写真はどれもクリックすると拡大できます。

2010/11/25

アリエッティの家を壊す?  ガーデン

そんな気分。

お仕事中、落ち葉の堆肥ボックスを掘り返しておりましたら。
目の端に、数カ所ちろちろ、っと動くものが。

???とかげ?ミミズ?へび???

ん〜、と目を凝らすと。

こんなんおりましたん〜。
クリックすると元のサイズで表示します
つちまみれ。でも、か〜わい〜い!

わらわらと,5匹ほどでてきましたん。
もしかして,もう冬眠してた?
びっくりしたのか、こしをぬかしたのか、放り出されてしばらく呆然。で,思い出したようによたよたと逃げていった。

うまく写真とれなかったけど,まさにこんな感じ↓。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:Apodemus_sylvaticus_bosmuis.jpg

何ネズミか,よくわからなかったけど,とにかくち〜さい。ほんの、5cmほど。こどもなのか?おとななのか?

腐葉土の中に迷路のような穴。まるでモグラみたいだ…と、それでも腐葉土を掘りだしていたら(だって,花壇に使うんですもの)、ふいにころりと腐葉土の中からこんなものが転がりでてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ころころりん,と転がって。なんだかポヨンポヨンしている。これって…巣、ですかねえ。
一応中にはもうなにもいなかった。入り口もはっきりしない,藁のボール。案外崩れない。

な〜んか、ねずみがアリエッティに見えてきた。実は小人じゃなくってねずみだったんじゃないか。
きっと、上にシートがかかってたから雨も来なくて居心地よかったんでしょうねえ。ここ,猫もいるのに,見つかりもせず。

かわいいなあ〜。ペットにしたいなあ〜,なんて思ったけど,野生のは病原菌とか衛生的にまずいらしい。それよりなにより、「殖える」!!! い、いかん。それはいかん。あ〜、見なかったことにしよう。小人は人間に気づかれちゃあいかんのよ。うんうん。

0
タグ:   園芸

2010/11/25

球根三昧。  栽培

球根をたくさん買いこんで。春の鉢植えの準備をしました。
まあ,チューリップはバラで買ったし開花時期はそろわないでしょうが。たのしみ〜。

<プラ鉢1> φ27cm h 27cm
●姫小菊 バイオレット (Brachyscome angustifolia Brasco Violet)1株
●ムスカリ アズレウム (Muscari azureum)10球
●チューリップ 黄 (Tulipa spp.)10球
●オリエンタルハイブリッドリリー‘アスカ’(Lilium Oriental Group ‘Asuka’)2球
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

<プラ鉢2> φ27cm h 20cm
●姫小菊 サンドピンク (Brachyscome Pacific Island)1株
●ムスカリ ボトリオイデス‘アルバ’(Muscari botryoides ‘album’)15球
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

●スイセン バルボコディウム モノフィラス(Narcissus cantabricus var. monophyllus)3球
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

●チューリップ 特大球 ピンク白 & 桃 (Tulipa spp.) 10球

<プラ鉢3> φ27cm h 20cm
●姫小菊 サン(Brachyscome Pacific Sun)
●早咲きクロッカス ‘クリームビューティー’(Crocus chrysanthus ‘Cream Beauty’)
●チューリップ 赤(Tulipa spp.) 10球

<プラ鉢4> φ20cm h 20cm
●昨年の不明球根数種
●バタフライ咲き水仙 カムラーデ(Narcissus jonquilla L. cv. CumLaude)

<プラ鉢5> φ30cm h30cm
既存の寄せ植えを手直し。
●メラレウカ ‘レボリューション ゴールド’(Melaleuca bracteata ‘Revolution Gold’)
昨年この鉢に植えてからコガネムシにやられたのか息も絶え絶えだったのが,この秋になって息を吹き返してきました。なので、このままうごかさず。
●スノードラゴン(Ophiopogon malayanus cv.)
これはリュウノヒゲなんですね。花は白くて水晶蘭とも呼ばれます。
よく似たのにヤブラン(Liriope muscari)の斑入りがありますが,ヤブランの方がちょっと葉が大きくてよくフラワーアレンジに使われる。花の色は紫。もう1種類似ているのが斑入りカンスゲ(Carex oshimensis‘Evergold’)。これは薄のように葉っぱの端が鋭い。
●モクビャッコウ(Crossostephium artemisoides)
●ツルマサキ(Euonymus fortunei)
以上は植えてあったまま。生育のわるいツルマサキだけはめてあったビニポットを外して位置を移動。
終わった日本朝顔‘さやか’を種を取りつつ撤去。そのあとに
●ゼラニウム キャンディーシリーズ 栄養系 (Pelargonium hortorum Candy) 赤
を植え込みました。よし。すっかりクリスマスカラーだ。玄関に置いとこっと。

さああて。のこったオトギリソウとベゴニアをどこに植えるかな〜。
あと、四季咲きモクセイの鉢の根締めになにかほしいよな〜。日暮れがはやくて時間が足りないね〜。
0
タグ: 植物 栽培 園芸

2010/11/21

球根のかたち  栽培

先日植えた,エリスロニウム‘ホワイトビューティー’の球根です。
クリックすると元のサイズで表示します
なんだか,ちまきを延ばしてひん曲げたようなおもしろいかたちですね。

クリックすると元のサイズで表示します
根っこもお尻の先っちょではなく,片側のおなかのところからでています。
こんな左右非対称なかたちをしているのは,子球が親球の脇からしがみつくようにでてくるからでしょうかね。

うまくそだってくださいよ〜。
0
タグ: 植物 栽培 園芸

2010/11/20

遅い種まき。  栽培

もう,11月も終わりだけれど。

遅ればせながら,播いてしまいました。
●アストランチャ マキシマ(Astrantia maxima) Life with Green
●エキナセア パープレア ダブルデッカー(Echinacea purpurea ‘Double Decker’) Life with Green
●セルバティコ (Diplotaxis muralis)

セルバティコは採り播き。未熟な種も混じっているので(というか,きちんと熟した種はとっくにはじけとんでなくなっている)、どれくらいの率ででてくるか…。野生種だから雑草のようにしっかりでてきたりして???

アストランチャはギリギリ種まき期間内。でも、今年はもう随分寒いから,発芽したとしてもあまり育たないだろうなあ。エキナセアは…2度目のトライですが,また時期を外してしまった。かなりダメモト。どちらも数粒しかないのよ。一応,どちらも冷蔵庫で2ヶ月ほど置いといたのですが。

ちなみに,以前播いた種はムスクマロウが3つほど発芽。早く鉢あげないと。
●アキレギア ブルガリス タワーシリーズ ライトブルー は無事発芽,鉢上げ済み。順調です。

●ロサ キネンシス エンジェルウィングス
●アルメリア シューダメリア ジョイスティック フォーミュラミックス
は反応なし。忘れた頃に…でてこないだろ〜な。 以上3つはLife with Green。

いつ播いたんだったか,採り播きしたリナム ブルードレスも順調に育っています。今回は2〜3粒ずつ2.5号ポットに植えたらボリューム的にいい感じ。

☆今日のちび庭気温:8〜15℃ 過ごしやすかったですね。野菜コンテナの土を入れ替えました。ついでにダンボールコンポストも。古い土はダンボールコンポストへ。出来てた肥料は後で少しずつ野菜コンテナへ。いい循環だね〜。(^_^)
0
タグ: 植物 栽培 園芸

2010/11/13

おかいもの♬  栽培

ホムセンでついつい買ってしまいました。

姫小菊 バイオレット(Brachycomeangustifolia BrascoTM Violet)
姫小菊 サンドピンク(B. Pacific Island)
姫小菊 サン(B. Paific Sun) 以上 ハルディン
八重咲ベゴニアセンパフローレンス フェスティバル グリーンリーフ ローズピコティ (Begoina cucullata)
カラード・シュラブ・コレクション miyabi ゴールドフォーム(Hypericum calycinum)  以上 第一園芸
おう,原産はブルガリア〜トルコでしたか。
ゼラニウム キャンディーシリーズ 栄養系 (Pelargonium hortorum Candy) J&Hジャパン

どれも登録品種ないしは登録準備中品種。高価苗でございます〜。
あ、ベゴニアちゃんだけは,季節も終わり100円の特価でしたため。てゆーか,最初これだけ買うつもりだったのよ。でも,冬が近づいてくると,明るい色がほしくなるのよね〜。

ゼラニウムは,「ゼラニウムレッド」といわれる赤色がほしくて、値下げ苗コーナーにある切り戻されたやつをず〜っと狙っていたのですが,いつまでも花がつかず色が分からなくって,とうとう待ちきれず高いやつに手を出してしまった,と。

うちの寄せ植えも冬仕様にしないとね〜。あ,チューリップの球根植えてない。ユリも植えないと。

先日エリスロニウム(かたくり)の‘ホワイトビューティー’を取り寄せて鉢に植え込みました。
検索で Erythronium californicum‘White Beauty’とE. Revolutum'White Beauty'と2つ学名が見つかりましたが,どちらでもOKなのかしら? 昨年植えた‘パゴダ’は、春先に葉っぱだけ見ましたが先程掘り上げたら跡形もなく消えておりました。ちょっと日陰過ぎたかな…。

こちらは、今朝とったセルバティコの種。パスタに入れるとおいしいんですよね〜。来年はたくさん作れそうだ♡
クリックすると元のサイズで表示します

そうか。セルバティコって、 Eruca Sylvaticaの種小名だけを読んでいたのですね。これは「野生の」っていう意味だから,ルッコラだけじゃなくて他の植物の野生種も全部セルバティコになっちゃう。本当はちゃんと「ルッコラ セルバティコ(野生のルッコラ)」というべきなんですね。

Wikipediaを見ていると,ルッコラの分類もなんだかややこしい。セルバティコの学名としてはDiplotaxis muralisが正しいのでしょうか。異国の野菜はよくわからないね。でも、他のサイトではロボウガラシ(路傍枯らし)の名があるとおり、大繁殖するとか…。ほんと???まあ,こんな細かい種が飛ぶんじゃね〜(^^;)

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは,先日のシクラメン ヘデリフォリウムです。葉っぱがでてきました!
ポチッと、丸い葉っぱがひとつ。双葉じゃあないんですねえ〜。サクラソウ科ってイメージがあまりないんだけど,新しいAPG植物分類体系で分類されたヤブコウジ科の方はこんな芽だしをするのでしょうか…。
0
タグ: 植物 栽培 園芸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ