2015/7/6

7月5日日曜日 野球部練習試合  クラブ

本日は、朱雀高校と試合をしました。


時折雨模様で、風の吹く中、プレーしました。



試合は、15対0で勝ちました。


バッティングでは、仲野くんにホームランが出ました。
白濱くん、石橋くんにツーベースが出ました。



守備では、全体に引き締まった動きでした。
6坪井くんが深いショートゴロを捌き、9高橋くんのライト前フライのダイビングキャッチなど、良い場面がたくさんありました。



投手は中野くん→東野くん→中嶌くんのリレーでした。
勝利投手は中野くんでした。


一回の裏は、6本のヒットを含む打者一巡の猛攻で一気に6点を挙げました。

大会での応援歌をマネージャーが中心となって披露し、保護者の皆様にも協力いただきました。

大会前に、リズムの良い動きが確認できて、また気合いをいれられました。

改めて、保護者の皆様の応援の力を感じました。


この次、大会も応援よろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/7/6

吹奏楽部  クラブ

 昨日7月5日(日)音楽室にて吹奏楽部の練習風景。7月30日(木)大東市サーティホールで実施される大阪府吹奏楽コンクール北地区大会に出場すべく、3年生を中心として部員24名は連日の練習に励んでいる。たまたま学校に来て職員室にいた面々が音楽室に呼ばれて、本番で演奏する曲を我々の前で披露してくれた。冒頭に部長の挨拶があったが、我々の他に去年の卒業生4名が観客席にいたこともあったのか、途中で感極まって涙ぐみそうになっていた。このメンバーで演奏するのもこれで終わりだ、3年は引退だ、そんな思いが頭をよぎったのかもしれない。

 いざ演奏が始まると、その真剣な姿に思わず「かっこええやんか」「自分が演奏できる楽器はカスタネットぐらいか」「そういえば自分の高校時代にこんな真剣になる時はなかったなあ」と生徒に対してジェラシーさえ感じた。若者が真剣に何かに打ち込んでいる姿は、いつ見ても清々しくいいものだ。授業ではいま一つそんなジェラシーを感じることはないが、自分のできないことを上手に真剣にやっている生徒の姿は神々しい。授業での彼や彼女しか知らなかったが、明日以降見る目が変わりそうだ。部活動の意義はそんなところにもある。

 吹奏楽部、頑張ってます。応援よろしく。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ