の学び舎  北京旅行

御花園、西へ通過中。

クリックすると元のサイズで表示します
厳つい岩山がごつごつ。派手に穴があいてます。中国のお庭は、この石がお好みなんですね。こんなに穴があく(水に溶けやすい???)ってことは、石灰岩質なんでしょうか???

クリックすると元のサイズで表示します
東を振り返ると、うっそうとした森の感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
岩山を一つ超えると、更なる岩山の向こうに建物が見えてきました。ここが御花園の西の突き当たりかな?

クリックすると元のサイズで表示します
おお、ちらと北の方をみると、再び空間が開けてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
先ほど見えた西の建物に近づいてみました。おお〜っ!建物の壁に直接石が組み込まれているっ!
それとも、石の台の上に建物が載っているのかな?

クリックすると元のサイズで表示します
同じ建物の右手の方。どうやら、コの字型になっているようで、左側は2階部分が岩の上、右側は普通に2階建てになっているようです(中は分からないけれど)。

クリックすると元のサイズで表示します
先ほどの、左側の岩に乗っている部分。ん〜、迫力です。手前の緑と、手すりやタイルの緑がしっくりと合っています。

クリックすると元のサイズで表示します
で、こちらが正面。なんだかおしゃれですね〜。建物の名は「養性斎」。ラストエンペラー博儀さんの家庭教師ジョンストンさんのお住まいで、英語の授業もここで行われたそうです。故宮の中にはほとんどが平屋であまり2階建てがないせいか、どうもヨーロピアンな印象を受けます。

クリックすると元のサイズで表示します
「養性斎」の前はこんな感じ。木々の間に見える岩山がすてき。

クリックすると元のサイズで表示します
いや〜、迫力の岩山に、重厚な大理石の欄干に、優しく緑をさしかける木々。こんな土台には、このくらいびかびかっと派手な建物でなきゃ、つりあわないでしょうね〜!

☆今日のちび庭気温:−1℃〜7℃ おお!ついにマイナスだ!今日もお月様がとってもきれい!!!日中の日差しには春を感じたりするんだけど、まだまだこれから寒くなるのね〜!!!(^^;)
0

2009/1/12

故宮 その12 キセキがいっぱい  北京旅行

さて、北京の続きもまいりましょうか。この調子じゃ、おそらく「その100」までいきますね…???今年1年、この話題でいってしまうのではないか。覚悟してくださいね〜。でも、そうそう行けない庭主には、本当に異国文化というのは刺激的です…。

故宮、まだまだ「御花園」の中。
クリックすると元のサイズで表示します
先ほどの、龍のレリーフが迫力だったかわいいお堂をあとにして。
http://orange.ap.teacup.com/applet/jardin2/20081229/archive
おお、ここって、なんかラストエンペラー溥儀さんが写真に写ってたのをみたことあるような気がする。

クリックすると元のサイズで表示します
東口から入って来たのよね。西へと庭園を横切り、ふと北の方を見ると。な〜んだかすご〜い岩山と御殿がある〜〜〜(人もすごいぞ)。わ〜い、西遊記みたいだ〜!しかも、「花壇」が。ってゆーか、鉢が並んでいます。なかなか見事な菊です。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに西へ。なんか、狭くなってきました。こんなもんかな?竹やぶに不思議な石が並べてある。サンゴ、ですかねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
なんだか不思議な感覚。竹と器に刺さった石とボタン。日本にはない取り合わせだな。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらにも、石の列。5コ並べるのがお約束なのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
終わりかと思ったら、どうやらここが「御花園」の南正面入り口らしい。まだ反対側にあるんだ〜。意外と広い。しかし、大きな香炉?ですね〜。あ、写真取ってと頼まれちゃいました。どうやら庭主、中国の人に同化してるらしい。ちょっと安心したりして。

クリックすると元のサイズで表示します
香炉の北側。何やら門がありますが、とりあえず前をさらに西へ通過。

クリックすると元のサイズで表示します
ここにも5つ石。一応、庭園内はシンメトリーになってるんですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
西前方に、何やら展望台?みたいな岩屋が見えてきました…。シンメトリー、でもないのかなあ?
つづくう!

☆今日のちびにわ気温:1〜7℃ お月さんがきれいです。ちび庭をいじっていたら、なんと昼過ぎなのに霜柱を見つけました。さむう〜。(^^;)
0

2009/1/7

七草がゆつくりました。  ガーデン

七草がゆ、つくりま〜す。

クリックすると元のサイズで表示します
右から、せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ、すずな すずしろ。これで七草よね〜。
としゃらっと言ってのけましたが、じつはしばらく「ナズナがない…」と、スーパーで買った七草パックを矯めつ眇めつしていたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
セリ(Oenanthe javanica)。英名はJapanese parsley。なるほど。セリ科だ。

クリックすると元のサイズで表示します
これがナズナ(Capsella bursa-pastoris)。ペンペン草のロゼット。学名、Capsellaっていうのね〜。たしかに種はカプセルみたいね。(よお〜く見ないと、ホトケノザと区別つかないのよ〜!ホント。)

クリックすると元のサイズで表示します
ゴギョウ(Gnaphalium affine)。ハハコグサ。京都にいたころ、親方の奥さんが「うちにたくさん生えてたのに、最近見かけなくなったのよね〜。淘汰されちゃったのかしら。」、なんておっしゃってたっけ。千葉ではまだたくさん見かけております。

クリックすると元のサイズで表示します
ハコベラ(Stellaria media)。はこべですね。Stella、というとおり、星のような花。そういえば、イギリスでは赤に近いピンクの花のはこべを見かけました。あれが「スカーレットピンパーネル(紅はこべ)」だったのでしょうか。宝塚でそんな名前の演目をやっていましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
ホトケノザ(Lapsana apogonoide)=コオニタビラコ。キク科。シソ科の(Lamium amplexicaule)ではありません。そういえば、シソ科のほうのは,オドリコソウ共々ラミウムの仲間だったのね〜、と、感心したことがありましたっけ。

クリックすると元のサイズで表示します
スズナ(Brassica rapa)。カブ。ダイコンに似てるような気がしますが、分類は「アブラナ属」。キャベツとか白菜の方が近いんですねえ。知らなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
スズシロ(Raphanus sativus)。ダイコン。カブに似てるんですけど、分類は「ダイコン属」なんですねえ。どうやら膨らむ部分(食べるところ)が、カブでは根と茎葉の境目部分で、ダイコンではその下の根っこ部分、という違いがあるそうな。

あ〜、しまった。七草がゆの写真取るの忘れた。でもおいしかったよ〜ん!今年も一年、健康でありますよ〜に!

☆今日のちび庭気温:3〜10℃ 同じ千葉でも南と北ではぜんぜん気温がちが〜う!のーえん行ったらまるでスキー場にでも来たような空気。霜で真っ白でした。(^^;)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ