写真はどれもクリックすると拡大できます。

2015/12/30

寄せ植え2  栽培

その後、母から「お世話になってるとこへのおつかいものにしたい」とのことで、またまた寄せ植えを。
長浜のホームセンター、アヤハディオに行ったら、おお、花材の種類があることあること。すばらしい。でも、お値段もすばらしい‥。

クリックすると元のサイズで表示します
・葉ボタン 花雪丸 花幸花
・葉ボタン OHGUCHI ENGEI
・ガーデンシクラメン TSUTSUI
・ネメシアメロウ ミルキーピンク ハルディン
・パンジー 黄
・プリムラマラコイデス ピンク
・カロケファルス シルバーブッシュ (Calocephalus Silverbush) :キク科 非常にコンパクトな這い性のプラチーナ
・スノードラゴン(Ophiopogon malayanus cv.)

クリックすると元のサイズで表示します
上から見た感じ。クリスマスの朝をイメージしてみました。
写真だと分かりにくいのですが、ピンクの葉ボタンにはラメが入っていて、それだけでとってもゴージャスに見えます。カロケファルスのシルバーとも良く合う。這い性のカロケファルス、気に入っちゃったなあ〜。


さて、最初に実家用に作った寄せ植えは。
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/422.html
2週間後。西日しか当たらない場所のせいか、パンジーが間延びしてる。ので、日を当てるために向きを変えました。
クリックすると元のサイズで表示します
パセリとセラスチウムの新しいが出てきたら,もうちょっと見栄えがするかな?

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも、まだボリュームのでないプリムラマラコイデスに日を当てて。
やっぱり、葉牡丹の根をいじったせいか、外葉が痛んじゃったのよね。くすん。
下のリースは、家の前のオリーブを剪定した枝を適当に丸めたもの。

クリックすると元のサイズで表示します
これは、余った苗を植えたもの。自宅用は、育つのを待てるのがいいところ。土が隠れるほどボリュームが出たら見栄えがするんじゃないかな。(その頃には千葉に戻ってるから見られないのが残念。)

クリックすると元のサイズで表示します
そういえばいつも思うんですが、やっぱりパンジーも赤やピンク系よりも白や黄色の方が花付きがいいのよね〜。
原種に近い方が強いってことなんでしょうね〜。品種改良のおかげで、赤やピンクでも沢山花がつくものも出てきたようではありますが。

寄せ植えって、いくらやってもなかなか難しいものですね。まだまだ生育速度が読み切れません。育てる環境と、天気と季節と、かけられる手間と、そのとき入手できる花材にもよりますし。まあ、分からないからこその楽しみもあるんですけれどもね。でもやっぱり、花材が豊富だと寄せ植え作るの嬉しくなっちゃう!(^^;) 
0
タグ: 植物 栽培 園芸

2015/12/25

寄せ植え  栽培

さて、実家の庭で寄せ植えを作っていたところ、おばが立ち寄って言いました。
「ウチと母屋と娘のとこにも作ってんか。いらん鉢持ってくるわ。」
大好きなおばの頼みですから、もちろんはりきっちゃいますよっ。

クリックすると元のサイズで表示します
・エリカ ホワイトデライト
・カロケファリス プラチーナ
・初雪かずら 大輝園
・葉ボタン 紅ハト
・葉ボタン つぐみ
・ガーデンシクラメン
・パンジー2株
・ビオラ2株
・スイートアリッサム

クリックすると元のサイズで表示します
・カルーナ 寄せ植え生活
・オカメナンテン 
・チゴザサ
・葉ボタン 紅ハト
・葉ボタン つぐみ
・F1ガーデンシクラメン 安曇野ゆうわ園
・パンジー 1株
・ビオラ 2株

クリックすると元のサイズで表示します
・カルーナ 寄せ植え生活
・オカメナンテン
・スプレー葉ボタン デュエット コメリプレミアムセレクト
・プリムラマラコイデス
・シロタエギク
・ビオラ2株
・スイートアリッサム

クリックすると元のサイズで表示します
・カルーナ 寄せ植え生活
・プリムラマラコイデス
・ヘリクリサム ホワイトシップ 寄せ植え生活
・葉ボタン 紅ハト
・葉ボタン つぐみ
・ガーデンシクラメン
・ビオラ2株
・スイートアリッサム
・グレコマバリエガータ

それぞれ中には水仙の球根が数個ずつ忍ばせてあります。
・たくさん植える水仙 5種ミックス コメリ

鉢を洗って、鉢底ネットがないので古い網戸の切れ端を使って。
いやいや、久しぶりにやると、いろいろ忘れますね。
植え込んでから鉢に前後があることに気がついたり。

持ってくお家はお寺さんなので、あんまりベタに洋風なのも合わないし、お正月も近いから「なるべくめでたい雰囲気が良い」、と言う母の意見も入れて、葉牡丹をベースに赤と白と黄色の寄せ植えになりました。

母のチェックが案外厳しく、「ここにもっと何か垂らした方が。」などと言うのですが、残念ながらそこまで花材がなく、寒い時期だからあまり極端に根鉢も崩せないのよね。パンジーやアリッサムが育ってくれば、縁も隠れると思いマス。ホームセンターで花を選ぶ時点で、「もうちょっと色がぱっちりした方が。」などなどのご意見は、さすが目利きの呉服屋サンでございました。

近所のホームセンターにはあまり高さの出せる素材がなかったこともあり、いつもの私の癖で、ちょっと中心の土を盛り気味にしています。本来の寄せ植えのやり方は、鉢の上から4センチほどウォータスペースを取るのですが、根っこの空気を確保するためにあまり土を固めたくないので棒で土を突くのはほどほどにして、私は土が沈むのを前提に鉢の縁までいっぱいに土を入れます。

で、植えてから数日水やりをしながら、土が下がりすぎたら足す、という微調整をするのです。なので、この時点では鉢がまだ流れ出す土で汚れています。2、3日すれば土も落ち着いて、ウォータースペースも出来てきます。

これは、寄せ植えのコンテストに出すときに身につけたもの。盛り土をして花材を放射状に植えた方が、見栄えがよく、それぞれの生育スペースが取れる利点と、ウォータースペースが深いと背の低い植物の株元が蒸れてしまうのを避ける意味もあります。

ただ、自分の手元を離れてとなるとちょっと心配。水やりの仕方によっては中央の植物の根が浮き出てしまうので。そのため、数日の調整が大事なのです。

このうちのひとつは、感謝の意を込めて、実家にいる間お世話になった保育園においてきました。みんな、ちゃんと咲いててくれるといいな〜。(ホントは無事かどうかのぞきに行きたい‥。(^^;))

さて、その頃のパパは。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな風景を見ていたのでした。うわ〜、見たい見た〜いっ!ちびも行きたいよね〜!
0
タグ: 植物 栽培 園芸

2015/12/12

植物を維持するのは難しいね。  栽培

ただいまあ〜。昨年に続いてまたまた3週間の実家滞在から帰って参りました。さてさて、ちび庭の植物達はどうかなっ‥。
と、確認するまでもなく。

あふっ。玄関のメラレウカが水切れでやられてしまった〜。しくしく。
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/416.html
潅水のミニスプリンクラーの角度が変わってしまったようで、水が鉢の中に落ちなかったらしい。グスン。もしかして、ネコさんがお散歩中に引っ掛けた???植え替えたばっかりだったからな〜。復活して‥くれるかしら。

でも、不思議なことに、同じ鉢のゼラニウムとアイビーとベゴニアは無事そうなのよね。やっぱり、メラレウカは植え替えで根を切ったから、ちょっとした水切れにも耐えられなかったのかも。ごめんね〜。

他を確認したところ、幸いちび庭も2階のベランダも、みんな元気。やったあ!適当に雨も降ったのかな。今回は、留守を見越して植え替えた鉢には底に給水テープをつけて、ベランダの水勾配を利用して、ビニールシートでごく浅い水受けを作っておいたのが効いたようです。後日その様子をアップしますね。

さて、今回、実家でいくつか寄せ植えを作りました。

1.6号平鉢
クリックすると元のサイズで表示します
・ナフコ 特選パンジー よく咲くスミレ クランベリー LR
・タキイ交配ビオラ F1ビビトリコロール レインボージュエル(3色ミックス植え)
・ビオラ 白
・ビオラ オレンジ
・四季成りイチゴ
冬枯れした花壇に地植えしようと思ったのですが、ここは雪国。本格的な冬になれば、50pも積もろうかというところなので、移動できるように鉢植えで埋め込みました。イチゴは、畑で伸び放題のランナーをとってきたもの。濃い緑なので縁のカバーの役目しかないのですが、実もなったら楽しいよね〜。

2.6号丸鉢
クリックすると元のサイズで表示します
・プリムラマラコイデス 古都さくら
・葉ボタン ちぢみ葉 桃
・葉ボタン ちぢみ葉 白
・パンジー 濃桃
・アリッサム サクサティレ
植え込んだ当時は美しかったのですが、葉牡丹は少し巻いてた根を切ってしまったせいか、ちょっと外葉が痛んできてしまったんですよね〜。銀葉のアリッサム サクサティレは、庭にはびこってたやつです。こちらもちょっと植え傷み。復活してきてくれるといいな。でも、パンジーがいい感じでよく咲いてきましたよ。

3.6号高鉢
クリックすると元のサイズで表示します
・葉ボタン 丸葉 桃
・葉ボタン 丸葉 白
・ナフコ 特選パンジー よく咲くスミレ スイートポテト LR
・パンジー オレンジ
・パセリ
・四季成りイチゴ
・セラスチウム
こちらは、日の当たり加減か、その後妙にパンジーが間延びしてしまいました。寒い時期だから、切り戻すのもちょっと戸惑う感じ。パセリとイチゴとセラスチウムは、やはり庭と畑から移植したものです。しっかり日を当てたらマシになるかな?
0
タグ: 植物 栽培 園芸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ