2009/11/26 | 投稿者: KEKOKO

我が家のウサギちゃんは、もう12歳9か月。
ウサギとしては、奇跡的に長生きで、我が家の星であり、自慢の子です。ウサギ界の森繁久弥といってもよいでしょう。(ウサギの寿命は7〜8年くらいで10年生きると長生きといえます)

若いころは病気知らずだったうーちゃん、目は白内障で、だんだん見えなくなってきてます。 一時期、お腹の調子も悪く(下痢)心配してましたが、最近正常に戻りました。そして、この秋から、ついに足腰が悪くなり、最近では、ついに自力では立てなくなりました。

ただ、幸いなことに食欲はあり、排泄もおおむね良好です。
というわけで、我が家は老ウサギ介護の日々に突入しました。

最近の介護状況
私たちがいない間は、安全な場所に寝かしておく。おしりの下にはオシッコシーツ。

段差はなくしてます。ケージのスノコもはずし、フラットにし、オシッコシーツ→フリース敷物→オシッコシーツを敷いてます

ちょくちょく起こしてやり、エサをやり、お水をやる。

常に清潔な環境を保つ。こまめにオシッコシーツの取り替え。

毛づくろいなど、自分で出来なくなっているので、きれいな体にしてやる

おしりが排泄物で汚れるので、1〜2日に1回は、おしりをぬるま湯で洗ってあげる

これからの時期は保温に気をつける

写真3枚UPします。
クリックすると元のサイズで表示します
えさを食べるうーちゃん。食欲はやたらあります。これまでは好物の野菜や果物をたくさんあげてましたが、今は控えるようにして、栄養バランスのいい固形餌とチモシーをメインに切り替えました。

クリックすると元のサイズで表示します
丸まったうーちゃん。反対側に寝かすと嫌がります。向きによって痛みがあったりするのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
骨や筋肉が弱り、自力で体を立てるのも厳しい状態になったので、今日から、食事の間だけ、タオル2枚を体の下にはさみこんでみました。こうすると幾分安定します。
0




AutoPage最新お知らせ