2009/1/26  20:23

タツヤ杯新人交歓大会  大会結果

今年一番の寒さ中、西部体育館でタツヤ杯新人交歓大会が行われた。新チームの初試合みんな緊張の中大会がスタートした。

初戦の厚東戦、お互いに硬いのかなかなかシュートが決まらずつまらないミスにファールトラブル等が重なりリズムがつかめないが2Q目からは徐々に琴黒のリズムとなった。全員出場で快勝だった

準決勝の西岐波戦はジャンプボールから速攻でファールをもらいフリースローで幸先よく先行したものの1Qから4、5番のファールトラブルで6点のビハインド2Qはディフェンスを頑張り中盤に追いつくものの詰めが甘く8点差のビハインドで終了した。3Qはイージーシュートを決めきる事が出来ずリズムに乗れず、4Q目もディフェンスを頑張るもののオフェンスがいまいちで大敗でした。

2試合を通じてオフェンスではイージーシュートを決めれない、パスミスにドリブルミスなど沢山あった、ディフェンスでは足で守らず先に手が出てしまったり、ボールを取りに行く気持ちが強すぎて不用意に手が出てしまいファールトラブルになってしまったそれでもところどころに良いプレイもあったので常日頃から練習には目的をしっかり持って取り組んで欲しいですね


1回戦 琴芝黒石○42(8-1 13-2 10-5 11-8)16●厚東
準決勝 琴芝黒石●13(6-12 4-6 1-9 2-4)31○西岐波

3位の賞状ゲットでした
0

2009/1/11  20:49

バスケが上手くなるためには  技術アドバイス

無目的に速攻や5対5の練習に参加していませんか?

バスケットボールのそれぞれの技は、実戦に参加しているうちに突然できるようになるわけではありません。シュート・ドリブル・パスに加え1on1の技を個人練習でしっかりと身につけてから実戦に参加しましょう。5人で行う速攻の練習は、5回に1回しかボールは回ってきませんし、チームの戦術への対応力を身についても、個人技が上達するわけではないのです。

ノーイメージで練習していませんか?

集団の中で練習しているときでも「自分の順番が回ってきたから前の人と同じ動作を繰り返す」というだけでは上達効率はこのましくありません。自分の好きなプレーヤーや他の上級者がどのようなボディーコントロールで行っている動作かを、頭の中でしっかりイメージしながら練習したほうがはるかに上達効率は高くなります。

監督の出す練習メニューだけをこなしていませんか?
 
1度に試合に出られるメンバーは5人のみです。チームメイトもライバルであるといえます。他の人と同じ量のだけではライバルに勝てません。また、監督はあなた専用の練習メニューをオーダーメイドしてくれるわけではないので、あなた自身の課題はあなた自身が見つけ出さなければなりません。自分自身で課題を見つけて行う自主練は、ほかのどんな練習よりも効果があります。
(課題を持って取り組まない自主練は、シューティング7割ドリブル3割だけで終わりがちです)


まとめ

上達するためには、自分自身の課題をしっかりと念頭においた自主練が不可欠です。練習する際は身につけたい技術の使用シチュエーションや、成功イメージをあらかじめ頭に入れておくことが上達速度の向上につながります。またシュートフォームやドリブルフォームに関しては人それぞれ個人差があるため、基礎をしっかり押さえつつ、「自分にとって」正しいフォームを身につけましょう。
2

2009/1/5  21:46

中国ミニバス大会  

1/3〜5に岡山市で行われた中国大会に審判員として参加して来た。

試合の方は名池(下関)が優勝し全国大会への切符を獲得した。

山口県勢としては5年連続の優勝・・・山口県のレベルはかなり高い

審判の合間に色々な試合を見る中で色々と学ぶ事があった。これからの練習に生かして行きたいと思います。

みんなも一生懸命頑張って欲しいと思います
1

2009/1/1  14:03

2009年スタート  

新年明けましておめでとうございます。

いよいよ2009年がスタートしました。6年生の5人はミニバスは後2ヶ月足らず
悔いの無い様に多いに楽しんで欲しいと思います。

育成会の皆様へ
3学期は、新人戦、綱引・大縄跳び大会、会長杯、卒団式等行事が目白押しです。育成会員皆様にご協力いただくことで、子ども達にたくさんの思い出を残してあげることができます。役員を軸に一致団結して、ラストスパートをかけましょう。よろしくお願いいたします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ