写真はどれもクリックすると拡大できます。

2009/1/7

七草がゆつくりました。  ガーデン

七草がゆ、つくりま〜す。

クリックすると元のサイズで表示します
右から、せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ、すずな すずしろ。これで七草よね〜。
としゃらっと言ってのけましたが、じつはしばらく「ナズナがない…」と、スーパーで買った七草パックを矯めつ眇めつしていたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
セリ(Oenanthe javanica)。英名はJapanese parsley。なるほど。セリ科だ。

クリックすると元のサイズで表示します
これがナズナ(Capsella bursa-pastoris)。ペンペン草のロゼット。学名、Capsellaっていうのね〜。たしかに種はカプセルみたいね。(よお〜く見ないと、ホトケノザと区別つかないのよ〜!ホント。)

クリックすると元のサイズで表示します
ゴギョウ(Gnaphalium affine)。ハハコグサ。京都にいたころ、親方の奥さんが「うちにたくさん生えてたのに、最近見かけなくなったのよね〜。淘汰されちゃったのかしら。」、なんておっしゃってたっけ。千葉ではまだたくさん見かけております。

クリックすると元のサイズで表示します
ハコベラ(Stellaria media)。はこべですね。Stella、というとおり、星のような花。そういえば、イギリスでは赤に近いピンクの花のはこべを見かけました。あれが「スカーレットピンパーネル(紅はこべ)」だったのでしょうか。宝塚でそんな名前の演目をやっていましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
ホトケノザ(Lapsana apogonoide)=コオニタビラコ。キク科。シソ科の(Lamium amplexicaule)ではありません。そういえば、シソ科のほうのは,オドリコソウ共々ラミウムの仲間だったのね〜、と、感心したことがありましたっけ。

クリックすると元のサイズで表示します
スズナ(Brassica rapa)。カブ。ダイコンに似てるような気がしますが、分類は「アブラナ属」。キャベツとか白菜の方が近いんですねえ。知らなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
スズシロ(Raphanus sativus)。ダイコン。カブに似てるんですけど、分類は「ダイコン属」なんですねえ。どうやら膨らむ部分(食べるところ)が、カブでは根と茎葉の境目部分で、ダイコンではその下の根っこ部分、という違いがあるそうな。

あ〜、しまった。七草がゆの写真取るの忘れた。でもおいしかったよ〜ん!今年も一年、健康でありますよ〜に!

☆今日のちび庭気温:3〜10℃ 同じ千葉でも南と北ではぜんぜん気温がちが〜う!のーえん行ったらまるでスキー場にでも来たような空気。霜で真っ白でした。(^^;)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ