2015/5/23

台湾からの修学旅行生と交流  授業・HR

 台湾からの修学旅行生と交流の第2弾。13時30分に学校に到着したのは台湾国立関西高級中学交流団(生徒32名、付添教師4名)の一行。福祉棟での歓迎式典が終了後、1年のクラス代表が福祉棟まできて4階の教室へとご案内。各クラスに台湾の生徒が4〜5名はいって、それぞれ趣向を凝らした「おもてなし」で交流を深めました。あるクラスは、「衣装(法被、柔剣道着、浴衣)」「漢字(日本と台湾で使っている漢字、数字)」「ケンダマ」「あやとり」「折り紙」の5つにわかれて、各班にひとりずつ入ってもらい日本らしさを体験してもらいました。入口にさりげなく置いていた「歓迎」のボードがよかったです。普通ならめったに経験できないことを通して、本校1年生は何かを感じてくれたはずです。

 放課後は、中国語を選択している本校生徒も加わり中国語で交流を深め、茶道部、和太鼓部、ダンス部の3つにわかれて、部活動も経験してもらいました。やっていくうちに本校の生徒、台湾の生徒もだんだん面白くなったのでしょうか、終了予定時間がかなりオーバーしました。最後に玄関前で記念撮影。こんな非日常の経験がきっかけとなって、両者が互いの国に興味を持って交流が深まればいいなあと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ