2007/7/22  22:19

練習試合とbjリーグ  

今日(7/22)は朝9時〜12時までは俵田翁記念体育館にて岬恩田と練習試合を行った。先週の夏季練成会ではあまり思わしくない結果だったので其れなりに修正して望んだ。良かった点では攻めの面ではリングに向かって攻めることが出来た。その積極性がファールをもらえたり、シュートに結びついた。ディフェンスも頑張りはあった。今日ぐらいの失点であれば十分勝負できる内容である。しかし悪かった点ではオフェンス面ではボールミートをもっと動いてもらう。シュート確率が悪いし、イージーショツトを確実に入れる、ファーストブレイクに対して走らないなどの反省点があった。またディフェンス面ではルーズボールを見ている場面が多い(特にディフェンスリバウンド時)、1対1のディフェンスがあまい(簡単に抜かれるとアウトナンバーが出来てしまう)、後はボイス等の反省点があった。
琴芝 29−24 岬恩田
琴芝 28−22 岬恩田

午後からは宇部工高に宇部工高vs少年男子vs成年男子vsライジング福岡(bjリーグ)の強化試合を見学して勉強しにいった。レベルの高いゲームをみて子供たちには良い刺激になったことと思います(厭きてごそごそする子や居眠りする子もいたけど・・・)
試合後はプロの選手の人たちにサインをもらったり握手をしてもらったりで駆けずり回っていました。川面選手には「ガードの大事な面は?」という質問に対して「ゴールに向かって攻める事」とアドバイスをもらい「ドリブルが上手になるには?」に対しては「常にボールに触れること、色々なドリブルをたくさん練習すること」などまたシュートは沢山打てば打つほど入るようになり、ドリブルは沢山練習すればするほど上手になるけど大事なのは常に試合を意識して行う事が大事ですとアドバイスを頂きました。
又、ウム・スンミン選手にはポストプレーに対してミニクリニックを受けました。ポストプレーは足の使い方など身のこなしが大事ですとアドバイスをもらいました。
今日、見て教えてもらって学んだ事を各々が練習で実践してみて下さい。最初は出来ないとは思いますがやろうとしなければいつまでたっても出来ません。頑張ろう!

プレーの面ではないが当たり前の事が当たり前のように出来ない、自分中心で気づくことが出来ないなどハートの面がまだまだです。ハートをしっかりしないとバスケは上手になりませんよ。まずはハート面の改善をしよう。

今日は大林スポーツ杯の抽選会があった。初戦は厚東藤山で準決が上宇部です。リベンジできるように頑張ろう。

最後に今日から夏休みに入った。シンやリュウのTシャツにも書いてあったがこの夏が難関です。この夏にしっかり練習して更に強くなろう。

下記URLにその時の様子が掲載されています。
http://rizing-fukuoka.com/news.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ