写真はどれもクリックすると拡大できます。

2012/6/23

北海公園 そして昔に思いを馳せる  北京旅行

久々に、北京の写真が見たくなりました。で、引っ張りだして北海公園おさんぽ続き。

クリックすると元のサイズで表示します
この橋。小石川後楽園の橋を思い出します。ちいさくてかわいい。

クリックすると元のサイズで表示します
公園の北西から北東へと、湖岸を歩いて。いいね〜。柳。

クリックすると元のサイズで表示します
軽やかな風の中で踊る人たち。四阿(あずまや)もこうやって、ちゃんと使われてるのがいいよね。

クリックすると元のサイズで表示します
昔誰かの館だったところも、こもれびの下で子どもが遊んだり、ずーっとおしゃべりしてる人たちがいたり。
素敵な空間です。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと脇道にそれると、思いがけず洋風なボーダーが。どんな人が住んでいたのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
公園のあちこちにいる猫さん。この方はなんだか迫力があります。

クリックすると元のサイズで表示します
うつくしい九龍壁(くーろんへき)。反対側も、写真を撮る人でいっぱい。
かなり下がらないと、全体が入らないのよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
カラフルな建物が多い中、こちらのお寺はシック。でも、お札はやっぱりカラフル。

クリックすると元のサイズで表示します
壁を波打たせるって発想、ないよね〜。広いからできる技。うつくしーです〜。

クリックすると元のサイズで表示します
なんだか、わくわくさせる入り口。のぞいてみたくなるでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、『静心斎』。清朝最後の皇帝溥儀が「我が半生」を書いた場所というのを、見てみたかったんですよね〜。
↓こちらに素敵な写真で詳しく書いている方がいるのでどうぞ。
http://urspolar.exblog.jp/12980310/

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり広いので、感動の風景をうまく写真に納められません。

クリックすると元のサイズで表示します
この石使い。植栽の大胆さ。迫力です。

クリックすると元のサイズで表示します
いや〜、朝からよく歩いたね。時間は午後4時。さあ、そろそろ帰ろう。

〜この日の夕飯は、北海公園のさらに北側へ。前海と後海の夜景も素敵でしたよ〜。胡同(ふーとん)と呼ばれる古い路地の屋台風レストランでお食事でした。北京、また行きたいね〜!
0
タグ: 中国  まちあるき

2012/6/21

わいるどだぜ〜。  まちあるき

わ〜い。六本木でお食事〜!つれにANAホテルでおいしいランチブッフェをごちそうしてもらって大満足。
http://blog.qlep.com/blog.php/quinland/

せっかく来たので、六本木のガーデンを廻って帰ることにしました。

まずは、アークヒルズの屋上ガーデンのひとつ、フォーシーズンズガーデン。
和物の植物が使ってあって、お気に入りの場所です。
クリックすると元のサイズで表示します

大体の植物は見分けがつくのですが、はて、これは。
クリックすると元のサイズで表示します
う〜む、見たことないかわいい葉っぱ。見たことない実のつき方、なんだか色がシュウカイドウの蕾みたいだな。

調べてみますと。おお、これが「オトコヨウゾメ(Viburnum phlebotrichum)」か〜。へえ〜、これもビバーナムなんだ。花がかわいいとは聞いていたけれど。ナルホドね〜。

次は、個人的にデザインがお気に入りの、泉ガーデン。里山風の感じがいいのよね〜、と。
クリックすると元のサイズで表示します
…う、暗い。暗くなってる。植栽、育ちましたねえ〜。そろそろ10年経つもんね〜。
しかし、空が曇ってるせいか、重いぞ…。背景の木も茂りすぎて、狭く感じる…。

ちょっと神谷町の方へ下がって、城山ガーデン。昔よくこの辺を歩きましたが、すっかり変わりましたねえ。
クリックすると元のサイズで表示します
でも、こんな大きなイチョウの木があったなんて知らなかった〜。

そのままスウェーデン大使館の横を通過。
クリックすると元のサイズで表示します
ここはうつくしいですね〜。いい感じ。

さて、次は、ミッドタウンの「桧町公園」。
クリックすると元のサイズで表示します
お〜お。ここも、茂ったね〜。どこかの山の中のよう。この木の向こうにミッドタウンがそびえ立ってるなんて、思えないでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します
アジサイとビヨウヤナギがきれい〜。うきうき。でも、ちょっと茂りすぎでないか。
まあ、都会の人には、すぐそばに「山」があるのはうれしいことかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します
石がだいぶ見えなくなったね。手前の木を枝抜きしたら、涼しげになるんだけど〜。ちょっと薮化している?

クリックすると元のサイズで表示します
すっかり自然に帰っていますね。子どもたちも楽しそう。そういう意味では、貴重な場所なんですね。

そして、最後は六本木ヒルズの毛利庭園へ。
クリックすると元のサイズで表示します
う、森になってる。園路が見えない。

クリックすると元のサイズで表示します
山育ちの私には、これはこれで、わるくないけど、奥の滝の景もすっかりモミジに埋もれて見えない。
やっぱり、枝を透かした方が、もっとあかるく遠近感が出るよね〜。

都会の庭は、あえて自然樹形のローメンテナンスにしてあるのかもしれないけれど、せっかくの緑が「薄暗くて近寄りがたい緑」になってしまうのは残念。

木の間隔が広ければ、もっと成長して枝も広がって自然に形が整うけれど、隣の木と近いと枝がぶつかってどうしても形が崩れちゃう。

まあ、京都の人は、切りすぎるんですけどね。この間剪定したばかりでも「うっとうしい。チャチャッと切っといて。とにかくハサミが入ってるのがええねん。」って、あんまり切りすぎると弱りますよ〜、と加減するのですが。
ただでさえ夏むし暑い盆地で、暑苦しい緑は好かん、ということのようで。

逆に、ヒートアイランドの東京には、この「山を持ってきた」と言わんばかりのパンチある緑でもいいのかもしれませんね。

おおらかに枝を揺らす大木がある場所が、もっといっぱい増えるといいな〜と思います。

さて、この日手に入れた種を、さっそく宝鉢へ。
ライチ/オトコヨウゾメ/ヤマブキ/ヒョウタンボク
え、もちろん、ライチはランチのフルーツをいただき。あとは、落ちていたのをいただいたのですよ〜。歩く時は、よ〜く足下を見るべし、ってね〜。発芽するかどうか、楽しみです〜。

☆今日のちび庭気温:19〜22℃ 少しずつ蒸し暑さが出てきましたね。床を磨くだけで、もうあせびっしょり…。(^^;)
0
タグ: 植物  まちあるき

2012/6/15

たねがいっぱい  栽培

お天気のよかった先日。おじゃましたお庭で、ピカピカ光るかわいい実を見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します
ユスラウメですか〜。実って、こんなかわいいんですね〜!
落ちていた実をいただいて。もちろん、種をまくのです〜。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも、落ちていたサルスベリの実から取り出した種。
あんまりじっくり観察したことなかったけど、モミジのように翼がついていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
これは、ちび庭で咲いたアキレギア ブルガリス タワーシリーズ ライトブルー↓の種。
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/238.html

ひとつの花からずいぶんたくさんきれいな種が採れてびっくり。
多年草だけど突然枯れることもあるらしいので、種まきして増やさなくっちゃと思ってたけど、こんなにたくさんはいらないなあ…。だって、一株が結構大きいんですもの〜。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは同じく、アキレギア ブルガリス クレメンタインシリーズ サーモンローズの種。
莢がまっすぐなタワーシリーズとちがって、なんだかひねくれています。
中の種もいいのは半分程度でした。ちょっと採るのが早かったかな。

さっそく採り播きしよう。うまくいけば、これが咲くのは2年後ですね。

そして。スーパーでつい、おいしそうなアメリカンチェリーを見つけて買ってしまい。おいし〜い。
普通の桜に比べると、種がおっきいのね〜。

ええ、もちろん播きましたよ。だって、播いてくれっていわんばかりの立派な種なんですもの。
ちゃんと分かりやすいように、いつもの鬱金桜の鉢ではなく、もうひとつの実生桜の鉢の隅っこに。
どんだけ桜増やすんだか…。

おかげで、最近盆栽の本を読み込んでおります。↓すっごく分かりやすくておすすめの本。
時崎厚(監修)「写真でわかる盆栽づくり」西東社 2010年 

でも、盆栽テクって、すごいのね〜。針金でねじ曲げるだけじゃないんだわ。もう、切った張ったの世界…。
びっくりしたのは、このテク。

盆栽の背が伸びすぎたら、なんと取木の要領で幹の途中から根をださせ、その下で幹をスッパリ横にまっぷたつ。んで、上の部分を新しく植え込み低く仕立て、下の切り株は切り株で芽吹かせて育てるという…。

いやいや〜。そこまでする気はないけれど。できるだけ自然に育てようかと…。

ほかにも、いろいろと目から鱗なテクが。まあ、確かに、自分で作ってみたクロマツの盆栽がいつまでたってもひょろひょろで、なんでだろうと思っていたら、なんと新芽を一度全部取っちゃうのね!そして2度目に生えてくる小さな葉を愛でると…。

そもそも、松が芽を全部摘んでもすぐ新芽が出ることすらしらなかった〜!てか、タブーだと思ってた。だって、芽を落としたら2度と出てこないから気をつけろって口酸っぱくいわれてましたもの。まあ、盆栽は庭師が腕を磨くためのものでもあるとはいえ、やはり形を小さくとどめるには庭の手入れとはまた違った技術が要りますからねえ。

いやいや。人から得た知識を鵜呑みにしちゃいかんのう。さっそく新芽とって実験中です。たのしみ〜。
しっかし、苗木を置くとこが足りないわ〜。ははは…。

☆今日のちび庭気温:17〜24℃ 明日からいよいよ雨続き。一通り切り戻しもしたし、雨で新芽が育ちますように〜。(^_^)
0
タグ: 植物 栽培 園芸

2012/6/8

バラの中で過ごす休日  ガーデン

もう5月の末のことでしたが、毎年恒例、生田緑地ばら園に行ってきました。

まだ暑さも爽やかで、バラがまさに満開。肥料を変えましたか?と思うほど、いつもより見事でした。あちらこちらからバラが香り、人も多かったですが、買ったお弁当を広げて食べて、とてもいい気持ちでした。

とてもたくさんあるバラの中から、今回特に気に入ったものを。

‘ブラン ピエール ド ロンサール’
クリックすると元のサイズで表示します
ピエール ド ロンサールの白。枝代わりですかね。噂には聞いていましたが、予想以上に上品ですてきです〜。
ウェディングドレスみたい。

‘パレード’
クリックすると元のサイズで表示します
ばら園に入っていちばんに目を惹いたのが、これ。紅のちょっと手前の濃いピンクで、花びらの裏側のほの白さがいいニュアンスをだしていました。

遠目に見て、一瞬グルス アン テプリッツかと思ったんですよね〜。どうも今回は花首のたおやかなバラにはまってしまったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
この色をローズピンクっていうのね〜。なるほど〜。

さて、数えきれない種類のバラを堪能した後、隣の新しいバラ苗の圃場もなにやら整備されたようなのでのぞきにいってみると。
クリックすると元のサイズで表示します
お〜。さすが、バラ園ともなると花殻の量もすごいね〜。花びらだけ集めて何か作れそう…。

その奥には、これまた好みのバラが…。

‘グルス アン テプリッツ’
クリックすると元のサイズで表示します
これこれ。宮沢賢治が愛したバラ。このバラ園で一番好きなバラは…と言われるといっぱいありすぎて分からないのですが、もしかしたらこれかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
か細い枝に、手のひらにころんと納まりそうなほど良いボリュームの花と、目がはなせなくなる深い色合い。
つい、見とれちゃうんですよね〜。

‘シャンプニーズ ピンク クラスター’
クリックすると元のサイズで表示します
おやおや。シャンプニーズさんではありませんか。こんなところでお会いできるとは。いや〜、お目にかかれて光栄です。

クリックすると元のサイズで表示します
以前、お客さんに頼まれてピエール ド ロンサールをお庭に入れるときに、それに合う小輪の薄ピンクのバラでいいのはないかと村田ばら園さんに伺ったら、これを薦めてくださったんです。

でも、咲いてるときにそのお庭に行ったことなくて、ず〜っと気になってたんですよね〜。いや〜、かわいいかわいい。よかったよかった。

‘オーガスティーヌ ギノワソー’
クリックすると元のサイズで表示します
あら。ギノワソーさんもこちらに。よかった〜、お会いできて。ボランティアさんにあげたバラなのよね〜。元気にしてるかしら。

クリックすると元のサイズで表示します
この繊細な花びら。ラ フランスの枝代わり。おじさんの照れた笑顔を思い出します。やっぱりかわいいわ。

そうか。そういえば、村田さんはここのバラ園に関わってらっしゃるんだった。あるはずよね〜。

‘ブルー ランブラー’
クリックすると元のサイズで表示します
最後に気になったのがこちら。どうもシャンプニーズさん以来、小輪のつるバラが気になるんですよね〜。
バラ屋敷にする気はないけど、いいなあ〜…。

いや〜、生田緑地ばら園、今年も充分堪能いたしました。よかったよかった。


さて、またまた興味深い記事を見つけました。
世界の不思議を集めたこのサイト、悪趣味な記事もあるけれど、たまにこういうのも出てくるからつい見ちゃうのよね〜。↓

都市を彩る緑、壁一面がジャングルとなる「垂直庭園」の世界
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52075486.html

ウチの会社でも壁面緑化をやっていますが、ここまで多様な植物を繊細なデザインでやるともう芸術ですね。
どうやってるんだろ〜、と思ったら、記事の最後の動画、他にメイキングバージョンもありました。

う〜ん、シンプル。すごく大きなハンギングバスケット、って感じかな。なるほどね〜。ウチはカセット式ですが、一口に壁面緑化と言っても、いろいろ手法があるものですね〜。メンテナンスがすごく気になる庭主でした。

☆今日のちび庭気温:18〜25℃ 雨降り前の片付け事がたくさん。ついに関東明日から梅雨入りか???(^^;)
0
タグ:   園芸

2012/6/4

6月のちび庭  栽培

ジャングルちび庭、ハナショウブが開花中です。一番いい季節。
クリックすると元のサイズで表示します
ハナショウブとアジサイがそろうとうれしくなりますね。株を増やすには、もうちょっと肥培した方がいいかな。

クリックすると元のサイズで表示します
アジサイの色も濃くなりました。鉢植えなのですぐ水切れするのですが、今年は居間の正面に置きました。ちょうど日陰にもなるし、部屋からの眺めがとってもいいです。(伸びたアスパラがたおれかかっています…)

クリックすると元のサイズで表示します
数日前のアジサイ。いつの間にか増えたヒメヒオウギアヤメがいい感じです。
モミジ‘青枝垂’がアジサイに押されまくっています。アジサイの花が終わったら主役交替ね。
鉢植えだと、場所が変えられていいです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、せまいちび庭で1mも育って場所を取っていたゼラニウム。思いっきりきり戻しついでに、いつぞやのほおずき市のカゴに一枝挿し木しておいたもの。
あら、高性かとあきらめていたけれど、背が低くても花が咲くんじゃないの。やっぱり根鉢でサイズが決まるのね。よしよし。

クリックすると元のサイズで表示します
バラ‘ユキコ’さんは、すっかりご機嫌で満開です。ユキコさんだけで生態系がひとつ出来上がっている。

アブラムシを中心に、アリ、テントウムシ、ハナグモ、ヒラタアブ、ヒラタアブヤドリヒメバチ、カゲロウ、ミツバチ、チュウレンジバチ、アシナガバチ、アブラムシの寄生バチ…。

クリックすると元のサイズで表示します
それでもご機嫌に咲いているあなたはえらい!
なので、手出しするのはあんまり大勢いらっしゃる時だけにしています…。

☆今日のちび庭気温:18〜24℃ デカ畑では、初キュウリがとれました〜!やったあやったあ。ここんとこ、スーパーで半値で手に入れた簡単ぬか漬けにはまっています。今年は畑のお野菜でおいしいお漬け物たくさん作って食べるよ〜ん。(^_^)
0
タグ: 植物 栽培 園芸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ