2015/11/7

我、しつこくデジカメで撮影す!!    クラブ

 3枚連写でベストな写真を選んだら、かなり躍動感のあるものが撮影できることが判明。自分が最も期待していた「ハイスピードカメラ」はまだ使いこなせていないが、撮影方法を習得したらフォームのチェックなどに利用してもらえそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 最後にバドミントン部恒例の厳しい訓練を「タイムラプスムービー」で紹介しよう。コート中央に6つシャトルコックを並べて、それをひとつひとつコートの四隅と両側中央の合計6カ所に置き、それをまたもとの位置に戻すというもの。これを1分以内にやらねばならない。部員によればむちゃくちゃきついらしい。

 がんばれ、バドミントン部。撮影間隔は0.5秒で撮影時間は3分。それを18秒のムービーにしました。

cimg0199.mp4

2015/11/7

我、またまたデジカメで撮影す!!  クラブ

 今日の午後のグラウンド。まずはなんもなし。グラウンドへの道の桜が赤く染まっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 ズームしてみる。

クリックすると元のサイズで表示します

 さらにズームしてみる。若き教師がピッチャーをやっている。元気やなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 さらに奥の野球部にズームイン。部員がノックをしている。

クリックすると元のサイズで表示します

 さらにズームしてデジタルズームの領域に入ったが、ボールがくっきりではないが見えているのには驚いた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 撮影場所は2年7組すぐの非常階段より。おそらく200m近く離れているだろう。おそるべし、最新のデジカメ。しかも3万円以下。

 デジタルカメラ業界は、スマホにおされて販売台数が世界的にも減少気味らしいが、技術力の高い日本製が高いシェアを占めている。

 国内向けでは、キャノン、ニコン、ソニーが3強らしいが、担当者のデジカメは3強ではない会社のもの。デジカメ売り場に行っても、会社の数が多すぎてどれを買ったらいいのかよく分からない。とにかく8年ぶりにデジカメを購入して、そのあまりの進化に驚愕した。

 もちろんHDMI端子があるので、教室のPJに直接つないで生徒に見せることもできる。嬉しい。

2015/11/7

我、デジカメで撮影する  学校紹介

 屋上より学校前の飛鳥橋踏切と柴島駅を撮影。

「ミニチュア」 「一部をぼかし、ミニチュアの模型のように仕上げます」とあるように、まるでジオラマの世界を見ているような錯覚におちいる。

クリックすると元のサイズで表示します

淀キリの駐車場と柴島駅。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 最後は、飛鳥橋踏切のタイムラプスムービー。撮影時間6分30秒を20秒に短縮。土曜日の午後でこの交通量。ただでさえでも5方向からの自動車や自転車がかち合う危険な場所に、淀キリが完成して交通量が増え、路線バスも走っている。

 生徒諸君はここを渡るときは、「石橋をたたいて渡る」ぐらいの用心深さが必要だ。マジで注意されたし。

cimg0060.mp4

2015/11/7

我、デジカメを購入す!!  クラブ

 昨日個人的に某社のデジカメを某家電量販店にて「27,550円(税込)」で購入した。いろいろ撮影を楽しむことができるタイプで、学校というところはそのモデルや材料に事欠かない。日本の技術力にただただ驚くばかりである。

 おもちゃを買ってもらった幼子のようなウキウキした気分で、体育館で練習試合をしていた女子バレーボール部を撮影。昨日買ったばかりなので手探り状態の中での撮影だったが、このデジカメの最大の購入ポイントである「ハイスピードムービー」をどうしたら撮影できるか分らずじまいのまま撮影終了。残念。

 とりあえず撮影したのを紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

 「ベストショット」のスポーツモードでシャッタースピードが速いはずなのに、まったくだめ。せっかく肘がまっすぐ伸びでいいフォームをしているのに残念。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 「HDRアート」 「従来の写真表現を超えた作品が作れます」とあったが、今一つスポーツにはそぐわないかな。

クリックすると元のサイズで表示します

 「ライトトーン」 「コントラストを弱めに、上品で落ち着いた雰囲気に仕上げます」

 よく身体が反り返ってその反動で強いスパイクを打つことができる。全員がボールに集中して重点が前になっており、ブロックされてもすぐに対応ができる。

 自分は素人で分からないが、後ろに一人残る必要はないのか?

クリックすると元のサイズで表示します

 俺はこんな写真のくっきりはっきり静止したのを撮影したいのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 「フィッシュアイ」

クリックすると元のサイズで表示します

 「宙玉(そらたま)」 この会社独自の個性的な表現のようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 体育館のギャラリーから見た校舎のパノラマ写真。これもシャッターを押したまま横に移動しただけ。後は勝手にデジカメがやってくれる。昔と比較したら考えられない機能だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 最後に「タイムラプスムービー」。撮影間隔・枚数を任意に設定し、一定間隔で静止画を撮影できる機能で、本来ならば早朝や夕刻に撮影するとその変化ある動画が撮影できておもしろいのだが、あいにく今日は曇天。女子バレーを撮影したらどうなるかやってみた。

 撮影時間 5分 撮影間隔 0.5秒に1枚 再生時間 30秒 容量 53MB

 これを圧縮して2MB以下に落としてアップしました。晴れた日に、日の出から登校までの風景を「タイムラプスムービー」で撮影してみよう。

cimg0007.mp4

2015/11/7

第20回近畿地区高等学校中国語弁論大会  クラブ

 第20回近畿地区高等学校中国語弁論大会に本校生徒が出場しました。
クリックすると元のサイズで表示します

中国文化研究会の生徒は中国語での司会を担当しました。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ