2015/6/30

幕末もの大河ドラマ  授業・HR

 先日紹介した日本史Aプリント「若人よ、NHK大河ドラマは面白いぞ!!」を、マルチメディア教室にある通称「巨大プリンター」でカラー印刷して図書室前に掲示した。原版はA4でA1まで拡大できる。だいたい模造紙ぐらいの大きさか。図書委員による図書室だより『フロムB』も、この大きさに拡大して掲示してある。「巨大プリンター」も今となっては導入している学校も多いと思うが、数年前に本校に導入されたとき、「こんな便利ですごいプリンターがあるんや」と感動した。

 一番左に本物の写真を掲示したが、残念ながら吉田松陰、久坂玄瑞、西郷隆盛、沖田総司の顔は写真ではなく肖像画。吉田松陰や久坂玄瑞は致し方ないにしても、西郷と沖田の写真は絶対にどこかに存在しているはず。西郷の写真嫌いは有名で、我々が見慣れている西郷の写真は後年、弟の従道といとこの大山巌の顔を参考にしてお雇い外国人キヨソネが描いたもの。これを参考にして上野公園の銅像が完成したが、その除幕式で招待された西郷の妻が「夫はこんな顔でない」と涙したというから、本当の顔はどんなんやったんかなと興味深い。もしも発見されたら、おそらく1億円以上の値段がつくはず。

 若くして病死した沖田は、なぜか「爽やかなイケメン」のイメージがあるが、写真の肖像画は沖田の姉が自分の孫を「総司にどこか似ている」と言ったことから、彼をモデルに1929(昭和4)年に描かれたもので、実際の沖田を描いたものではないとのこと。もしかしたら沖田の場合は、実際の写真は発見されない方がいいのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/30

爽やかな初夏の雲  学校紹介

 昨日6月29日午前中の風景。息をのむような爽やかな晴天の空に、ジブリのアニメに登場するような雲が浮かんでいる。写真上から南東、南、南西方面をパノラマで撮影してみた。はるか向こうに梅田の高層ビル群がみえる。地図で計測すると、本校から梅田は約3.3kmの距離。今を去ること152年、1863年に実施された薩英戦争では、イギリスが所有するアームストロング砲は飛距離4kmを誇ったというから、もしここから砲撃したとしたら梅田界隈を越えてしまうんやと、改めて当時の武器のすごさを実感する。日本史の授業で「だいたい学校から梅田までが4km」と説明したので訂正しなければ。改めて地図で計測すると、学校から4kmとは、阪急豊津駅、相川駅、京阪の滝井駅、淀屋橋、難波橋など土佐堀川あたり、JR塚本駅などなど。今後の授業の参考にしたい。

 手前に見える緑色の屋根は、本校の福祉棟。看護や介護を志望する生徒が選択する「基礎看護」「成人看護」「人体と看護」「疾病と看護」「社会福祉基礎」などの授業が行われる。介護用のお風呂設備やトイレ、ベッドがあり、生徒同士で介護しあったりする実習などがある。部活動用のトレーニングルームもここだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/30

絶妙な配置  授業・HR

 先日ブログにもあった音楽図画工作で作成されたペーパーレリーフのカレンダーの作品をみて、つくづく目や口のパーツの位置で表情が変化するんやと感心した。特にこの3作品は絶妙な表情をしており、これをみた保育園や幼稚園の生徒はその豊かな表情に魅せられるのではないかと思う。もしも目の位置が1ミリでもずれていたら、また違った印象になるのだろう。進路希望が保育系の生徒がこういう授業を選択することにより、早い時期から自分が向いているか向いていないかがわかる。これも総合学科のメリットかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/29

淀川キリスト教病院  学校紹介

 本校のすぐ近くに淀キリが建設されてはや3年。今やすっかり当然の風景として本校のすぐ近くに鎮座する総合病院だが、移転前は正門から阪急柴島駅までの道は人通りもなくさびしいものだった。正門前の道の交通量は今の1割程度。移転後、最寄りの崇禅寺駅や柴島駅の利用客が飛躍的に増え、学校前の道には市バスが走るようになった。

 現在午後8時。以前なら真っ暗なグラウンドの向こうに阪急電車の音しか聞こえなかったが、4階教室からみた淀キリは今日も明るく光り輝いており、多くの人々がこの中で働いているのかと思うとなぜか安心する。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/29

保護者懇談会  学校紹介

 本日より今週5日間は午後カットで保護者懇談会。クラスによって異なるが、今週で40名全員の懇談を実施するとすると、1日平均8名。ひとりがだいたい20〜30分として、途中休憩がないとすると「25分×8=200分」=「3時間20分」もぶっ続けでしゃべり続けることになる。

 12時45分に4眼目が終了。担任は急いで帰りのSHRのためにHR教室に向かう。担任の中には運の悪いことに午前中に4時間連続をしている先生もいる。SHRでなんやかんやして気がつけば13時。急いで昼食を食べて教室の準備などをしてたらすぐに時間は経過、最初の懇談時間の13時30分が目前だ。自分の経験では余裕をもって14時ぐらいから開始するのがいいかもしれない。4人連続して懇談して、10分程度の休憩をはさんで4人連続というのが理想的か。

 進路決定を控える3年生の担任の先生方は、各人の進路、例えば就職、幼児教育、看護、介護、理学療法、美容師、パティシエ、トリマー、美術、アニメ、声優、外国語、専門学校、短大、4年制大学などについて知っておかねばならない。多様な進路希望に対する対応が求められる。それが総合学科である。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/29

懇談週間です。  進路

梅雨の中休みか、今日は良い天気です。

午後から懇談でご来校下さる保護者様もいらっしゃるかと思います。
進路指導室前に、ご自由にお取りいただける進路情報誌コーナーを設けました。

また、進路指導室には各進学先のパンフレットや募集要項等も用意してありますので、是非ご活用ください。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/28

6月28日日曜日 野球部練習試合  クラブ

本日は、大阪市立高校と2試合をしました。

爽やかな風と、時折雲の広がる晴れの日の下、プレーしました。



1試合目は、延長11回の末、4対3で勝ちました。


バッティングでは、待望の東野くんのホームランが出ました。
高橋くん、石橋くん、佐川くんにツーベースが出ました。


守備では、4石橋くん→6坪井くん→3中野くんのダブルプレーが2回出ました。

勝利投手は東野くんで、完投しました。



2試合目は、5対2で勝ちました。


バッティングでは、坪井くんにスリーベースが出ました。
八回の裏は、打線が繋がり、良い攻撃のリズムが作れました。


守備では、佐川くんがキャッチャーからの送球で、走者を何度もアウトにしました。


投手は、中野くん→石橋くん→大前くんのリレーでした。
勝利投手は中野くんでした。



最後まで諦めずに、集中力を保ち続ける強さを、相手チームから学びました。
チームが一丸となる力を、これからの一戦一戦でさらに磨きをかけられるよう期待します。


本日、多くの保護者の皆様にお越しいただいたこと、深く感謝いたします。
本当にありがとうございました。

この次も応援よろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/28

幕末もの大河ドラマ  授業・HR

 「若人よ、NHK大河ドラマは面白いぞ!!」と題して、写真のような両面印刷のプリント2枚を作成した。過去に放映された幕末ものの中から最近の4つ、「新選組!」「龍馬伝」「八重の桜」「花燃ゆ」を選び、それぞれの役を誰が演じたかを写真で表現。これをみて興味がわいたら、近所のレンタルビデオ屋にいって借りてみてほしい、教科書を読むよりこっちの方がはるかに印象深く時代の流れが理解できるのではないかという企画だ。

 一番左には実際の写真を掲載した。幕末の授業での面白さのひとつに、活躍した人物の実際の写真が残っておりそれを生徒に紹介できることがある。去年授業で新選組の土方歳三にほのかな恋心を抱いた女子生徒がおり、幕末の歴史に興味を持ったようで熱心に授業をきいていたが、体調不良で欠席となるうちに、授業で土方は箱館にて戦死してしまった。実際土方は祇園や島原でモテモテだったようで、いつの時代でもイケメンは女性のハートをつかむんやと感心した。

 あくまでも自分の感想であるが、4作品に「篤姫」を加えた最近の幕末ものの中では、「龍馬伝」が一番印象に残っており、配役、映像表現、サントラなどすべてにおいてよかったと思う。坂本龍馬を福山雅治が演じることに少々の違和感はあったが、岩崎弥太郎役の香川照之、高杉晋作役の伊勢谷友介、近藤勇役の原田泰造の演技は、従来の大河にはなかった映画的なドラマ性、見る者をあたかも当時の街角にいるような感覚にさせる真実味があったように思う。視聴率は「篤姫」に及ばずNHKとしては期待はずれだったようだが、この夏休みにでも生徒にいった手前、自分も近所のレンタルビデオ屋で借りまくって、久しぶりに全編を鑑賞しようと計画している。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/28

野球部練習試合  クラブ

 本日6月28日(日)。甲子園球場より広いグラウンドで野球部が練習試合をしていた。グラウンドの端に咲いている白爪草の上で、両チームの保護者と思しき十数名の方が自宅から持参したベンチなどにすわって観戦。3年生の保護者からすれば、引退を目前に控えたこの時期、我が子の頑張っている姿を脳裏にとどめようとわざわざ来校されたのだろう。

 ブログによれば初戦の相手は春日丘高校。府立で数少ない甲子園出場校であり、そう簡単に勝てる相手ではないことは自分も知っている。しかし、新入生12名(マネージャー3名含む)が入部し、校内・校外の清掃や挨拶運動など、野球部が練習以外でも常日頃から頑張っているのを見ているものとして、なんとか頑張って初戦突破してほしい。7月15日(水)12時より豊中ローズ球場にて実施される初戦。もちろん授業中でもあり全校あげて応援することはできないが、このブログをみてくれた保護者や卒業生がひとりでも多く応援に駆けつけて、柴島高校野球部に勝利の女神が微笑んでくれることを祈るばかりだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/28

論文  授業・HR

 以前ブログでも紹介した「遅刻」をテーマに論文に取り組んでいる生徒が作成したポスター。このメッセージはもちろん本校生徒に向けたものであるが、この文言をみてこちらも身が引き締まるというか自分のこれまでの授業を反省するというか、なぜかそんな気持ちになる。

 わずか1回の授業を受けなかったことで、プリント提出や宿題提出がおくれ平常点がゼロになったり、テストの出題範囲を聞きそびれて点が悪かったり・・・。その結果、普通なら評定「4」のところが「3」になり、評定平均が「0.1」下がり、指定校推薦や一般推薦を受験できず志望校に入学できなかった。そんな表面的・現実的な意味だけではないように思う。

 毎日の授業を教える側にとって授業は日々日常の仕事であり、ともすれば授業以外の仕事量の多さにエネルギーを取られてルーティーンワークに陥ることもある。しかし、生徒側に立てば、その授業をきっかけにその教科・科目や内容に興味を持ち、それが彼・彼女の一生の進路・職業を決める重要な要因になるかもしれない。こちらからすれば何気ない授業中に発した言葉が生徒のハートに突き刺さり、生徒の生き方や進路を、ポジティブにそして時にはネガティブなものにする重要な一因になることもあるのだ。

「先生方はそんなこともあるということを、心のどこかにとどめて授業してくださいよ」

 このポスターはそんなメッセージを知らず知らずのうちに発していると思うがどうだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/28

コスモス群生一歩手前  学校紹介

 校内某所で実験的に種をまいて育てていたコスモスが、そろそろ群生の気配を見せている。風になびくコスモスの茎は一見か細く頼りなげだが、さわってひっぱってみると驚くほど地面にしっかりと根ざしてたくましい。何度も書くが、あんなちっぽけな種がわずか2か月ほどでここまで育つとは、本当に植物が持つ生命力に驚くほかない。「明日はどれだけ開花するかな」と毎日この前を通るのが楽しみだ。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/27

6月27日土曜日 野球部練習試合  クラブ

本日は、園芸高校と2試合をしました。

湿度の高い、曇り空の下、プレーしました。



1試合目は、2対1で勝ちました。

バッティングでは、中嶌くん、佐川くんにツーベースが出ました。


守備では、三塁までランナーが何度も出ましたが、抑えました。
スクイズを阻止したり、ツーベース性のレフトへの当たりをセカンドでバッターランナーをアウトにするなど、素晴らしい動きがありました。


投手は東野くん→中嶌くんのリレーでした。
勝利投手は中嶌くんでした。



2試合目は、13対3で負けました。


投手は、中川くん→武智くん→大前くんのリレーでした。



一試合目は、緊張感のある試合ができました。相手チームも集中して、大会のような雰囲気を作っていたように思います。

二試合目は、チームとしての課題が見えたと思います。大会までの時間を有効に使って、もっと成長したいと思います。


応援よろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/27

ママさん顧問  クラブ

 本日午前より男女ハンドボール部の合同練習。写真中央でうら若き乙女のようにこちらに手を振っているのは、ハンドボール部を7年前に創設した体育科のK先生。8年前に赴任してすぐに自分の専門であるハンドボールの同好会を立ち上げ、雑草が生い茂っていたこのエリアの草抜きからスタートした。炎天下の中、大きなつばの麦わら帽子をかぶって、もくもくと雑草を抜いていた姿を思い出す。最初は試合に出場するのもままならず他の部からの助っ人に頼ることもあったが、徐々に部員も増えて活性化したクラブは、ついに女子が2012年度夏の大阪総体で府ベスト8を勝ち取るまでに成長した。

 途中産休や育休をはさんでこの4月に復帰したK先生は、ご主人や実家のサポートを得て、ときにはコートサイドで赤ん坊の長女を背負いながら部員に対して叱咤激励のゲキを飛ばしている。多くの部員やマネージャーのアイドル的存在であるこの長女は、幼い時から母親の熱心な仕事ぶりを文字通り肌で感じながら成長する。おそらく同世代の誰よりもたくましい人間に育つに違いない。

 先日、ハンドボール部ホームページの更新を試みたK先生であったが、何らかの理由で失敗。現在、そのプロフィールや戦績をホームページから伺い知ることはできないが、近日中にホームページを一新する予定なので、そこでハンドボール部に関する詳細を見てほしいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/27

硬式野球部 夏の大会 初戦決定  クラブ

6月26日金曜日 組み合わせ抽選会が行われました。

7月15日水曜日 12時試合開始予定です。

場所は豊中ローズ球場です。

対戦校は、春日丘高校に決まりました。

残念ながら平日の授業日のため、学校の皆さんの応援は来てもらません。

精一杯力を尽くして、次に応援に来てもらえるようにします。

応援よろしくお願いします。

2015/6/26

1年生待機  クラブ

 軽音楽部1年生の面々が音楽室の個室にてバンド練習をすべく、廊下で順番を待っている。中には音を鳴らさずエアで熱心に練習しているバンドもいる。それにしてもかなりの数だ。部員100名以上の大所帯をまとめている顧問のご苦労には、本当に頭が下がる。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ