写真はどれもクリックすると拡大できます。

2011/11/29

秋の日  ガーデン

そろそろ紅葉のシーズンですね。

先日、東京大学演習林が田無にあるというので行ってきました。
住宅街の中に、突然緑豊かな林が。
クリックすると元のサイズで表示します
お天気もよくて、色づいた葉っぱがまぶしいです。

山の匂いに包まれて、ずんずん歩いてゆくと。
クリックすると元のサイズで表示します
あ、メタセコイアだ!

クリックすると元のサイズで表示します
こんなに高い木なのに、葉っぱがかわい〜い。
さわるとふわふわです。これも、もうちょっとしたら落葉しますね。

クリックすると元のサイズで表示します
歩いていると清々しいです。奥には枝垂モミジの大木。大きいとこうなるのか〜、と感心。ウチの青枝垂もこんな風になるといいな〜。

さて。次は、電車を乗り換えて国分寺の殿が谷戸庭園へ。
クリックすると元のサイズで表示します
まだモミジは青いところが多かったですが、澄んだ池の水に紅葉が映り込んで、とてもきれいでした。
池の水がきれいって、重要ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
やわらかな秋の日差しに包まれて、人々ものんびり。
ここのお庭は、やはりこの高低差がいいですね。
お庭を眺めるみんなもとてもいい笑顔。

クリックすると元のサイズで表示します
崖の上の紅葉亭から下の次郎弁天池へと、崖の途中には複雑な流れが組まれています。
その流れを渡って行き来するのが楽しい〜。

クリックすると元のサイズで表示します
水音が心地いいですね。滝の流れが美しく、岩の間に顔を出すいろんな植物が、またかわいらしい。

ここをつくったひと、楽しかっただろうな〜。

クリックすると元のサイズで表示します
赤い実も大きなトキワサンザシ。こんな仕立てもかわいらしいですね。

あ〜たのしかった。これからが紅葉の本番ですね。次はどこに行こうかな?

☆今日のちび庭気温:8〜12℃ 雨予報だったけど晴れましたね。気になってたクリスマスローズ‘ルーセホワイト’の株分けをしました。ちょっと遅いけど、なんだか勢いが今ひとつだったので。案の定、かなりの根詰まり。しっかり育ってくれますように!(^_^)
0
タグ:   まちあるき

2011/11/23

収穫収穫。  栽培

今日のデカ畑。
クリックすると元のサイズで表示します
紫色のカリフラワーが! ちゃんとネットをかけておいたおかげで、美しく育っています。
あと、オレンジのカリフラワーとブロッコリーができるはず。

クリックすると元のサイズで表示します
ついに最後のナスを抜きました。やっぱり、ネコブセンチュウでてるね〜。
もともと造成したばかりの赤土だから、まだまだ土ができてないってことですね。来年はマリーゴールド植えるだな。

本日も、ダンボールコンポストでできた堆肥と、小さくカットして乾かしたミカンの皮と、細かくつぶした卵の殻を振りまいてきました。ほんとは大胆に牛糞を入れたいところだけど、ウチは超節約農法なので植えるところに最小限にやるだけ。

クリックすると元のサイズで表示します
里芋はぜんぜん育ちませんでした〜。これはもっと肥料をやるべきだったんだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します
ネットの中のミニキャベツも球ができてきました〜!メキャベツはまだまだ。アオムシからは守られてるんだけど、アブラムシは付きだしている。ネットを取って、テントウ虫さんに沢山来ていただきたいところだけど、そうするとアオムシだらけになるのよね〜。

ネットをかけていない野菜にアブラムシが少ないのは、ミカンの皮のおかげか雨のせいか天敵のせいか?今のところ定かではありません。まあ、ミカンの皮は、ゴミに出すよりは肥料になっていいかな、程度。ネギのさび病には効くらしいんですけどねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
ワサビ菜のうえに、オンブバッタが3匹。あ〜。ここら辺の穴は、アンタ達が食べてるのね〜。
お父さんお母さんと子供かと思いきや、大きいのがメス、背中に乗ってる小さいのがオスです。これって三角関係?
葉っぱを収穫するのにかなり揺すったのですが、ちっとも退きません。

さて。先日ちび庭で採ったサフランのめしべで、せっかくなのでパエーリャをつくってみました。
スペインにいる妹からもらったパエーリャ鍋を取り出してみると…縁がちょっと錆びてる。しかも、初めて使う時には錆び止めを取る為に一度鍋を焼かないといけないらしい。あちゃ〜。

庭主が材料を準備する間に、つれがせっせと鍋を空焼き&みがいてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
おそろしく久々につくってみましたが。すみません。ムール貝をウツクシク並べたつもりが、炊いているうちにすっかりお米に埋もれました。盛りつけもデザインのうち、という恩師のお言葉もありましたね…。

日本のお米なので今ひとつぱらり感はない。おこげもレンジの火が当たるところだけ本焦げに…。
でも、味はまずまずだと思うな。サフランも新鮮だし、収穫したピーマンはこれが最後。レモンが合います。

クリックすると元のサイズで表示します
トルティーリャも。こちらはオーソドックスにジャガイモで。ホームステイ先のお母さんが毎日つくってくれましたね〜。
んで、買ってきたパックの生ハムも、さっき収穫したワサビ菜でくるんで食べました。
まあまあスペインちっくディナーになりました。

ん〜。おいしい生ハムが食べた〜いっ!スペインで食べたのは、もっとうまみがあって、ほんとにいくらでも食べたいと思ったのに、日本で食べるといつもただ塩辛いだけなんだよな〜。ほんとにおいしい生ハムは日本では手に入らないらしい。カリッカリお焦げのパエーリャもたべた〜いっ。
やっぱり、その国その場所で、一番おいしいものができるのね。

最近はお家で採れた野菜でいろいろおいしくお料理できて、うれしいです〜。土があるって、幸せね。

☆今日のちび庭気温:6〜12℃ 日は短くなったけど、2日ほど干すと、ミカンの皮もショウガのみじん切りもカラカラ。いい感じです〜。(^_^)

0
タグ: 植物 栽培 園芸

2011/11/10

ゲイジュツの秋 in ちび庭  栽培

気温が下がってきましたね。

先日鉢上げした、種から生えた木の苗達。
サクラ、ロウバイ、ナンテン、バラ、コナラ。
右上の斑入りは、ホームセンターで売れ残ってお安くなっていたピラカンサ。かわいいぢゃないか、と入手。
クリックすると元のサイズで表示します
乾燥防止もかねて、なんとなく、苔を張ってみました。

器は、いいものならなお良いのですが、今回は家にあったプラ鉢や、割れてしまったお気に入りの器をリサイクル。
そう。割れてしまった器をいつか植木鉢にしようと思い、ず〜っとためてあったのですが。
ようやく決心して!器の穴開け用品をそろえました。

電動ドリル コード付き 2500円
ドリル刃 ガラス・陶器穴開け用4本セット 2400円(本体と値段が変わらない…ダイヤモンドの刃は高いね…)

さっそくガラス瓶に穴を開けてみよう!
これだけお金をかけて、穴が開かなかったら泣いちゃうな、と思いながら、ホムセンのおじさんの言葉通りに刃先に水をかけながら、一番最低速度でじっくり刃を当てる。

お、かかるねえ。削ってる削ってる。前の980円の安物ドリルじゃ引っかかりもしなかったけれど。
じわじわとがんばること30分ほど。おお〜。開いた〜。やったやった。これで植木鉢になった。

それからは手際が良くなり、10分ほどでガラスやら陶器のコップやらが植木鉢になりました。
割れた器も、接着剤で復元してから。10個ほど開けたら、さすがに手が痛くなりましたが。

さて。こちらは、トウネズミモチ。これもいくらでも生えてきちゃうのよね〜、と思いながら、なんとな〜く大きさ的にこちらのリサイクル器に。
クリックすると元のサイズで表示します
たまたま片付けをしていて出てきた昔の砂利の見本と、同じく昔仕事先の人にもらったベトナム土産の額をばらして取り出したフィギュア。ちょうどいい!というので、つれが飾り付けてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
いいかんじ〜。もっとフィギュアあったらいいのにな。
器の割れ目がこちらを向いているのはご愛嬌。

クリックすると元のサイズで表示します
外の鉢には、さらに採り播きした種が。モモ、エゴの木、シロヤマブキ、サルスベリ…。
お、ツバキが発芽しそうです。どんな花が咲くのかな?

クリックすると元のサイズで表示します
そういえば、この子は種を見たことがないな。そのうち挿し木してみよう。

クリックすると元のサイズで表示します
今年もちび庭の片隅でサフラン咲きました。めしべが本当にお花のいい香り。さっそく収穫しました。

☆今日のちび庭気温:10〜15℃ 今日は、クリスマスデコレーションのお仕事でした。たのしかった〜。ひたすら太いワイヤーを切って、ただいま腕が筋肉痛。(^^;)
0
タグ: 植物 栽培 園芸

2011/11/6

エンドウの植え付け  ガーデン

ちょっと早い気もしますが。
デカ畑にさやえんどう&グリーンピースの苗を植えました。
この苗は、5×5のセルトレーに種(豆)を2粒ずつ植えて発芽させたもの。
クリックすると元のサイズで表示します
株間はかなり適当。あ〜、先に植え穴に水を注いでおくんだったね。まあ、雨が降るからいいや。

クリックすると元のサイズで表示します
こぼれ種のダールベルグデイジー(Thymophylla tenuiloba)が、ますますきれいに咲いています。ほんと、かわいいです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはチャイブ。可憐な花ですね。ひとつかじってみたら、しっかりネギの味がしました。
この花も、お料理に使えるそうですよ。
ちなみに、隣に咲いてるルッコラセルバティコの花をかじってみたら、甘くて花のよい香りがしました。胡麻の香りの葉っぱからは想像ができない…。ので、ちょっとおひたしに入れてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは…ガーリックチャイブ…だったかな?もうずいぶん前に白い花が咲いて、今は黒い種ができています。

クリックすると元のサイズで表示します
控えめですが、ラベンダーが咲いてます。秋にも咲くんですねえ。気温で咲くんでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
サルビアレウカンサも、台風からここまで復活。花数は少ないけど、畑が明るくなりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、畑からの帰り道。かわいいガーデンでしょ?

いえいえ、緑の生け垣からこちらはただの川の土手の草むら。
夏場の草刈りのおかげで、グラスとセイタカアワダチソウがかわいい丈に育っています。

そのむこうのキミガヨラン(Yucca gloriosa)も、春先に根元からカットされたにもかかわらず、花が咲くまでに育っている!!!伐採された時は残念におもったけど、そんなに生命力あったんだ〜。

夏はここがきれいさっぱり草刈りされて裸地だったなんて、思えないでしょ!これぞ「メドゥ・ガーデン」よね。

この川の土手には、ヨシやらススキやらその他諸々、いろんなグラス類が群生してそれぞれに美しい穂を見せてくれるのが楽しいです。草刈りする人は大変だけどね〜。

☆今日のちび庭気温:13〜20℃ 今日は雨でしたね。鉢上げした実生苗に苔を張ってみました。グレードアップかな。(^^;)




0
タグ:   栽培

2011/11/4

元気になってね。  栽培

うちの鬱金桜ちゃん。2006年5月に京都のちび庭に来てから、かれこれ5年半。
2008年の11月に8号鉢から10号鉢へ植え替えたのでしたが。

今年は夏の暑さが効いたのか、8月頃から葉っぱがすっかり弱ってしまった。
そろそろ根詰まりか、それとも。鉢からはみ出した根っこに気になるコブが。

去年、根っこが鉢から脱走していたので、ぷっつり切ったのよね〜。とくに癒合剤も塗らなかったからな〜。やっちゃったか?

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず、鉢から抜いてみる。…おもったより、根っこが張ってない。もっとカンカンかと思ったんだけど。

クリックすると元のサイズで表示します
細根が少ないな〜。したの白い四角いのは、鉢底石のかわりにいれた、発泡スチロールのかけら。
土もそれほどひどくなさそう。ミミズがいっぱい出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します
土をほどくと大きなコブが。あ〜。やっぱりコントウガンシュ病がでている。根系もずいぶん小さい。
とりあえず、清潔なハサミで、コブよりかなり上を切って癒合剤を塗る。
土は全部落として新しい清潔な土に入れ替え。復活してくれるといいけど。

あとで調べてみると、コントウガンシュの菌は案外強力らしい。宿主がいなくても3年くらい土の中で生き続け、51℃でようやく死滅するのだとか。殺菌剤に浸すのもアリだが、切り口を火であぶっておくと再発がほとんどなかったとの情報も。しまった、先に調べとくんだった。

まあ、様子を見るですね〜。
確かに鉢からはみ出た根っこを切りっぱなしにしたのが大きかったと思うんだけど、さらに、そのすぐ隣に置いた小町バラちゃんが、もともとガンシュ病を持ってたのよね〜。
それでも小町バラもかれこれ8年ほど、弱ることなくぜんぜん平気でいるので、まったく問題視してなかったんだけど。

いかんです。他のバラにうつしちゃ。近づけないようにしよおっと。

さて、問題です。この鬱金桜ちゃんの鉢の隣に、なんと実生の桜が、鬱金ちゃんと同じぐらいの高さに育ってきている(さすが地植えは早いね…)。見つけた時はまだ膝丈で、落葉したら根回し→そのうち鉢上げと思っていたのだけれど。

ここで根回し(移植前の準備に、根を切って細根を増やしておくこと)をすると…いままで鬱金鉢から垂れ流されたガンシュ菌が早速取り付くのではないか…。どうしたものか。

しかたがない。根回しは省略して、ダイレクト鉢上げ&消毒しかないね(だれだ、植えっ放しがいいってごねるやつは。借り庭なんだから…)。冷えるのヤだから寒くならないうちにやりたいけどこっちは葉がまだ青々。にゃ〜。こまっちゃうわねえ〜。
0
タグ: 植物 栽培 園芸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ