写真はどれもクリックすると拡大できます。

2009/2/28

故宮17 ようやく御花園脱出。  北京旅行

さて、「御花園」巡りもいよいよ終盤。園の一番中央の「欽安殿」にやってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
周りのいくつもの華やかな亭とは壁で区切られて、静かな空間が広がっています。手前の白い肌の木は白松ですね。赤い建物に映えています。

クリックすると元のサイズで表示します
これは、灯籠?香炉?端正な作りですね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの壁飾りは赤地に鶴。おめでたいですね。暖かみのある表情です。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでもやはり人気な「連理樹」。写真を撮ろうとしているのはやはりご夫婦でしょうか。みんなお揃いの赤い帽子で。この木はビャクシンでしょうかね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの祠は全部タイルで出来ていますね。ところかわれば習慣も違うものですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、御花園で一番の絶景は、ここ、「堆秀山」。毎年の重陽の節句には、皇帝や皇后たちがこのてっぺんの御景亭に登って、紫禁城と御花園を眺めたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
しっかし、すごいインパクトですねえ。ん〜、見てるとやっぱり浮かぶ曲はMonkey Magic。
山の麓には滝らしきものもしつらえてあり、その下には、鯉魚石ならぬライオンさん?

クリックすると元のサイズで表示します
んんん〜!存分に楽しめました。御花園。ここでようやく午後1時。次は急いで東六宮へむかいます〜。

☆今日のちび庭気温:3〜8℃ 雪降りましたねえ〜〜〜!初雪でした。あ〜。どろんこ。農作業は過酷だ…。(^^;)
0

2009/2/24

かっちゃいました〜。  ガーデン

えへへへへ。きんけつだとゆーのに。いかんなあ〜。いかんいかん。あは、あはははは。

つれが「クリスマスローズの世界展」のチケットを格安で手に入れてくれましたので…。
んでもって、同時に開催中の「世界ラン展2009」にも、夕方入場の安いチケットではしごしてまいりました。

ええ、今回のクリロー展にはぜひ行きたい!理由がございまして。

じつは、数年前にai 様に買って来ていただいた、あの原種クリスマスローズ‘デュメトラム’が。
他のものと寄せ植えにしといたのを、鉢がいっぱいになったのでそろそろ…と取り分けたらば。
どうも調子が悪いのです。

途中まで出た芽を確認しようとしてついうっかり一つ折ってしまい。
他の2芽も、乾燥してしまったのか、途中からうんともすんとも成長しなくなってはや3ヶ月。

あ、あたしが悪かった。ヒメツルニチニチソウ&ベニゴウカンなんて旺盛なやつらと一緒に植えてしまっていたた私が悪かった。休眠期に植え替えたあたしが悪かったよお〜。ぐし。ぐし。

で、反省を込めて、2代目を迎えに行ったのでございます。
こちら。
クリックすると元のサイズで表示します
クリスマスローズ‘デュメトラム’と‘アトロルーベンス’。各600円。ちっちゃ〜い。咲くのは2年後か3年後か???

ちなみに、会場に展示してあったのはこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
デュメちゃんです。極小クリローです。グリーンの花びら(本当は萼ですが)がかわい〜い。
クリックすると元のサイズで表示します
アトロちゃんです。なんて華奢でシックなんだ!!!こんなの咲いたらいいなあ〜。

つい、かわいかったので‘フェチダス’ 500円 も買ってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
ゴールド、と書いてあります。原種、ですが新品種なんでしょうか。

‘フェチダス’の展示品はこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
名前の通りにおいが良くないとか、雑誌なんかで見てたときは、なんか不細工なやつ〜、っと思ってたけど、実物を見るとずいぶんかわいい。特にベルのような蕾が。ってことで、こちらも苗を買ってしまったのでした。これまた開花は2、3年後。

そして、つぎなるラン展でご購入は。
ウチョウランの球根 2球1000円。つい、目がくらんでしまいました。

それからこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
フウラン‘猩々(しょうじょう)’。1500円。これがほしかったんです〜。

クリックすると元のサイズで表示します
そして今回、フウランの黄色にもとっても惹かれてしまい。800円。フウちゃん達も、花にあえるのは数年後かなあ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
すてきでしょう!黄色のフウラン。もちろんこちらは展示品。

クリックすると元のサイズで表示します
そして。ようやく花付きを買いました。ミニカトレア!!!‘さくら姫’というそうです。Sophrolaeliocattleya、という長い名前がついているということは。ソフロニティス、レリア、カトレア、という3つの属を交配したものなのだそうです。お値段は…2500円!!!

いや〜、かいました。しめて、7500円!!!きんけつだとゆーのに。でも、クリローとフウランとミニカトは京都にいたときから、「この次クリロー&ラン展に行ったら買う」つもりでいたのよね〜。決して衝動買いじゃあないのよん。ほんと、ほんとなんだからあ〜。

みんな、いい子で大きくなっておくれ。ねっ。(^_^)
0

2009/2/10

故宮 その16 まだまだ御花園通過中。  北京旅行

う〜ん、すてきなタイル!

クリックすると元のサイズで表示します
色の選択と楽しげなライン。デフォルメの妙が何ともいえません。


さて、現在位置は、千秋亭から順貞門の左脇の建物前へ。この図を見ると、全体的には「御花園」が左右対称に作られていることが分かりますね。でも、真ん中の建物(欽安殿)で見通しがさえぎられ、万春亭と千秋亭と言った左右の同じような建物が同時に目に入ることがなく、広く感じるのだそうです。
確かに、右側と左側とは、ずいぶん印象が違うのよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
「左側」の、千秋亭の北の東屋をくぐる池。きんぎょがいっぱい!水草の周りをぐ〜るぐる。か〜わい〜い!!!
園内には手を替え品を替え、いくつも小さな東屋や楼閣があるんです。さすが天子様の園。

クリックすると元のサイズで表示します
順貞門の左脇の建物の楼閣。なんだかねじれた木とともに、風情を感じます。ここで演奏会やお食事会をした…だったか?ランタンをいっぱい灯して夜の演奏会なんかしたら、さぞかし雰囲気すてきでしょうね〜!

クリックすると元のサイズで表示します
建物の横には、坪庭!う〜ん、だいなみっくう〜!中国の人は、この石筍が好きですね。これはいったい、深山のデフォルメなのか、本当に「筍」を表しているのか?(まさかアリ塚では…って、南米か。)

クリックすると元のサイズで表示します
その建物と、順貞門の方(つまり御花園の一番北側)の通路を見渡す。人は多いんだけど、古い樹のせいか、とても穏やかな静けさがあります。右手に見えているのが、御花園中央の建物「欽安殿」。

ちなみに、ちょっと疲れたので、休みがてらここでスケッチを始めましたら。周りのおじさん達がわらわらと見に集まって来たので(!)、そそくさと輪郭だけ書いて逃げました…。

クリックすると元のサイズで表示します
腰掛けた横の石柱。こんな足下にもモザイクが!!!空間恐怖症ってやつですか。らくがきちっくでかわい〜。

クリックすると元のサイズで表示します
逃げて戻って来た千秋亭の横。おお、ここだあ〜。溥儀さんがインドの詩人タゴールと佇んでいたのは。
今はにぎやかだけど、きっと一人で佇んでいたら、精神的世界に浸れそうだ…。
う〜ん、素晴らしい石組みですねえ。面白いなあ。このお堂と奇岩の組み合わせ。この「落ちそうな」石組み、日本じゃやらないよね。実に、ワイルドです。

いや〜、さすが紫禁城。どこまでもなかなか面白いものを見せてくれます。

☆今日のちび庭気温:1〜11℃ いや〜、すっかりおなかの風邪にやられました。絶食のおかげで胃袋が小さくなった? そーいや、昨日はあの北京のCCTVビルが焼けたって聞いて泣きそうになっちゃいました。とりあえずはかまビルは無事で良かった。気の毒で勇敢な消防士さんに心から黙祷を捧げます。

0

2009/2/7

春ちび庭でめだか。  ガーデン

セリにヒメダカ。いいねえ、日本の風景だねえ。
クリックすると元のサイズで表示します

と言いたくて。(あ、あとつっこまないように。)
お正月のセリをキープする→水耕栽培→メダカ復活!と相成ったのでございました。
ええ、残念ながら、地産の黒メダカではございません。ホームセンターのペットコーナーにて一匹5円だったか10円だったか?5匹ゲット。
まあ、熱帯魚の餌になるよりはいーだろお。

クリックすると元のサイズで表示します
本当は可憐な睡蓮鉢に…と行きたいところですが、貸家だからな、というのと、どうせならそのうちすてきな鉢を見つけたい!と言うことで、当面はこちら。

100均で買った洗い桶。
ニャゼ洗い桶なのか?→軽い。側面が底まですとん、と深く落ちている(安定が良い、同じ直径でも容量が大きい)。そして!一番の理由は。

横にオーバーフローがついているから!!!

この横穴のおかげで、大雨が降っても水が満杯になることがないのです。メダカが流されてゆく心配はこれでなし。(ま、土砂降りのときはメダカは底に潜っているとは思いますが。)

洗い桶じゃ見た目は悪いけどね〜。

こないだは、寒さで桶に氷が張っていましたが、メダカは無事。最近は一気にあったかくなったせいか、ちょっと藻が繁殖してきました。もう餌はそんなにいらないにゃ。蚊の防止のためにメダカを飼ったんだけど、こんなに早く藻が繁殖するようじゃ、5匹じゃ消化しきれないか???

ちなみに、人の気配にはとても敏感で、なかなか姿を見せてくれません。おかげですぐ横のブロッコリーの葉を食べにくる鳥には、まだ見つからずににがんばってます。
0

2009/2/3

故宮 その15 デコラティブ  北京旅行

故宮は御花園。西の端から北へと歩いてゆきます。

ふと足下を見る。
クリックすると元のサイズで表示します
かわい〜い。通路のモザイク。これは、ザクロでしょうか?ザクロといえば、アラビアからスペインにかけて、唐草模様によく使われますね。これはオリエントつながりか!でも、葉っぱが怪しい。それともカボチャ?となりはヒョウタンのようですしね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
高欄、赤い壁、白い奇岩、竹。構成の妙ですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
この屋根のリズムと、おばけのような白い立石。おもしろ〜い。やっぱり三蔵法師と孫悟空達が出てきそ〜よ。日本の庭と違って、何ともカラフルです。

クリックすると元のサイズで表示します
白亜の石の欄干。石だけど、真っ白で角がすべて丸めてあるので、重厚ながらも何とも優しい雰囲気です。日本でこういうのは、あまり見ませんよね。う〜ん、細工が細かい。

クリックすると元のサイズで表示します
この、通路のモザイクの細かいこと!どんな人がつくったんでしょうね〜。ひとりでつくったの?何日かかったの?即興で?それとも図面を引いて?だって、どれも全部違ってて、ずう〜っと続いてるんですよ!

クリックすると元のサイズで表示します
これは蓮ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
これは、船に乗った天女様でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
なんだか、昔の人の落書きのよう。楽しげですね。いったい、いつ描かれたものなのでしょうか。モザイク模様はリボンのように、園内をぐるりと続いてゆきます。

☆今日のちび庭気温:1〜10℃ ここのところ、ちょっと暖かいですね。風は冷たくても、日差しは確実に力強くなってきました。植物達も芽だし開始です。(^_^)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ