2007/5/21  6:07

亀山杯  

5/19・20に昨年に引き続いて亀山杯に参加してきた。昨年は全敗だったので今年は一矢報いたいと心構えでの参加であった。結果としては5戦1勝4敗と結果ではあったが少しは県交歓会への手ごたえを感じることができました。
5/19 予選リーグ
1回目  琴芝14−39善導寺(福岡)
2回目  琴芝15−46大庭(島根)
5位決  琴芝32−31大河(広島)
予選リーグの初戦はシンのジャンプボールからの速攻で先取点を奪取し幸先良いスタートとなり数分間は一進一退の内容が続いたがこちらのミスから相手に得点されて行った。2戦目もディフエンス・オフェンスのミス、琴芝の弱点のリバウンドが取れず相手に得点され敗退した。が、ラッキーな事に得失点差で(さ)ブロックの3位になり5−6位決定戦に進出できた。半分、切れ掛かっていた気持ちを奮起させ前2試合の反省を踏まえ決定戦に臨んだ。このゲームも一進一退の内容ではあったが何とか勝つことが出来て5位トーナメント戦への進出が決まった。一日目の総括としてまずは子供たちの意識がない。この大会に臨む気持ちが薄い等ハートの部分がかけていた。
一日目の夜は千葉県の中山MBCの小鷹先生のクリニックが行われた。内容としてはディフエンスに関する内容で体の使い方、意識の持ち方などであった。ある程度はDVD
を見ていて練習にも組み込んでいるがその中では読み取れなかった細かい部分も指導していただき大変参考になった。
5/20
5位トーナメント
一回戦  琴芝33−53高須(福岡)
敗者戦  琴芝34−52勝間(山口)
二日目は試合前に前日に悪かったことを話して聞かせ、ボックスの徹底、全力でのプレーなどを確認して試合に臨んだ。結果は2敗ではあったが前日の意識の無さ、ボックスなどはある程度改善が出来内容としてはまずまずではあった。新たな課題としてはプレスに対する対応が出来ず相手にボールをとられてしまい失点を重ねていった。
今後はディフェンスの強化を重点課題において教えて生きたいと思います。子供たちもブログに記した「練習の心構え」「技術心得」をしっかり理解して「練習はうそつかない」を教訓に頑張って欲しいと思います。

さいごに余談ですがKコーチは「私が居ないと内容が良いじゃないか」といじけてました・・・ 
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ