2016/1/22

生徒会ニュース アミティエ豚汁大会  学校行事・生徒会

 生徒ロッカー室に掲示されている生徒会ニュース。新メンバーのそれぞれの紹介のほかに、部活動紹介をメインとした次号の予告と、来週1月26日(火)の放課後に実施されるアミティエ&共生推進委員会主催「豚汁大会」の紹介があった。

クリックすると元のサイズで表示します

 アミティエ生徒9人と各クラス共生推進委員のコラボ企画「豚汁大会」は、毎年この時期に実施される恒例行事で、会議室に大勢の生徒が集まり、アミティエ生徒9人や共生推進委員が自作の豚汁をふるまう。こういった行事を通じて、アミティエ生徒は人に喜んでもらうことや大勢で協力して作業することの楽しさを学ぶとともに、本校が創立以来重視してき「共生」がさらに深まるのである。

 毎年盛況なので用意された豚汁はすべて出払うが、今年も会議室から漂う豚汁のにおいを楽しんでほしい。

 以下アミティエ教室の前に掲示されていた「豚汁の詩」(アミティエ作)

クリックすると元のサイズで表示します

皆で作るおいしい豚汁。
あたたかい豚汁で体も心もぽかぽか。
豚肉、ネギ、大根、空良の嫌いなにんじん。
そしてもちろん味噌。
切って、鍋に入れて、煮る。
優しい気持ちで混ぜます。
冬の寒い日にはぴったり。
ピザもいいけど、冬の寒い日には豚汁がぴったり。
きっと、アナも大好き。
「豚汁!そういうの大好きだ」
でも、オラフが食べたら溶けてなくなりそうだけど、机、いすをならべて、おはしにプラスチックのおわん。
すぐに満員になる会議室。
「おいしかった」「ありがとう」「どういたしまして」「来年も作るよ」
作った人も、食べた人も、皆、笑顔。
皆、いい気持ち。
アミティエ作 祐樹書く

2016/1/22

学校環境改善 食堂  学校紹介

 冬の寒さも本格的になった今日この頃。食堂で働いているおばさんに「先生、ストーブ入れてくれませんか」「生徒が寒そうでかわいそう」と言われ、ストーブ設置の正式要請を受けた。

 食堂を調べてみると壁に沿ってガス栓が数か所あり、関係者に了解を得た上で、視聴覚教室の後ろに保管されていたストーブ数台のうち2台を食堂に移動、入口付近とその対角線上の一番奥に設置した。

 ストーブが2台入っただけなのに、食堂の空気がしんしんとした冷たさからほわっとした温かさに変化した。なぜもっと早く設置せんかったのかと悔やまれる。生徒諸君はしっかりストーブ使用のマナーを守り、次年度も食堂に設置できるように気をつけられたい。決してストーブの上でパンなどを温めないように。

 今回は食堂で働いているおばさんの要請だったが、生徒諸君がこのような要望や提案があれば、担任の先生や生徒会を通じて伝えればいいのだ。学校の環境改善は、教職員、保護者、生徒がそれぞれの立場から意見を出しあって初めていいものが追求できる。

 「校内のトイレをすべて新しいものにする」など途方もない要求は無理だが、多くの生徒がその恩恵を受けるならば、学校側は生徒から出てきた自発的な意見には耳を傾けるものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 おまけ つい先日まで新月と思っていたのに、もう満月に近づいている。今日は月齢「12.1」で明後日の24日が満月。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ