写真はどれもクリックすると拡大できます。

2010/10/22

タデ科好き?  ガーデン

さて、この実はなんでしょお〜?
クリックすると元のサイズで表示します
正解は,「イシミカワ(Persicaria perfoliata)」だそうです。
明るい黄緑の円い葉の上にパールブルーが美しいです〜。
ちなみに、この丸い葉は実のところだけで,あとは下の写真のように三角の葉なんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
夏の終わりからこの痛いとげとげのツルがデカ畑へと越境してきて,ええい、と切っては向こうへ追いやっていたのですが。
てっきり、「ママコノシリヌグイ(Persicaria senticosa)」だと思っていたら,ちょっと違ったようです。
どちらもタデ科です。

刺が痛くなきゃ,かわいいのにね〜。(でもバラにも刺はあるか〜。気の持ちよう?)

ちなみに、庭主はタデ科の植物にもお気に入りが多いです。
残念ながら写真を撮りそびれたのですが,先日東京大学日光植物園で,ミゾソバ(Polygonum thunbergii)がまるでコンペイトウが輝くように咲いていたのがすっかり気に入ってしまったのでした。うわ〜っ、ほし〜いっ。でも持ち帰れない〜。
水辺が好きなのかしら。
http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_376.htm

タデ科といえば,「アイ(藍 Polygonum tinctorium)」も好き。
http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_1297.htm
園芸福祉の講習で,葉っぱをシルクの布に挟んで両手のひらでポン!と叩くだけで,布に美しい青い色が葉っぱの形に移るのがすごく楽しかったの〜。一度ホムセンで見かけたのに、手に入れそびれちゃったんだな〜。

あとは、イヌタデ,サクラタデ,オオケタデ、ヒメツルソバなんかも好き。
日光のしっとりした林床で雨に輝いていたミズヒキも美しかったし。
イタドリも,愛着のある雑草だな〜。退治するとなると大変ですが,野山に生えてるのを見てる分には。
スカンポは,食べられるというので小学校の頃よく道端に生えてるのを面白がって茎をかじってましたね。

そういえば,鮎の塩焼きにつきものの蓼酢は、ヤナギタデというものから作られるんですね〜。知らなかった。

ん〜,コンペイトウみたいな花といえば…そういえば野菜のツルムラサキがありますが。こちらは、ツルムラサキ科なのだそう。あれはうじゃうじゃ増えてかわいくな〜いっ。(ただ今ノーエンにて格闘中…)

クリックすると元のサイズで表示します
さて,最後の一枚は清々しく,サルビア レウカンサ(Salvia leucantha)です。この名前で呼ぶのも久しぶり。ボランティアさん達には流通名のアメジストセージやメキシカンブッシュセージの方が通じやすいので。
このベルベットの感じが秋にはたまりませんね。

☆今日のちび庭気温:12〜18℃ さ、さむかった。普段薄着でうごいているので、そのまま打合せでじっとしてたらなんと指先がかじかんでいました〜。いかん,こんな冷え性では…(^^;)

0
タグ:   園芸

2010/10/17

はじめのい〜っぽ。  栽培

シクラメン ヘデリフォリウム(Cyclamen hederifolium)が発芽しました〜!!!
クリックすると元のサイズで表示します

みて〜!最初にもう球根が!!!すごいねえ〜!きみはほんとに球根のこだったんだねえ〜。葉っぱがかれても,球根が残って,また球根から花芽が出る。なるほど〜。こうして、何十年も生きて行くんだねえ〜(中には50年生きるものもあるとか)。ちょっと感動。

ちなみに、種をまいたのは…おう、7月8日のことでした。
写真はないけど、ほんとにくるくる巻いた花茎の真ん中に,ボールのような実が。その中に,とてもたくさんの種が入っていました。あまり期待せずに播いてみたんだけど,随分ゆっくりの発芽なんですねえ。夏の間,あんまり反応がないので,もうダメか?と思いましたが,種自体は別にしぼみもせず瑞々しいので,そのまま放っておいたのですが(水はあげてましたよん)。

まあ、ようやく気温も下がって発芽時期になった,って事なんでしょうかね。

ん〜、と発芽情報を調べていたら,横山ナーセリーさんが素敵なページをつくっておられました。さすがすばらし〜い。私も長く育てたいものです〜。
http://homepage3.nifty.com/cyclamen/cib/index.html

こちらは,昨年の親株の開花の様子。
http://orange.ap.teacup.com/applet/jardin2/20091014/archive
ヘデリフォリウムの名は,葉っぱがツタ(ヘデラ)に似ていることに由来します。
ちなみに、花が咲いている時は葉っぱはまだ出ていません。↑の写真の背景の緑は,メキシコマンネングサの葉です。今年も蕾があがってきました。たのしみ〜。

☆今日のちび庭気温:18〜22℃ だいぶ涼しくなりましたね〜。あと一ヶ月で霜が降りるぅ〜。急がなくっちゃ。(^^;)
0
タグ: 植物 栽培 園芸

2010/10/6

日光に行きましたん。  ガーデン

9月末。つれと遅い夏休みを取り、日光へ行きました〜。

う〜ん、ひさしぶりだあにゃ。覚えてたのは東照宮ぐらいだったけど、日光って,こんなにいいとこだったんだあ〜。すっかり堪能いたしました。

なんといっても、見直したのは,滝の良さ。日光って,こんなに素晴らしい滝が沢山あったんですねえ。
考えてみたら本物の滝なんて,最近あんまり見てなかったなあ〜。お庭の作られた「滝組」は随分見たけれど。

じつは、庭主の人生の一番最初に見た滝というのは南米のイグアスの滝でした。まだ小学校に上がる前にもう世界最大の滝のすがたを記憶してしまったので,本当のことを言うと日本の滝を見るたび,ずいぶんか細くてたよりない、滝というのはこの程度か、などと、ひそかに思うこともあったのでしたが。

日光の滝は実に表情豊かですね。久々に水の迫力というものを感じました。
クリックすると元のサイズで表示します
まず、こちらは二荒山神社の奥にあります,白糸滝。おお〜、森の奥から清冽な気が湧き出てくるようです。
はあ〜,たどり着けてよかった。こ〜んな道を延々と登ってきたんですよ〜!
クリックすると元のサイズで表示します
石畳なんだけど,雨降っててすべるし、大きな石がごつごつしてて目地につま先がはまりそうで,歩くのが大変!!!それだけに,聖地に向かってるんだなという緊張感を覚えます。この道を役行者も歩かれたそうですよ。

さて次は,日光といえば,やはり華厳の滝でしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
いや〜、こちらもとても感動しました。写真だと分かりづらいですが,山の稜線の向こうに中禅寺湖の水面が見えます。すご〜いっ。中禅寺湖って,こんなに標高高いとこにあったの!!!本当に,空に浮いている湖です。
その中禅寺湖の水が,華厳の滝として低地へと落ちてゆくんですねえ。まるで、モナリザの背景にあるような景色です。

クリックすると元のサイズで表示します
近くに行くと,また表情が豊か。下の細かい流れがいいですねえ。雨上がりの滝は神秘的です。

クリックすると元のサイズで表示します
人が入ると大きさが分かりますね。滝壺からの流れもまたいい感じ。こんな流れ、作ってみたいなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
滝の横の岩壁もすごい!うわあい,六方石がいっぱい〜!!!
いやあ,これは、真似が出来ない。やっぱり,大自然って,すごいですね!
つづくう!

☆今日のちび庭気温:17〜24℃ 雨が降って,随分植物が回復してきました。でも,日照も少なくなってきたし,もうすぐ気温も下がるのよん〜〜〜。はやいわね。(^^;)
2
タグ:  風景 旅行



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ