写真はどれもクリックすると拡大できます。

2011/10/18

草原ノスタルジー。  まちあるき

ここは千葉のいちばん北、N田市。千葉県のマスコット、チーバくんの鼻先に当たるところ。

市が貴重な里山の生態系を保護するため、ビオトープ化を進めている地区。お仕事でたま〜におじゃましているのですが、水田型市民農園も開設しているというので、今回知人とともにあらためてじっくり見学させていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
お〜お。ずいぶん、「らしく」なりました。
まだ開設前の整備しはじめの頃、投げ込まれた空き缶やゴミを拾い集めたこともあったのですが。なかなかよい感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
この田んぼは、冬にも水を溜めて、コウノトリを呼んでそのえさ場にするのだそうです。
畦は生態系を守る為にむき出しにしているので、風が水を吹き寄せて土がえぐれないよう、普通より厚めにしてあるとか。

クリックすると元のサイズで表示します
いなごがいっぱい!誰だか、おいしそう、って言ってる人がいますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなクリークもなかなか見なくなりましたよね。
あの対岸の木にハンモックを提げたいねって、同僚も申しておりました。

クリックすると元のサイズで表示します
みんな、ゆったりゆらゆら。
こんな暖かい日に土の道を歩いていると、遥か昔、遠いパラグアイの大草原に続いているような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
小川には、ちょろちょろと、小さな魚やカエルの影。

クリックすると元のサイズで表示します
クヌギの木にクルミの木。秋の匂いだね〜。さっき、カワセミを見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
小さい時は、こんなところを夕方までほっつき歩いて遊んだよね。
あの鉄塔の上に、オオタカやらサシバなんかも来るそうですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
うさぎ狩りとか、探検とか。田んぼに腰まではまったり。

クリックすると元のサイズで表示します
これは、水路から田んぼへと産卵しにくる魚を通す為の魚道。時おり、魚がちらちら。鳥も狙って食べにくるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
うわ〜っ、なつかし〜い。オナモミだ〜!こんなの見たの、すっごいひさしぶり。
と、すぐにくっつけ合う。これ、おみやげ?

クリックすると元のサイズで表示します
すっかり童心に帰ってしまいました。夏には、蛍がいっぱい出るそうですよ!

☆今日のちび庭気温:14〜20℃ きょうは肌寒かったですね。それでも再び花を開いたパンドレア。いい子だね〜。そろそろ服も入れ替えないと。(^^;)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ