2016/1/11

ケイオン、バンドフェスに参加する!!   クラブ

 本日神戸三宮の神戸朝日ホール(神戸朝日ビル4階)にて、「高校生バンドフェス2016 in 関西エリア」決勝大会なるイベントに午後より付き添う。参加高校は13校。年末のスニーカーエイジと比べて会場は小規模だが、500人あまりの聴衆で会場は熱気に包まれた。

 我がケイオンは本番4番目の演奏で、オリジナル曲「ハート」を披露。最後の表彰式では、ベストプレイヤー賞として我が校のベーシストが選出された。

 なんと、2月28日(日)16時より「高校生バンドフェス決勝大会」の模様を関西のJ:COMチャンネル(地デジ11ch)全エリアで放送するという。時間があれば一度見てやってください。

 神戸旧居留地にある同ビルの前身は、1934(昭和9)年に神戸証券取引所として建築され、戦後に映画館を擁するオフィスビルとなった「神戸朝日会館」。阪神大震災の前年の1994年に、その重厚な美しさを下層部に残しながら地上25階の高層ビルとして生まれ変わった。

 休憩時間を利用して、旧居留地や東遊園地の周辺を散策する。我がケイオンの写真とあわせてお楽しみください。21年前の1月18日の混乱、喧騒、サイレン、砂ぼこりがウソのような穏やかな天気でした。

 神戸朝日ビル 大阪方面から来る生徒諸君にとっては、JR元町駅からよりもJR三宮駅からの方が安くて近い。覚えておくように。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(下)神戸市役所の南 東遊園地にある「1.17希望の灯(あか)り」 以下はその碑文

1995年1月17日午前5時46分 阪神・淡路大震災
震災が奪ったもの命 仕事 団欒 街並み 思い出
・・・たった1秒先が予見できない人間の限界・・・
震災が残してくれたもの やさしさ 思いやり 絆 仲間
この灯りは 奪われた すべてのいのちと
生き残った わたしたちの思いを むすびつなぐ

クリックすると元のサイズで表示します

(下)「慰霊と復興のモニュメント」 個人や企業、団体からの寄付金で市が2000年に建てた。阪神大震災の犠牲者の名前が円形の壁面に刻まれている。現在4971人の名前がある。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(下)神戸市立博物館 1982(昭和57)年に開館。建物は、1935(昭和10)年に、外国為替を取り扱う横浜正金銀行の神戸支店として建設され、戦後は東京銀行神戸支店として使用されたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

(下)神戸旧居留地十五番館 旧アメリカ合衆国領事館。旧居留地に唯一現存する居留地時代(1868年〜1899年)の建築物で、国の重要文化財にも指定されている。阪神大震災では全壊したが、元の建材を利用して3年後に再建された。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/1/11

バドミントン部 冬季大阪府大会  クラブ

1/9,10,11は公式戦でした。
バドミントンの公式戦では、体育館で8面のコートを使い、朝の9時から夕方の5時、6時頃までに約250もの試合が行われます。
選手は、1試合目に勝利すると次の試合まで2〜3時間待たなければなりません。
試合は15点の3ゲームマッチで行われ、1試合は約10分から15分かかります。
この試合時間が長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれかもしれませんが、高校生たちはこのために普段から何十時間も練習し、トレーニングを積んでいます。
連休はシングルスの試合が行われ、勝ち上がった選手は5名でした。
来週からはダブルスが始まります。1ペアでも多く勝ちあがれるように頑張ります!応援よろしくお願い致します。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/1/11

写真部撮影会 近江八幡(2)   クラブ

 一昨日、写真部撮影会が実施された滋賀県の近江八幡市は、1580年代に豊臣秀吉の姉の息子、要するに甥の豊臣秀次が建設した城下町を基礎とし、江戸時代に「近江商人」発祥の地として商業都市として発展した。

 「近江商人」とは、鎌倉から昭和の戦前にかけて近江をベースに全国的に商業活動を展開した人のことで、現在の大企業の中にも近江を起源にしたものが多い。例えば、大丸、高島屋、伊藤忠、丸紅、双日、兼松、東洋紡、東レ、ワコール、布団の西川産業、日本生命など枚挙にいとまがない。

 江戸時代の風情が残る町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、1年を通じて多くの観光客を集めている。

 また、八幡商業の英語の教師として赴任したウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計による洋館が多数残っており、白壁・赤の弁柄格子・八幡堀などとよくマッチしている。彼は建築家でありながら、ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)の創立者の一人としてメンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家でもある。

 生徒諸君がもしも訪問する機会があれば、駅前でレンタサイクルを借りるのが一番機動力があってお勧めだ。重要各所はもちろんのこと、健脚は八幡堀の終点・琵琶湖や水郷地帯まで足を延ばして四季折々の風景を楽しむのもいいだろう。1日500円程度の格安値段だ。

 徒歩ではしんどいが、近くに休暇村近江八幡があって、キャンプ場でバーベキューもできるみたいだ。遠足で行くとしたらバスが一番かな。


 保健室前のロウバイも、これぐらい咲き誇ってほしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 年配の教師しか知らない有名過ぎる広告がまだ残っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 近江八幡の中心地、日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)の入口にある灯籠。「寶暦(宝暦)十二年」=「1762年」に奉納された。10代将軍徳川家治の頃で、田沼意次による商業を重視した改革がおこなわれていた時代だ。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 和菓子「たねや」の洋菓子部門と言っていい「クラブハリエ」の奥にあるイングリッシュ・ガーデン。いろいろな花が咲き乱れた上品な庭だった。

クリックすると元のサイズで表示します

 八幡堀

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 近江兄弟社メンターム本社 生徒諸君でリップを使っている人もいるはず。

クリックすると元のサイズで表示します

 中心街をすぎると、急に人通りもなくなり鄙(ひな)びた感じになる。田園地帯を流れる水路に沿って琵琶湖まで歩くことができる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 琵琶湖の夕景

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 帰途は近江八幡駅まで歩く。白鳥川に沿ってサイクリングロードが完備されており、桜並木が永遠に続く道だ。是非とも春桜満開のころに訪れたい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ