2006/3/3 | 投稿者: KEKOKO

私の1月新曲「京都のおとうふ屋さん」の中に、「ひろうす」という単語が出てきます。京都の人は知っていると思うのですが、他府県の方は、知らないのでは、と思うので、紹介します。
「がんもどき」のようなもので、「飛龍頭(ひりゅうず)」とも言います。
クリックすると元のサイズで表示します
画像は、以前紹介しました「藤野」のひろうすです。

気になる中味は次のとおり
 丸大豆、ぎんなん、ゆりね、きくらげ、山芋

このあいだ、これをおでんに入れましたが、おいしかったですよ。
皆さん、見かけはったら、どうぞお食べやす〜〜。(←京都弁)

===============================
さて、今日は、小学校の給食試食会へ行ってきました。
うちの小学校は、給食がめちゃおいしいと大評判です。
あちこち赴任してる先生も「ここのが抜群においしい」とお墨付き!
カレーライスなんて、「ここのカレーを食べたら、よそのカレーはもう食べられない」というくらいのお味らしい。(みんなそう言ってるからホンマ)
せっかく作った私の料理に、娘から「これ給食のほうがおいしいわ〜」と言われたことも珍しくない(笑)。それくらいおいしいそうです。

うちは今回小学校卒業なので、私が給食試食できるのも最後のチャンス!
行ってまいりました。うん。噂どおり、おいしかったですよ。

また、学校でおこなった朝食こんだて調査で、あまりに悲惨(?)な結果だったため、給食長の先生が、「朝かんたんにできる電子レンジお野菜クッキング」のミニ講座をしてくださいましたよ。

栄養のバランスがいいことはもちろん、おいしい給食を、子ども達に毎日提供してくださった給食部の方々に、ほんまに感謝感謝です。
娘達は幸せ者だ〜〜〜〜!!
0

2006/2/17 | 投稿者: KEKOKO

京都新聞に「トリノ五輪でスピードスケート・ショートトラックの女子のエース、立命館大出身の神野由佳選手(25)が学生時代、京都市下京区の「賀茂とうふ近喜」でアルバイトをしていた」という記事を見つけました。

それにちなみまして、今日は、「賀茂どうふ近喜」のおとうふを紹介します〜。

実際の記事へのリンク↓
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006021300035&genre=K1&area=K10
(↑記事へのリンクは、日にちがたつと切れます。早めに見てね)
クリックすると元のサイズで表示します
場所は、四条河原町(阪急電車かわらまち駅、京阪電車京阪四条駅から近い)の阪急百貨店の裏手すぐ。街中にあるとは思えない、ほそ〜〜〜〜い路地の中にあります。「通りがかりに見つける」ということはないやろなぁ。。。。

でも、私がいてた短い間にも、ひっきりなしにお客さんが訪れています。
やっぱり有名なんやなぁ。(若い人や外人さんも)
店の中では、おばちゃんが、おあげさんを、手揚げしていましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
たっくさんの種類がある中で(種類はHP参照)
私は、「にがり絹ごしどうふ」を買いました。
350円(350グラム)
国内産丸大豆(遺伝子組み換え大豆は使用していません)
凝固剤(塩化Mg(にがり))
消泡剤(炭酸Ca)
クリックすると元のサイズで表示します
そのまま食べてみました。
なんとまろやかでお上品なお味でしょう。
これこそ「まったりとした・・・」という表現がぴったりかも。
くせのない味でしたよ。

この他にも、私は、おあげさんと、黒胡麻入りの「みかげ」も買っちゃったよ。
なんか毎日豆腐づいてます(笑)。

ここのお豆腐は、広島から東京まで主要都市でも購入できるようです。
大阪でも名古屋でも兵庫でも。
詳しくは、「賀茂どうふ近喜HP」
http://www.kamo-tofu.com/
で見てくださいね。
0

2006/2/14 | 投稿者: KEKOKO

私の1月の新曲「京都のおとうふ屋さん」にちなみまして、ちょいちょい京都のおとうふを紹介していきます。
有名なところもあり〜の、無名なところもあり〜のですが、いろいろ食べていきたいと思います。

まずは、大手の有名どころ。「京とうふ藤野」
http://www.kyotofu.co.jp/
京都府加悦町の「京とうふ加悦の里株式会社」が製造。
店舗は2ヶ所。(HP参照)料理屋もあり。
東京でもここのとうふが食べられる料理屋があります。(HP参照)
カフェ、デザートもある模様。(HP参照)
クリックすると元のサイズで表示します
絹で200円。350グラム。
原材料 丸大豆(遺伝子組み替えでない)
凝固剤 塩化マグネシウム

食べてみました。お醤油なしで。
お箸で持つとまあまあしっかりしています。
口に入れると甘い。いい感じの歯ごたえ、なめらかな舌触り。
何もつけなくてもおいしいです。我が家の家族の評判もいいです。
クリックすると元のサイズで表示します
藤野の他の商品もおいおい食べていこうと思ってます。
皆さんも、ぜひぜひ食べてみてください。
どこで手にはいるか、HPで見てくださいませ。
京とうふ藤野  http://www.kyotofu.co.jp/

今回は、大きいお店の情報でした。(あえて東京でも食べられそうなものを)
次回は、小さなお店のを食べてみたいなぁ。
0




AutoPage最新お知らせ