2007/4/30  23:32

練習試合in西部  

今日は西部体育館で岬恩田と西岐波と琴芝で練習試合を行った。今日はAチームの子が用事や怪我で不在の中での戦いであったが良くがんばっていた方ではないだろうか。リバウンドもルーズボールもまずまずの内容であり少しは改善できた感じではある。しかしちょっとした気の緩みからつまらないミスも多々あった。こういうイージーミスを無くしていかないと強いチームにはならない。もっともっと真剣に取り組んで欲しいものです。
今日、亀山杯と県春季交歓会の組合せが決まった。
亀山杯は善導寺(福岡)と大庭(島根)との対戦、又、県春季西部地区大会は昨年、全国に出場している角倉と決まった。相手にとっては不足無しです。とにかく目標に向かって一歩一歩前進していこう。
0

2007/4/26  23:56

慶進高校の練習を見学して  

今日は宇部日報杯の用事があって慶進高校を訪問した。用事を済ませ30分程度練習を見学した。練習内容はミニバスとレベルは違えども「スクリーンアウトからリバウンド奪取それから速攻」、今、ミニバスでもやっているファンダメンタル的な内容であった。練習途中にダラダラ練習する選手に監督のM先生は渇を入れていました。「練習を全力(100%)の力ですることで試合は余裕をもってできる」だからいつも子供達に言っている「手を抜かず全力でプレーする」を実践して欲しいものだ。高校生でもそうだが最近の子供たちは自分の意見が言えないし返事も出来ない。もっともっと練習では色々な声を出そう。もっと監督、コーチに食らいついてくる気迫が必要だそれとM先生も強調されていたのがチームの和、すなわちコミュニケーションをしっかりとるということだ。ミニバスでも上記の内容はバスケが上手下手は二の次でしっかりとハートの部分を鍛えて欲しいと思います。
0

2007/4/23  5:45

エンデバー  

4/22から平成19年度のエンデバーが始まった。6年生の9名をはじめ5年生以下も特別参加させてもらった。今日が最初って事でエンデバー活動の目的や活動の約束事等を話して聞かせ、その後友情を深めるためにコミュニケーションスキルを行った。最近の子供たちは積極的に友達つくりが出来ていないと思った。コミュニケーションが不足していると感じました。その後、大田コーチ指導の下にコーディネーショントレーニング、パワーポジション、ピポット等の基本を確認しながら行った。最後は全員をごっちゃ混ぜにしてゲームを実施し初日のエンデバーが終了した。
午後からは選挙の為に琴芝小が使えない為に楠若者センターに移動して前日の練習試合の反省をしながら練習を行った。琴芝の弱点を改善すべく声を大きく指導していった。
子供たちには次の事を注意しして欲しい。1つ目は「いい加減なプレーをしない」、2つ目に「ずるいプレーはせずに常に全力でプレーをする」、3つ目に「当たり前の事を当たり前のように行う」 以上の事をしっかりと守って練習に取り組んで目標に向かってまい進して行こう。
0

2007/4/22  6:51

練習試合  

昨日は船木小で平川と楠と練習試合を行った。結果としては平川には2敗、楠には2勝という結果ではあったが良い内容ではなかった。平川には全てにおいて力負けだった。1対1のオフェンスにディフェンス、リバウンドルーズを追っかけない、シュート(イージーシュートを外す)等だった。常日頃、子供たちには言っているがこの事を改善しないとなかなか勝てません。昨日の結果で子供たちにも少しは気合が入って欲しいと思います。今日もエンデバーに練習に一日バスケですが練習あるのみです。頑張ろう
0

2007/4/15  23:20

アクシデント  

今朝って言っても夜中の3時頃に熟睡していたら金縛りのごとく左足ふくらはぎに激痛が走りつった状態になってしまった。1年前に肉離れを起こした箇所と同じだ今日は中学校春季体育大会の審判を依頼されていたのでファイテンクリームやテープで何とか動けるように処置しました。審判では何とか2試合無事にこなせたが終わったとたんまた痛みが出てきている。前日、男子チームの練習でサーキットトレーニングやもも上げなどちょっと頑張りすぎたかなまあボチボチ頑張ります。

さて先日来から子供たちには色々と話をしてきた。子供たちへの意識改革だ。まずは目標設定・・・低い設定はでは簡単に達成でき努力を怠ると感じ、子供達に高い目標を与えた。達成を目指して頑張ってほしいものです。次にチームワークの大事さを話した。苦しい練習ゆえにもっとみんなで励ましあって頑張ってほしいものです。14人が心一つにして頑張ってほしいものです。
0

2007/4/11  12:45

シュート率を上げるには  

先日の結団式での各自の目標のなかでシュート確率をアップさせたいという内容が多かった。そこでワンポイントアドバイスということで書き残そう。

1.ファンダメンタル(技)
 ・ミートやボディバランス
 ・リングに対する身体の向き
 ・リズム
2.状況判断(技)
 ・ディフエンスやチームメイトをよく見ていないためにシュートセレクトが悪くなる。
3.メンタル(心)
 ・ディフェンスを見切ったら、気持ちよく自信をもって、リラックスして、シュートをしましょう。しかし意識過剰からか、力んだり、打たされたりで自らがシュート率を下げてしまいます。
4.フィジカル(体)
 ・いくらいいシューターでも疲労で下半身が弱っていると確率も下がります。それにボールを受けるまでの動きも弱くなり、リズムも悪くなります。

以上、シュートを投げるだけなら、誰でも出来ます。やはり心技体のバランスがとれたときにシュート確率は上がってくるでしょう。
1

2007/4/9  12:41

結団式  

昨日は平成19年度の結団式を行った。結局、新人は入ってこなくて14名でのスタートとなった。今年は勝負の年と監督やコーチは思っています。みんなでチーム一丸となって勝てるチームにまい進して行きましょう。そのためには練習で楽をしたら駄目です。常々みんなに話ますが「自分に厳しく」という事を考えて取り組んでください。自己紹介の中で色々な目標がありました。「リバウンドを確実にとりたい」「シュートの確率を上げたい」「ドリブルが上手になりたい」「積極的にゴールに向かう」「実力も一番、チームワークも一番のチームになりたい」「頼られるガードになる」「強いパスが取れるようになりたい」など各自目標をはなしました。この目標が達成できるように日々努力してほしいものです。さあ平成19年も本格的にスタートしましたが頑張ろう!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ