2016/8/4

水泳部報告  クラブ

3年生の引退試合となる北摂大会が行われました。

多くの自己ベストが出たほか、特に女子の活躍で、個人、団体計5枚の賞状を頂きました。

女子は総合3位という素晴らしい団体成績でした!!

3年生は有終の美だったと思います。応援いただいた皆様、ありがとうございました。

何と言っても、今回は山の手にある屋外プールでの開催。マムシ注意の入った要項にびっくりしましたが、当日の注意では、スズメバチの巣やアライグマの出没も追加されました。幸い遭遇はせず。

灼熱のプールサイドは44℃という、炎天下の大会。係の生徒、先生も汗だくの1日でした。心配された熱中症はなさそうです。

明日はオフで、あさってに引退の挨拶も含めたミーティングをして、代替わりになります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/8/4

ダンス部、ビデオで登場  クラブ

 昨日のブログで「動画に登場している可能性は高いですが、年配の担当者は全員が同じ顔に見えるので確証はありません」「一度ご覧ください」と書きましたが、本日顧問に聞くと柴島ダンス部はちゃんと映ってました。

 以下のホームページで公開されている動画をご覧ください。

[ DANCE CLUB CHAMPIONSHIP vol.3 ]

○「54秒」あたりで、頭バンダナ、迷彩服的な衣装を着ているグループ。
○「1分9秒」あたりで、座席に座っている生徒たち。
○「1分59秒」あたりで、座席から手を振っている生徒たち?
○「2分15秒」あたりで、出場チームが並んでいる中の左から3番目。
○「2分42秒」あたりで、座席で祈っている。

 おそらく以下のホームページにて、近日中に今大会の動画がアップされるはずだ。特別賞を受賞した柴島も登場するはず。お楽しみに。

[ DANCE CLUB CHAMPIONSHIP vol.4 ]

2016/8/4

昨日の世界の気温  学校紹介

大阪 35 「相変わらずガンガン頑張ってます」

ニューデリー(インド) 35
ムンバイ(インド) 29

カイロ(エジプト) 38
リーブルヴィル(ガボン) 27 「赤道に近い中央アフリカやのに」「うらやましい」
アルジェ(アルジェリア) 33
ダカール(セネガル) 31

ドバイ(UAE) 42「さすがです」「ほんまここすごいです」
メッカ(サウジアラビア) 40「ここもさすがです」「こんな気温でも巡礼に行く人がいるのでしょうか」
テヘラン(イラン) 35 

2016/8/4

1年生の教室をのぞくと…  授業・HR

文化祭の準備をしていました。
まだまだ何ができるかわかりませんが、少人数ながらがんばって取り組んでいたり…休憩しつつ遊んでいたり…
効率は少し悪そうでした(笑)
1年生ははじめての文化祭でわからないことも多いでしょうが、
やれることから協力してどんどんやっていってほしいですね。

写真は撮っていませんが、別のクラスでは友達と宿題をしている人もいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/8/4

硬式テニス部 3日間の強化練習  クラブ

男女硬式テニス部では8月1日〜3日の3日間、強化練習を行いました。

練習は一日中。早朝練習、午前練習、午後練習の3部構成です。

基礎練習から始まり、部内戦のほか、茨木高校、槻の木高校と一緒に練習も行いました。

まずは入念にストレッチから
クリックすると元のサイズで表示します
練習中
クリックすると元のサイズで表示します
練習メニュー一覧表
クリックすると元のサイズで表示します
昼食もみんな一緒に
クリックすると元のサイズで表示します
2日目のお昼は冷やし中華
クリックすると元のサイズで表示します
ファイトー
クリックすると元のサイズで表示します

この3日間、個人、チームともパワーアップしたこと間違いなし。
暑い中、お疲れ様でした!

2016/8/4

社会科教師の資格なし!!  学校紹介

 最近「世界の気温」について語り続けているが、要するに夏の大阪は世界でも指折りの高気温地域であることを生徒諸君に知ってもらい、熱中症予防の周知徹底をはかるという目論見があった。

 ところが、その説明の過程で社会科教師として恥ずべき不見識があったことが分かった。

 昨日のブログで「昨日もまた大阪は人口密集地としては世界最高レベルの気温だった」「インドや赤道直下の都市よりも暑かった」と書いたことは間違いではないが、「世界の高気温地帯」のある地域を完全に忘れていた。

 西アジア、いわゆる「中東」である。

 昔の世界史はヨーロッパを中心になんでも考えたので、ヨーロッパからみて「東の極み」である日本や朝鮮半島などは「極東」と呼ばれた。

 それに対して、イランやイラク、サウジアラビアなど西アジア(大半がイスラム教/大半がアラブ人/その他にトルコ人やイラン人/気候はおもに砂漠気候)は、ヨーロッパからみて「東でも中ほど」の「中東」と呼ばれた。

 社会科教師として迂闊(うかつ)であった。夏の砂漠地帯の熱さは尋常ではない。そして夜の気温との温度差はすさまじいものがある。

 ネットで調べてみた。

 期待通りというかなんというか。尋常でない数字のオンパレードだ。ありがとう「中東」。君たちのおかげでまだ大阪の気温がマシに思えるよ。

 それにしてもすごい。映画「ミッション・インポッシブル」にも登場した世界最長のビル「ブルジュ・ハリファ」(828m)のあるアラブ首長国連邦第2の都市「ドバイ」は、人口244万人と大阪市(266万人)とさほど変わらん人口が住んでいるにも関わらず、昨日の最高気温は「45度」、最低気温「32度」というすさまじさであった。

クリックすると元のサイズで表示します

 これからは上記「ドバイ」に加えて、イスラム教の聖地・メッカと、イランの首都テヘランの3地点を比較対象とすることにした。お楽しみに。

 ちなみにサッカーW杯の開催国は、2014年ブラジル、2018年ロシアだが、2022年はどこに決まっているか生徒諸君は知っているか?

 自分で調べてみてください。ヒントは中東。びっくりします。なんで開催国に選ばれたのか理解できません。こんなところで普段とおり6月から7月に日中試合したら、確実に22人全員熱中症になって試合続行不可能になります。南米出身の選手はどうか分かりませんが、ヨーロッパの選手は絶対アカンでしょう。もしかしたら夕方から深夜の時間帯にキックオフかも。

現在1月開催案が検討されているらしいが、ヨーロッパ各国リーグのスタートと重なり、従来通りの6〜7月開催でええやないかという意見もあるという。そうなったとしても、オイルマネーを背景にあっと驚くようなアイデアで夏の暑さを乗り切るかもしれない。これまたお楽しみに。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ