2007/3/8 | 投稿者: KEKOKO

DTM教室やら、医院へ領収書もらいに行ったり、買い物やら、バイトやら、丸一日バタバタです。
バイトが終了した頃、娘よりメールが!!!
以前住んでたマンションに隣接した家が全焼!
そして、マンションは夜になっても、停電。

まだまだ寒い今日、停電では、大変だろうと、我が家に来てもらおうと、マンションへ行ってきた。その全焼の家のお隣は、娘達のピアノの先生んちだし、なにしろ心配で、いてもたってもいられなかったのだ。
でも、もうすでに、住民の皆さんは、公民館やレストランなどで各々待機されてるということでいらっしゃらず、もうそろそろ電気も通るということで、私も役に立たないのにウロウロしてたら、ただの野次馬なので、早々に帰った。

しかし、焼け跡はショッキングな光景だった。
幸い、そこのお宅のおばあちゃんは無事でほっとした。隣のピアノの先生んちも、風向きが違ったので無事。
だけど、風は強くマンション側に炎と煙がすべていったようで、マンション1階2階の玄関ドアなどが真っ黒焦げ。3階の玄関周りも、熱で溶けてた。(マンションは改装して美しく生まれ変わったばかりだったのに。)私が住んでた4階では、煙を吸って、救急車で運ばれた方がいた。その時在宅してた方々は、逃げ場を失い、裏のベランダからはしご車で救出されたとか。。。めちゃショックやった。ほんまにショックやった。

住んでた時には気がつかなかった。マンションやしと、火事に関しては楽観してたのだが、今回のように隣接した家が火事になったら、玄関も階段もエレベーターも、全く逃げ場がなくなるということを、全く認識していなかった。私だけではなく、みんなそうだったようだ。ほんま恐ろしい。

火事は他人事みたいに思ってしまうけど、自分ちは気をつけてても、周りから被害が及ぶことがある。この日記を読んでる皆さん、そして私も、、、、、
あらゆるシチュエーションを想定して、対策を考えておきましょう。
火事は、ほんまに怖いです。
0




AutoPage最新お知らせ