2005/12/8 | 投稿者: KEKOKO

次女は6年生。「サンタさんは、何時ごろどうやって入ってくるのか」
「鍵はどうしてるのか?」「鍵をあけててドロボウが入ってきたら困るじゃないか」「今年こそずっと起きてるからな!」と年々取り調べが厳しくなっています(大笑)。

今日、そんな次女に
「今年で、サンタさんにたのむのは最後にしような。来年からはお父さんお母さんからのプレゼントにするしな」と言うと
ポ〜ンと背中を叩かれ

   「そんな子どもの夢を壊すようなこと言うたらアカンの!」

と次女。
「でも、ずっと今までホンマにサンタ会社にたのんできたんやからな〜!」
と話し出すと、

   「ばらしたらアカン!!」

と口をふさがれた。

次女にとっても、ばらされる日のことは、怖くてサミシくて、来てほしくないんやろなぁ。私だって、さみしい。。。。。
(長女にいたっては、真実を知ってるんやろうけど、プレゼントほしさに、あるいは、次女のために、何も言わずにつきあってる、と言う雰囲気だ。うんうんエライエライ)

けど、来年は、ほんまにサンタさんの格好して、ピンポ〜〜ンてプレゼント届けてやろうかな。。。トナカイのぬいぐるみにまたがって(笑)。
なんかおもしろいこと、考えちゃお〜〜〜っと。
0




AutoPage最新お知らせ