写真はどれもクリックすると拡大できます。

2015/8/3

寄せ植えメモ  栽培

昨日ちびが寝てる間に植え替えた寄せ植え。

http://orange.ap.teacup.com/jardin2/405.html

6月初めに夏用に作った寄せ植えは、梅雨明けまでいい感じで咲いてくれてたんですが、大分伸びきってしまったのと、この炎天続きでやられてしまったものもあって、思い切って植え替えることに。

鉢植えって、しっかり水をやったつもりでも、風が強いとあっという間に乾き上がってしまったり、やっと雨が来たかと思っても強い風で伸びた枝があおられて鉢が倒れ、せっかくの雨水も受け取れなかったり。ホント、朝夕のチェックが欠かせない。この季節、ちょっと1日まるまる外出するともうダメにしてしまう。

玄関の半日陰に置いた、インパチェンス&イソトマの鉢は、赤白のインパチェンスには環境が良かったのか、見事な咲きっぷりになっているのですが、イソトマは細々と生きています。この鉢は、もうちょっとこのまま。

さて、シュッコンバーベナの鉢とシロタエギクの鉢は崩して、使えそうなものを葉と根を整理して枝を切り戻して。

<8号浅鉢>
●シロタエギク(切り戻し)
●トレニア(蕾のみ。色不明)
●ガーデンシクラメン マレッタ オリジナル ジョルディカワムラ (球根に葉芽のみ。鉢の後ろ側に植えて養生。)
●イベリス(葉のみ。切り戻し)
●ヒペリカム みやび 第一園芸(切り戻し)
●ヘデラ ヘリックス シルバージョン 実園芸
●ノボタン ピンク 品種不明
●ヤエノコガクウツギ ‘花笠’? 

ノボタンは、昔気に入っていた大島ノボタンの花色に似ていたので、つい買ってしまったのです。ノボタンって、水切れ&低温でダメにしちゃうんだけど、欲しくなっちゃうんだよね〜。昔、亀戸の萩の寺で見たのがとってもきれいでした。

ヤエノコガクウツギは、これまた一目惚れ。花の時期は春ですが、ここで夏越しをさせようと。どちらも下総中山近くのこじんまりしたモールのマツキヨのガーデンコーナー(!)で入手。ここって、時々レアものがあるのよね〜。

ノボタンもヤエノコガクウツギも水切れに弱いので、まとめてしっかり管理です。

<6号深鉢>
●ビンカ (赤:切り戻し、濃桃:新苗)
●宿恨バーベナ (切り戻し)
●スノードラゴン
●パーセノシッサス シュガーバイン(Parthenocissus Sugarvine) J&Hジャパン (切り戻し)
●ロベリア‘ホット’ 青白 高松商事 (切り戻し)

気に入っていたビンカの赤が干上がってやられてしまった‥と思ったけど、案外と種がいっぱいできていてもう株としての役目を終えようとしていたようです。花が自然に落ちるから気がつかなかったのよね。残した枝でどこまで復活するか???新たな苗に選手交代。

ロベリアは、ドイツのウェストホフ社で育種された暑さに強い強健なシリーズの品種らしい。確かに、すっごい強い。かなり伸びたので、これも一旦切り戻して再活用。

用土は両方とも、時間がなかったので鉢を崩した土をふるって再利用。手近にあった有用菌の入った堆肥と有機肥料888と溶リン少々を入れてみました。

写真は後ほど〜。いやいや、畑も庭も、こう雨が降らないとほんと、水やりが大変ですね〜。都内は土砂降りでも、なぜか江戸川のこっち岸まではスコールは来ないのよ。(^^;)
0
タグ: 植物 栽培 園芸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ