2014/9/24

地元の歴史04  図書室

今回は阪急崇禅寺駅の「コンクリート」について。
写真3枚の説明です。
(下)前回も紹介した昭和30(1955)年頃の崇禅寺駅。ホームの端に駅舎にいたるスロープがみえる。
(中)昭和32(1957)年頃の崇禅寺駅。同じく飛鳥人権文化センターのホームページに掲載されていたもの。この写真でもホーム端のスロープがみえる。
(上)現在の写真に当時の駅舎の位置を想像して赤線で描いたもの。

上記ホームページに、以下のような崇禅寺駅についての紹介がありました。

南方駅〜崇禅寺駅の間には、以前にはS字カーブがあり、通過速度が制限されていた。これを解消するため昭和30(1955)年に改良工事に着手し、同年、新路線への切り替えを果たした。これにより京都線のスピードアップが実現。崇禅寺駅にはかつて構内踏切があったが、都市整備の進行に合わせてお客様の数が増加したため、安全と利便性を重視して、昭和50(1975)年末に駅整備は地下道内に移された。

上の紹介文にもあるように、昭和50(1975)年末に、現在も淡路方面の下りホームで利用している地下道や改札口が完成したとのこと。
以上のことから、写真(下)(中)の駅舎やホーム端のスロープ、構内踏切はこのときに撤去されたと想像されます。
この駅舎とホーム端のスロープがあった部分に、現在の「コンクリート」部分が延伸されたホームとして増設されたはずです。

ということで、写真(上)で、昭和50(1975)年末より以前にあったスロープと駅舎、構内踏切の位置を想像して赤線で描いてみました。非常にみにくいですが、
(A)ホーム端のスロープ
(B)駅舎(駅舎は淡路方面の下りホームにしかなかったはず)
(C)駅構内にて梅田方面のホームへいくための構内踏切
ということになります。

次回は上の紹介文にあった「南方駅〜崇禅寺駅の間には、以前にはS字カーブがあり、通過速度が制限されていた」と気になる記述があったので、それについて探求したいと思います。○○・○・

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2014/9/24

民家へ向かいました  修学旅行

写真撮影も終わり、それぞれのグループが民家へ向かいました。

2014/9/24

昼食が済みました  修学旅行

写真撮影も終わり、それぞれのグループが民家へ向かいました。

2014/9/24

入村式&対面式  修学旅行



古宇利島に到着しました。
入村式で見事な琉球舞踊を観させていただき、
拍手?
このあと民家さんとの対面式&クラス写真撮影です。

2014/9/24

昼食が済みました  修学旅行

昼食を食べ終わり、民泊先に向けて出発です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2014/9/24

ただいま昼食中  修学旅行



無事那覇空港に到着しました。
31度という暑さに思わず、
「あっつ〜」
バスに乗っって、
那覇ショッピングセンターで待望の昼食です。
メニューは、沖縄そば&フライです。
そばもあっつ〜い温そばなので汗たらたらです。
小休止のあと民泊先に向かいます。

2014/9/24

地元の歴史03  図書室

阪急崇禅寺駅で撮影した写真3枚の説明です。
(下)現在の高架工事の様子を阪急崇禅寺駅の梅田方面ホームより淡路側を撮影したもの。
(中)同じく梅田方面ホームから淡路方面ホームを撮影したもの。赤の四角で囲んだ部分を注目してください。
(上)その赤い四角の拡大写真です。

写真(上)を見て。明らかにホームの土台部分が左右で異なります。
左(梅田寄り)の「古ぼけた石垣」と、右(淡路寄り)の「コンクリート」です。
ざっと見渡したところ「古ぼけた石垣」は現在のホームの半分ぐらいをしめており、約30mぐらいでしょうか。
「コンクリート」は、写真(中)の向こうに見える踏切あたりまで伸びており、約15mぐらいかな。

以下は阪急のホームページなどでまとめた崇禅寺駅の歴史です。
1921(大正10)年 4月 1日 北大阪電気鉄道十三駅〜豊津駅間開通と同時に開業。
1923(大正12)年 4月 1日 路線譲渡により新京阪鉄道の駅となる。
1930(昭和5)年 9月15日 親会社との合併により京阪電気鉄道十三線の駅となる。
1943(昭和18)年10月 1日 阪神急行電鉄との合併により京阪神急行電鉄(1973年に阪急電鉄に社名変更)の駅となる。

ということは、左の「古ぼけた石垣」は、おそらく1921(大正10)年4月の崇禅寺駅の開業当時のものと思われます。
1914(大正3)年に始まった第1次世界大戦で大戦景気となりバブルを謳歌した日本でしたが、1918年に大戦が終了、1920(大正9)年3月にバブルがはじけて戦後恐慌となります。思想面では大正デモクラシーの全盛時代。全国的に普選運動や労働運動が盛り上がります。
崇禅寺駅が開業したのはちょうどそんな頃。当時は今より車両は小型で車両数も少なく、「古ぼけた石垣」の約30mぐらいで十分でした。
1945(昭和20)年6月の大阪大空襲で崇禅寺駅周辺は壊滅的な打撃を受けて廃墟と化しましたが、その大空襲をものともせず「古ぼけた石垣」は生き残り、開業以来93年間もの長きにわたって、ホームの土台として活躍してきました。「古ぼけた石垣」に焼け焦げたあとらしきものがあるのは、アメリカ軍が投下した焼夷弾によるものでしょうか。

その後、車両の大型化と車両数の増加によりホームは延伸されましたが、どの駅をみても「古ぼけた石垣」を中心にして前後に延伸したことがうかがえます。

しばらくすると高架工事のよって崇禅寺駅の「古ぼけた石垣」は姿を消しますが、今もなお阪急の各駅に残っている「古ぼけた石垣」(もちろん柴島駅にもある)をみて、その駅や路線の歴史を調べてみてください。新たな発見があるかもしれません。

次回は「コンクリート」部分について、あれやこれやと想像したいと思います。○○・○・




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2014/9/24

2年生修学旅行  学校行事・生徒会

無事、沖縄に到着です。
ただいま、ターンテーブルで荷物を待っています。

クリックすると元のサイズで表示します

2014/9/24

39期生修学旅行  修学旅行

無事、出発しました。離陸で盛りあがりは修学旅行らしい光景でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ