自作パターンブラシ(削り・カケアミ)

2010/10/4 | 投稿者: 艶

クリックすると元のサイズで表示します

アナログっぽくトーンを削れる

「自作パターンブラシ」作ってみました。


まだ詳しい仕組みがよく分かってないんですけど

色々参考にしつつ、とりあえず出来たので

続きにて

メイキングアップしますー(´▽`)








1クリックすると元のサイズで表示します
 新しいレイヤーを上下2枚作ります。

 上のレイヤーが本番用で

 下のレイヤーはアタリ用です。描画色を水色にしておきます。

 


2クリックすると元のサイズで表示します
 直線ツール。


3クリックすると元のサイズで表示します
 米模様を描きます。

 shihtキーを一緒に押しながら線を引くとぶれません。


4クリックすると元のサイズで表示します
 水色を薄くします。%の数字が低いほど、薄い水色になります。 


5クリックすると元のサイズで表示します
 本番用の、上のレイヤーに行きます。 


6クリックすると元のサイズで表示します
 直線ツールのツールオプションのサイズを0.1mm

 「入り」「抜き」もオンにします。        


7クリックすると元のサイズで表示します
 米もようの、あいてるスキマに線を入れます。



8クリックすると元のサイズで表示します
 同じ向きの線をいくつか描きます。
 
 もう一方のスキマにも同じように線を入れます。


9クリックすると元のサイズで表示します
 くりかえして、三方向から線が描かれました。

 ここできっちり描きすぎると機械的な削りになってしまうので

 アナログっぽさを出したいなら、

 ちょっぴり雑に描きます。(でも向きは必ず揃えます)


10クリックすると元のサイズで表示します
 矩形選択ツールを選びます。 


11クリックすると元のサイズで表示します
 さっき描いたカケアミを囲みます。


12クリックすると元のサイズで表示します
 囲んだまま、メニューから「編集」を選びます。


13クリックすると元のサイズで表示します
 「パターンを登録」をクリック。 


14クリックすると元のサイズで表示します
 「ブラシ素材」をクリック。


15クリックすると元のサイズで表示します
 バターンブラシ登録画面が出ます。

 
16クリックすると元のサイズで表示します
 分かりやすい名前に変えます。

 ランチャーの選択範囲を解除して、ブラシ完成!




        ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


  では、早速削りブラシでトーンを削ってみます。



17クリックすると元のサイズで表示します
 てきとうな線数の簡易トーンレイヤーを作ります。

 (作り方は簡易トーンの記事参照)


18クリックすると元のサイズで表示します
 「パターンブラシツール」をぽちっ。


19クリックすると元のサイズで表示します
 「パターンブラシ ツールオプション」の「サイズ」をクリック。


20クリックすると元のサイズで表示します
 「不透明度」を「ペンの筆圧」に変えて、グラフを弓状に動かします。

  ここでのグラフの状態で、削り方をやわらかくしたり、

  硬くしたり出来ます。(たぶん)


 「向き」を20℃(人によっては22.5 67.5 112.5 157.5)

 「刻み」を45℃

  「コントロールの選択」をランダムに。

  「サイズ」は好みの大きさで、

  「間隔」は1%にしました。(好みで色々試してみてください)


21クリックすると元のサイズで表示します
 「削り」の場合は「描画色」を透明にする。


22クリックすると元のサイズで表示します
 トーンの上からさっとなぞると、トーンが削れます。


23クリックすると元のサイズで表示します
 サイズが大きいと大きくてふわっとした削り、

 小さいと硬い削りになります。


24クリックすると元のサイズで表示します
 私はこんな感じの状態で削ってます。


25クリックすると元のサイズで表示します
 トーンレイヤーの上で、描画色を「黒」にしてみます。


26クリックすると元のサイズで表示します
 白い画面の上をなぞると、トーンがふわっと現れます。

 「削る」のではなくトーンを「描く」感じです。


27クリックすると元のサイズで表示します
 「トーンレイヤー」ではなく

 普通の「レイヤー」の上にも描いてみましょう。


28クリックすると元のサイズで表示します
 普通のレイヤーの上だと、普通の「カケアミ」が描けます。


29クリックすると元のサイズで表示します
 グラデトーンを小さくて固めのブラシで削ってみました。

 青空トーンの完成!







この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ