グラデトーン 砂グラトーン

2010/10/3 | 投稿者: 艶

クリックすると元のサイズで表示します

グラデーショントーンと

砂グラトーンも

メイキングしてみました(´▽`)



  つづきにてどうぞー。




1クリックすると元のサイズで表示します
 新規レイヤーを作る


2クリックすると元のサイズで表示します
 ツールパレットから、マジックワンドツールを選択。


3クリックすると元のサイズで表示します
 クイックマスクボタンをぽちっと押す。


4クリックすると元のサイズで表示します
 男子ズボンをマジックワンドで触れると
 
 点線で囲まれる。


5クリックすると元のサイズで表示します
 バケツツールで塗りつぶす。



6クリックすると元のサイズで表示します
 ズボンがピンク色に染まりました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
   
 ☆ もしマジックワンドで点線囲みが出来なかった場合 ☆

   

   7クリックすると元のサイズで表示します
    ツールパレットからマジックツールを選ぶ


   8クリックすると元のサイズで表示します
    ズボンの全体を塗り囲む。


   9クリックすると元のサイズで表示します
    ツールパレットから塗りつぶしツール(バケツ)を選ぶ

   10クリックすると元のサイズで表示します
    バケツでばしゃっと色をそそぐ。(実際はポン、と触れるだけ)

       
   11クリックすると元のサイズで表示します
    ピンク色に染まりました。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


12クリックすると元のサイズで表示します
  クイックマスクボタンをぽちっと押して解除


13クリックすると元のサイズで表示します
  ズボンが点線で囲まれます。  









14クリックすると元のサイズで表示します
 ツールパレットからグラデーションツールを選びます。


15クリックすると元のサイズで表示します
 ツールオプションの「グラデーション」を選びます。


16クリックすると元のサイズで表示します
 「編集中のレイヤーに描画する」をオフにします


17クリックすると元のサイズで表示します
 「トーン」を選び、

 線数を選びます。  角度は45度のままでOK。






18クリックすると元のサイズで表示します
 図のように、ズボンより大きめに

 ドラッグ(ぐっと押したまま離さず、動かす)。


19クリックすると元のサイズで表示します
 グラデトーンが貼れました! 



20クリックすると元のサイズで表示します
 選択ランチャーの選択を解除します。点線が消えます。
 

21クリックすると元のサイズで表示します
 グラデレイヤーが現れます。 


22クリックすると元のサイズで表示します
 グラデトーン貼り残し発見。


23クリックすると元のサイズで表示します
 ツールパレットからマジックツール選ぶ。


24クリックすると元のサイズで表示します
 レイヤーの右横の三角をクリックして「プロパティ」を出します。
 
 「トーン領域」にチェック入れます。


25クリックすると元のサイズで表示します
  塗り残しをマジックでぬりぬり。


26クリックすると元のサイズで表示します
  塗り終わったらチェックをはずします。

  ズボン完成!


27クリックすると元のサイズで表示します
  ついでに菓子パンも同じ要領でグラデを貼ります。 


28クリックすると元のサイズで表示します
  菓子パン完成!


29クリックすると元のサイズで表示します
  グラデがひととおり貼れました。



次はグラデトーンを砂グラトーンに変えます。

1クリックすると元のサイズで表示します
 グラデーションを貼ったレイヤーのプロパティを出します。


2クリックすると元のサイズで表示します
 プロパティの「トーン」部分を選ぶ


3クリックすると元のサイズで表示します
 「種類」の「円」を「ノイズ」に変えます。


4クリックすると元のサイズで表示します
 


5クリックすると元のサイズで表示します
 OK


6クリックすると元のサイズで表示します
 グラデーションだった部分が砂グラに変わりました。


7クリックすると元のサイズで表示します
 パンも砂グラに変えて完成!


携帯の写メなのでみづらい部分もあると思います。

すいません(・∀・)




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ