写真はどれもクリックすると拡大できます。

2009/6/17

故宮22 おうおう、このサクラfubukiが  北京旅行

目に入らねえかいっ!ダンダンっ、と遠山の金さんが裁きをつけたのは、「お白州(しらす)」でしたね。

ええ、先日ご紹介した舞台。もう一度、門の前に立ってぐるりと見回してみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
どこかで見たような、かわいらしいレリーフの門飾り。松の緑に映えますね。

クリックすると元のサイズで表示します
門の後ろ。北側には、これまたどこかで見たような壮麗なお堂が。

クリックすると元のサイズで表示します
東。実に松がすばらしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
東南。

クリックすると元のサイズで表示します
西南。赤い壁が印象的です。

クリックすると元のサイズで表示します
西。壁の向こう側に別の屋根がかすんで見えます。

広いですね。こういう、大きなお堂や門の前にもうけられた広いスペースは、儀式の場所。北に位置する、つまり、天をも司る皇帝が、南の臣下に向かう場所です。

これが、日本に渡りますと。

これは、建仁寺の方丈南庭。
クリックすると元のサイズで表示します
こう見ると、ちっちゃく見えますねえ。でも、白川砂が植栽に映えてきれい。

こういう大きなところの南庭は、やはりもともとは庭ではなく、儀式の為の広場でした。ですから、初めは白砂が敷いてあるだけ(あるいはそれさえなかったかも)だったのです。

方丈という、北側に仏様を安置した大きなお堂から、ご住職が南側にかしこまった民衆に向けてお説教なんかしたりした訳ですね。

そう。いわゆるお白州。御所やら、お城やら、お奉行所やら…。そんなとこにあったりしますね。

後世になって、そんな儀式的な役割が弱くなり、日本の寺院の南庭も、禅の修行の一環としての「見る庭」として装飾性が高くなっていったんですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでは、「お白州」ではなく、強固な石畳です。(いや〜、実に魅力的な石だ…こんなのお庭に使ったら……おっとっと。)どんだけ人が入れば気が済むんだ、ってくらい広い。あのオリンピックの開会式で、あれだけの人を使いこなしたパワーもうなずけますねえ……。

☆今日のちび庭気温:16〜23℃ 晴れ間が貴重ですね。今年のちび庭の日よけはゴーヤちゃんでトライ。雨をしっかりうけて、すくすく育っておくれ。(^_^)
0

2009/6/14

故宮21 い〜あるさんす〜  北京旅行

東六宮の狭い露地をぬけた後は、空間がいっそう広く感じます。
クリックすると元のサイズで表示します

大きな塔の横はカフェテリア。さすがに歩き疲れて、ちょっと一休み。う〜、うごけない。
クリックすると元のサイズで表示します

一息入れて、ようやく腰を上げる。と。おお〜!
クリックすると元のサイズで表示します
これこれ。九龍壁(くーろんへき)だあ〜!!!

な〜つかし〜い。昔、ポンキッキでなんかカンフーの歌みたいなのやってて、この壁の龍が映されてたのよね〜。♬い〜あるさんす〜うう〜りゅう〜ち〜ぱ〜♬とかって(あれは横浜中華街だったかも)。好きだったな〜、あの歌。

クリックすると元のサイズで表示します
う〜ん!本当に見事。全部、タイルです。うつくしい〜。

実はこれ、その昔この壁の製作中に職人さんが1カ所だけタイルを割ってしまい、こっそりその部分だけ木を彫って仕上げたのだとか。鑑識眼の皇帝に見つかることもなく、首をはねられずに済んだそうな。

うわ〜、よかったよかった。タイル割るなんて、すごくありそーよね。なんておそろしく冷や汗ものな話なんだ…。でも、どこがそうなのか見そびれちゃった。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてさらに進むと。おお〜っ。すっごい松だ。場所の広さに負けてません。これも白松ですねえ。樹齢どのくらいなんでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
その横には。なぜか、特設ステージが。コンサート???いったい何が行われるんでしょう。いいね。こんなところで、すご〜い。夜に来てみたい。

クリックすると元のサイズで表示します
金獅子ちゃんも立ち入り禁止のガード中。あなた、パンクな感じも似合いそーよ。

☆今日のちび庭気温:16〜23℃ 今日は、ゴーヤをカーテン状に誘引すべく、2階からネットを張ってみました。早く大きくならないかな〜!(^_^)
0

2009/5/22

故宮20 時を刻むもの  北京旅行

さて。続いております北京は故宮探訪記。東六宮を後にします。

ゴムの木も、こんな風に育てられていると、とっても素敵。
クリックすると元のサイズで表示します

やってきました奉先殿。こちらでもなにやら展示をしている模様。いってみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

おお〜!時計ですねえ〜。精緻な彫刻の施された、水時計。
クリックすると元のサイズで表示します

館内には、歴代の皇帝達が収集し愛用した、た〜くさんの時計があるのですが、ありすぎて写真に撮りきれない。目についたものをご紹介。
これは、何とも西洋風。
クリックすると元のサイズで表示します

ヤシの木も入って、エキゾチック。
クリックすると元のサイズで表示します

わ〜、ダリっぽ〜い。あちらの象が背負っていたのは水晶でしたが。ダリ、この時計を見たことがあったかしら?
クリックすると元のサイズで表示します

これぞ中国、といったかんじの時計ですね。すてき。
クリックすると元のサイズで表示します

いやいや、こちらこそが中国らしいか?コウモリに桃の実。何ともおめでたい意匠です。どんな風に動くんでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

館内には、実際に当時の時計を飾った様子が再現されていました。
クリックすると元のサイズで表示します

高い高い、堂内の天井。ほんの100年前まで、まだここは使われていたのです。おばあさんが生まれた頃のこと。世の中は、本当にあっという間にかわったのですね。(^_^)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/4/21

故宮19 夢のあと  北京旅行

さて、故宮の東側、皇后達が住まわれた後宮「東六宮(ドンリョウゴン)」を通過中。いくつもの門をくぐっては小さな「宮」におじゃま。

こちらの宮では、お兄さん達が作業中。割れた敷石の取り外し???
クリックすると元のサイズで表示します
なかなかけだるげです…。こんなとき中国語が話せたら「なにしてるの?」って聞いてみちゃうとこなんだけど。

クリックすると元のサイズで表示します
永和宮、でしょうか。100年ほど前には、清の光緒帝の妃だった姉妹のうち、お姉さんの瑾妃(キンヒ)の住まわれていたところですね。今は宝物などが展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します
宮の前にはやはり大きな…ノウゼンカズラ???
いや〜、どの植物も迫力がありますね。咲いたところを見てみたい。夏はどんな風でしょうねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
そして。東六宮の南東の端、「延禧宮」です。今まで非公開だったそうですが。入ってみると、なんと、いきなり西洋式宮殿が。その名も「水晶宮」。

クリックすると元のサイズで表示します
ん〜、なんだか焼けちゃってますねえ。こんなに豪奢なレリーフで埋め尽くされた建物が。どういう曰くがあったのか???

クリックすると元のサイズで表示します
覗き込むと、なんと地下にもフロアが。おお〜。ますます謎は深まるばかり。資料にもな〜んにも載ってないけど???いったい、ここは、なに???

クリックすると元のサイズで表示します
という疑問を頭の上にいっぱい浮かべながら。故宮の高い赤い壁。長い歴史の中で、誰が、どんな想いで、この赤い壁を見上げてきたのでしょうねえ…。つづくぅ!
0

2009/3/21

故宮18 walk in the labyrinth  北京旅行

これぞ本物の迷宮。
お庭の楽しみの一つに、「迷う楽しみ」というものがありますが。
深い、深い、迷宮。自分がどこにいるか分からない、そこはかとない不安と、次は何があるんだろう、という期待。

クリックすると元のサイズで表示します
どこまでも続く、赤い壁。いくつもの小宮房。

クリックすると元のサイズで表示します
皇帝の服の色の黄色いタイル。

クリックすると元のサイズで表示します
壁もお家も、み〜んなくっついてます。照り返しが暑い。タイルの緑がなければ、さぞかし殺風景なことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
小さな門をくぐると、それぞれに四合院のような造りの小宮殿。
昔の妃達は、普段は広大な故宮の中のこんな小さい空間に封じ込められていたとか。
涼しげな木陰をたたえるこの樹は、何を見てきたのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは、「外東路」。「ラストエンペラー」で溥儀が誰かを追いかけて走って行ったところはここかなあ。
京都の妙心寺や大徳寺の塔頭街みたいですね。あちらの方は視覚的にもうちょっと開放感がありますが。

クリックすると元のサイズで表示します
きらびやかな門が、区画ごとについています。扉が厚い。火災が多かったというので、延焼を防ぐ目的もあったのでしょうが、なんかもし閉められちゃったら本当に閉じ込められた感が…。

クリックすると元のサイズで表示します
ええと、どこの館だったか。天井が鮮やかでした。鶴は夫婦円満の印なんでしょうね。青がとても美しい。いかにも後宮らしい図案ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
今いるのは、「東六宮」です。こうして上から見ると分かりやすいのですが、実際歩くとこのあたりはどこも似ていて、どこにいるんだかだんだん怪しくなってきます。

☆今日のちび庭気温:14〜16℃ あったかかったですね〜!近所のお寺のしだれ桜が満開でした!!!こちらでどうぞ↓。(^_^)
http://blog.qlep.com/blog.php/quinland/

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ