2016/11/30

アサヒビール工場見学  授業・HR

本日の5、6時間目の発酵科学の授業では、吹田にあるアサヒビール工場の見学に行きました。

普段の授業だけではわからないことを実際に見て、感じて、学ぶことができました。23mもあるビールのタンクや目まぐるしいスピードで動く製造ラインには圧巻でした。見学だけでなく、麦芽の試食も行いました。そして工場見学の最後には、ビール…ではなくジュースを試飲して美味しく楽しく学ぶことができました。

受講生は感想をびっしり書いて、考査明けに提出してくださいね。そして二十歳になったら今日のことを思い出しながらビールを飲んでみてください。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/30

11月30日 水曜日朝の風景  クラブ

 凛とした晩秋の朝。登校する生徒たちの影がますます長くなってきた。明日から12月で後期中間考査が始まる。

 女子バスケットボール部 朝のランニング

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 黄色に光輝くイチョウ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 柴高に咲く花たち

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 図書室の飾り付け

クリックすると元のサイズで表示します

 校舎内の長椅子の飾り付け

クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 今日業者さんが来て産業廃棄物を処理する予定。「学園の森」には似つかわしくなかったこの光景も今日で終わり。PTA実行委員会で保護者の方から提案されたことが、やっとこさ実現します。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/29

11月29日 火曜日の風景  学校紹介

 冬枯れした道に、久しぶりにさわやかな朝日が差し込んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 毎年恒例の飾り付け

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 PTA広報委員のメンバーが集まって担当の先生と打ち合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/29

自然観察と野生生物の保護 淀川の水鳥を観察しました!  授業・HR

 冬が近づくと、淀川には多くの渡り鳥がやってきます。

 昨年同様、自然野生の授業で「淀川の水鳥観察」を実施しました。双眼鏡を片手に、さまざまな種類の水鳥を見つけることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 渡り鳥は、いわゆる「干潟」のような湿地を好みます。羽を休めたりエサを食べたりするのに適しているからです。淀川には多くの干潟があるため、渡り鳥も多くやってくるのでしょう。

 しかし、地球規模でみると、最近は人間による土地開発により、干潟が急速に失われているようです。干潟が失われると、渡り鳥も絶滅の危機に瀕してしまいます。

 12月以降の自然野生の授業では、野生生物の保護に関する取り組みについて学習します。
生き物たちを絶滅の危機から守るために、私たちは何をすればいいか、一緒に考えていきましょう。

2016/11/29

発酵科学 チーズを作ってみました!  授業・HR

 発酵食品の一つに「チーズ」があります。今日は、お家でも簡単にできるチーズの作り方を学びました。

「蘇(そ)」 日本で最初に作られたチーズです。

クリックすると元のサイズで表示します

 牛乳をひたすら煮るだけ!

クリックすると元のサイズで表示します

 粘り気が出てきたら、加熱をやめてかきまぜて、できあがり!

「カッテージチーズ」

クリックすると元のサイズで表示します

 温めた牛乳に酢を入れたら、固形物が出てきます。

クリックすると元のサイズで表示します

 ガーゼで濾します。

クリックすると元のサイズで表示します

 よく絞ったら、できあがり!

 いずれも作り方は簡単ですが、加熱に時間がかかりました。意外とおいしいですよ(と、担当者は思っていますが、生徒の反応は・・・)

 お家でも作れますよ!やってみましょう。

 ところで、なぜ牛乳を温めると固まるの・・・?

 牛乳に酢を入れると、なぜ固まるの・・・?

 受講者のみなさん、よーく考えてみましょう。

2016/11/29

観光学フィールドワーク 長岡天満宮(3)   授業・HR

 本校生徒は多様な進路希望を持っている。大学、短大、専門学校、そして就職希望とさまざまだが、現在の3年生の中にはインテリアや室内装飾などの分野に進学する生徒が数名いる。

 そんな生徒に言いたい。卒業するまでの間に自分を高める何かに取り組んでほしい。昨日紅葉のライトアップを撮影したが、どこにライトを配置するか、どの向きにライトアップするかなど、いろいろなことが参考になったのではないかと思う。街を散策して気になったものを撮りためる、これだけでも十分に自己研鑽(じこけんさん)になる。

 進学先では自分のオリジナリティを追究して頑張ってほしい。そしていつの日か、その知識と経験、技術とアイデアを母校のために使ってほしいものだ。

 長岡天満宮 ライトアップ写真集

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/29

観光学フィールドワーク 長岡天満宮(2)   授業・HR

 エノキ

クリックすると元のサイズで表示します

 クロガネモチ こんな太い幹の樹木なんやと本校のものと比較して感心する。

クリックすると元のサイズで表示します

 これってどうみてもカツラだと思うがどうだろうか。「学園の森」のカツラと年季が違う太さ。

クリックすると元のサイズで表示します

 長岡天満宮 紅葉写真集 by 単焦点レンズ&広角レンズ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/29

観光学フィールドワーク 長岡天満宮(1)  授業・HR

 本日2時間目終了後に天気予報とおりに「晴れ宣言」「13時体育館下集合」の放送をしたにもかかわらず、12時45分昼休み開始と同時に小雨が降ってきた。大至急「雨雲ズームレーダー」をのぞくが、大阪から京都にかけて雨雲は皆無。予定とおりフィールドワークを決行したが・・・。

 暗雲たちこめる中、裏門から阪急崇禅寺駅へ。長岡天神駅まで片道320円。

クリックすると元のサイズで表示します

 長岡天神駅から徒歩5分程度で長岡天満宮に到着。右に八条ヶ池を見ながらサクラ並木を歩く。春満開の頃にも来てみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 4月末に真紅の花を咲かせる樹齢130年のキリシマツツジが連なる中堤。生徒に満開の頃の美しさを力説する。

クリックすると元のサイズで表示します

 本校にある植物パネルと同じ会社のものがあった。

クリックすると元のサイズで表示します

 一瞬、日が差して「きたでーっ」と歓喜したのもつかの間、再び曇天の空に戻ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 嗚呼、青天なら写真のように生徒の並んだ背後から、新海誠的な木漏れ日と陽光に透かされた紅葉、そして生徒たちのシルエットを撮影するはずだったのに。我、曇天を恨む。

クリックすると元のサイズで表示します

 紅葉公園「錦亭苑」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 なぜ「天満宮=天神さん」にこの動物がいるかは、体育館下で配布したプリントに掲載されている。絶対に見るべし。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 陰気くさい曇天にもかかわらず団子をほおばり満足げな彼女らを見て、「嗚呼、なんで今日は快晴ではないのだ」と悔しい思いがますます募ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

 ボードの上を人が歩いただけで、水面で口をパクパクさせるコイの大群

クリックすると元のサイズで表示します

 再び「錦亭苑」にて 広角レンズが威力を発揮する。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 花菖蒲の整備をする係の人 公式HPに2009年5月の写真が掲載されており、むちゃくちゃキレイ。一度見るべし。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 その場で焼いてくれた団子に大満足の面々。彼女らの満足そうな顔を見て、観光学のフィールドワークには「グルメ」が必要不可欠であることを再認識する。

クリックすると元のサイズで表示します

 このマーク(家紋)、プリントの問題の答えですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

 カマキリぐらい手で触れんでどうする。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 嗚呼、何度でも言おう、午後から晴れやったんとちゃうんかい!! 今日のフィールドワークがきっかけとなり、各地の紅葉の名所に興味を持ってもらえたら嬉しいです。今度はぜひ天気のいい日に、満開の花の数々を楽しんでほしいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/28

マドモワゼルOKAのフランス話(2)  マドモワゼルOKAのフランス話

 ご無沙汰しております。第2回目のテーマは交通です。

 フランスでは関西人もびっくりするほど、歩行者は信号を無視して渡ります。赤信号は気をつけて渡る精神です。車がこちらに向かってきていても、自分が渡れると判断すれば渡ります。

 ですが万が一、車が思ったよりも接近していた場合はというと、、、車が手前で止まって歩行者に道を譲ります。たとえ、車側の信号が青で歩行者が赤であっても歩行者に譲ってくれているのを目の当たりにし、なんとも不思議な光景で、意味が分かりません。

 律儀に信号が青に変わるまで待っていると、周りからなぜ渡らない?という不思議そうな視線をめちゃめちゃ浴びました。

 ごくたまに全く道を譲ってくれず、思いっきりクラクションを鳴らされ寿命が縮みあがることもあります。そんな時でもフランス人たちは堂々と渡りきっていました。心臓がキリキリした私には颯爽と渡るパリジェンヌ達の行為はなんともハードルが高すぎる。

 小学校の近くの横断歩道には、なんと日本でも馴染みのあるものを見つけました。それは飛び出し坊やです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 この写真は前回紹介したアンジェで見つけました。

 女の子が背負っているリュックにはMERCI(ありがとう)と記載されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 フランスは自転車がよく走行しています。そのため道路にも自転車用道路が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 道路の写真を撮っていると、フランスパンを持った男性が。

クリックすると元のサイズで表示します

 いかにもフランスらしい写真です。この写真をじっくり見ると後ろに写っている看板に見慣れた日本語が、、、【BONSAï】 ぼんさい、、? 盆栽。はい、あの盆栽がフランスでは流行っており、盆栽専門のお店もあります。

 留学前では盆栽のイメージは、荘厳で手の届かないイメージでしたがフランスで見つけたときは、とても身近に感じました。

 異国の地で日本を発見すると、今までのイメージが覆される、こともあるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/28

観光学担当者からのメッセージ(2)  授業・HR

 よって担当者同士で相談した結果、「京都」ほど全国的に有名ではないが関西ではそこそこ有名な「長岡天満宮」と「箕面」を選んだ。

 そして今日、午後から青天という天気予報で、紅葉のピークとされた土曜日から少し日にちはずれるが、「京都」に負けないぐらいの「紅葉」を満喫できるはずだ。これ、絶対。

2年生 阪急京都線長岡天神駅下車(片道320円) 徒歩5分ぐらい 「長岡天満宮」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3年生 阪急京都線箕面駅下車(片道270円) 「箕面川沿い」「瀧安寺」(宝くじ発祥の地)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

前回同様13時裏門集合。時間厳守を注意されたし

2016/11/27

観光学担当者からのメッセージ(1)  授業・HR

 さて本日は、観光学・晩秋のフィールドワーク第2弾。今回のテーマは「紅葉狩り」で、2年生は長岡天満宮、3年生は箕面を訪問する。

 この時期、京都を始めとする関西各地の有名どころでは、「紅葉」を目当てに訪問する観光客でにぎわっている。大阪市内では感じることのできない有名どころの「紅葉」や「晩秋の情緒(じょうちょ)」を満喫してもらうために、本来ならば京都などの寺院を訪問するのが一番だが、それを生徒諸君に求めるのは無理だ。

 なぜなら、先週のフィールドワークでは、阪急京都線河原町駅まで往復800円もかかっており、さらに片道210円の市バスに乗車するなどして寺院に到着しても、拝観料が高校生で500円前後かかってしまう。

 先週の祇園界隈を訪ねたフィールドワークで、「『京都らしい景色やな』と思たら、一筋向こう行ったら大阪と同じやん」との声を、まさに「断腸の思い」「じくちたる思い」で聞いた。

 我々担当者は本来ならば以下のような情緒あふれる「紅葉」を生徒諸君に見てもらい、この光景のどんなところに日本や外国人の観光客は魅力を感じるのか、どんなところを工夫しているのか、観光客が増えてその寺院はどう思っているのだろう、周囲の住民は迷惑と思っているのだろうか、などを考えてほしいのだ。以下フリー写真集[京都フリー写真集素材]より。

 醍醐寺

クリックすると元のサイズで表示します

 永観堂

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 圓光寺(一乗寺)

クリックすると元のサイズで表示します

 源光庵

クリックすると元のサイズで表示します

 慈照寺 銀閣

クリックすると元のサイズで表示します

 二尊院(嵯峨野)

クリックすると元のサイズで表示します

 ところが交通費と拝観料で1000円以上かかっちゃうんだよ。とうてい6時間目が終わる15時20分に解散なんか絶対に無理なんや。トホホじゃん。

(以下次号)

2016/11/27

続々々・アミティエ社会、高さにこだわる!!  授業・HR

 アミティエ社会で取り上げた高さにこだわるシリーズも最終回。生徒たちが比較対象にあげたもので残っているものの中から、校舎正面玄関の写真と比較して面白そうなものにチャレンジしたい。

 まずは「天王寺動物園のキリン」。動物園のホームページによれば、平成24(2012)年に動物園のキリンが不在になってのち、平成26(2014)年に「阿倍野ハルカス」を開業させた近鉄が、スポンサーとして天王寺動物園にメスのアミメキリンを寄贈、「ハルカスちゃん」と名付けられた。

 彼女は、頭頂までの高さが約2.8mで体重約350kg。ということで正面玄関に立てばこんな感じかな。

クリックすると元のサイズで表示します

 昨今の動物園は、北海道・旭山動物園の革命的な変革をきっかけに、むかしながらのどこか昭和ノスタルジーを感じさせる鄙(ひな)びた、「まあ、ゆったりと勝手に見て行って」的な雰囲気はまったくなく、少しでも入園者が興味関心を持ってもらうための工夫が随所に見られ、どこもかしこも頑張っているようだ。

 天王寺動物園の「ハルカスちゃん」を紹介しておきながら天王寺動物園には申し訳ないが、昨年に全面リニューアルされた京都動物園がやけに面白いらしい。

 京都動物園は、日露戦争前年の明治36(1903)年に、日本で2番目に古い動物園として開業。太平洋戦争中の1944(昭和19)年には、クマ、ライオン、トラ、ヒョウなど9種14頭が殺処分された。

 幼少の頃、ここを訪れたことがある自分は、どこにでもあるごく普通の動物園であることを記憶している。どちらかといえば、神戸の王子動物園や大阪の天王寺動物園と比較して地味なイメージだったが、斬新な展示方法を導入したリニューアル後は、入場者数がV字回復しているという。一度観光学でも行ってみたい動物園だ。

 次に「天王寺動物園のゾウ」。2014(平成26)年に60年以上も天王寺動物園で頑張ってきた「春子」が、推定年齢66歳で長寿を全うしたので、どこのゾウか分からないが、とにかく我々が一般的に「ゾウ」と思っている写真と身長で表現してみた。

 アフリカゾウ 肩の高さ 300〜390cm  体長 600〜750cm 体重平均 7トン

 こんな感じでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

 写真でも見えるゾウの牙(きば)は「象牙(ぞうげ)」といい、昔から世界や日本で、印鑑や武具、楽器(三味線のばち、ピアノの白鍵など)やクスリとして使われてきた。しかし、乱獲によってゾウの個体数が激減、1989(平成元)年のワシントン条約で象牙製品なども含め国際取引は原則禁止とされている。しかし、象牙を目当てにした密猟が続いており、2004年から2013年にかけてガボンの国立公園で1万1000頭以上のゾウが殺されている。

 まず我々にできることは「象牙」を加工したものを買わないことである。

 最後にUSJ関連。43mの「バックドロップ」や50mの「ハリーポッター」ともに、学校の正面玄関での表現が困難なので、USJ入口にある象徴的なオブジェを取り上げたい。

 もともと造船や製鉄の大工場のあった場所を再開発して完成した「ユニバ」は、「ジョーズ」「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」などハリウッド映画の世界が体験できるテーマパークとして、2001(平成13)年3月31日に大阪市此花区にて開園。

 当初は大阪市が経営にも参加していたが、今は完全な民間会社となっている。

 その後、「ユニバ」は「ハリウッド映画」に固執することなく、それ以外の「ハローキティ」「ワンピース」「ハリーポッター」なども貪欲に導入して、現在、2014年には世界テーマパークランキング入場者数の第5位となる1270万人を記録した。まさにライバルの「ディズニー」では考えられないような、大阪的「ごった煮」が「ユニバ」の魅力なのかもしれない。

 「ユニバーサル・スタジオ」とは、アメリカ西海岸のロサンゼルス近郊に位置するハリウッドの大手映画会社である。

 20世紀に入って本格的に発展した映画業界。特にアメリカはその中心で、新しくおこった映画業界にチャレンジしようとしたユダヤ系移民は、ニューヨークなど東海岸では先行する「WASP」から締め出しをくらい、やむなく映画撮影に適した青天が多く乾燥している西海岸のカリフォルニアに活躍の地を求めた。

 それが「ハリウッド」の源流であり、現在の大手映画会社の「パラマウント」「ユニバーサル」「20世紀フォックス」「ワーナー・ブラザーズ」「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー」などは、ドイツや東欧からアメリカに渡ったユダヤ系移民が創建した。

 『ジョーズ』や『ET』で有名なスピルバーグ監督もウクライナ系ユダヤ人の子孫で、1993(平成5)年には、ナチスドイツによるユダヤ人大虐殺(ホロコースト)をテーマにした『シンドラーのリスト』を製作している。

 どこを探しても入場門前のオブジェの高さが分からず、たくさん紹介されている写真の人物からだいたい6mぐらいと想定。こんなもんとちゃいますか。

クリックすると元のサイズで表示します

 アミティエ生徒諸君、見てくれているかな?

2016/11/27

続々・アミティエ社会、高さにこだわる!!   授業・HR

 初代ガンダム(18m)

 「機動戦士ガンダム」は、1979(昭和54)年から放映されたロボットアニメで、一連のシリーズものに生徒諸君の保護者で少年少女時代に夢中になった人もたくさんいると思われる。

 東京のお台場の「ガンダムフロント東京」では、実物大と思われるガンダムの立像があり、ガンダムファンの保護者と一緒に幼少の頃に訪問した生徒もいるのではないか。

 初代ガンダムが学校の正面玄関前に立つとこんな感じかな。

クリックすると元のサイズで表示します

 シン・ゴジラ(118.5m)

 ご存じ本年度映画作品の中で、『君の名は。』に続く大ヒット作品で、むしろおっさんの自分としては地元の淡路東宝で鑑賞した『シン・ゴジラ』の方がはるかに印象深い。東宝製作ゴジラシリーズの第29作。

 1954(昭和29)年の初代ゴジラは身長50mという設定だったが、時代の経過とともに東京にも高層ビルが立ち並ぶようになり、その中で身長の低いゴジラがいくら頑張って暴れまくっても迫力ゼロということで、年々身長が高くなって、なんと今回は「118.5m」。
 
 その大きさを実感できる何か方法はないものかと探していたら、ええのがありました。本校から見える梅田のビル群と比較してみましょう。

 外国人観光客に人気の「空中庭園」がある「梅田スカイビル」の高さが「173m」。「ホテル阪急インターナショナル」や、今年9月に芸術鑑賞のあった「梅田芸術劇場」がある「アプローズタワー」が「161m」。これを参考に梅田にシン・ゴジラが出現したらどうなるか表現してみました。

 シンゴジラが、「アプローズタワー」の屋上に立ったら、「梅田スカイビル」の側に立ったら、そしてJR京都線の淀川鉄橋に立ったらと、3体も登場させました。遠近感を考慮して表現したつもりですがどうでしょうか。 
 
クリックすると元のサイズで表示します

 学校の正面玄関にシンゴジラが出現したら、こんな感じではないでしょうか。何の根拠もありません。適当です。

クリックすると元のサイズで表示します

 シンゴジラの身長は校舎の約7.2倍。ちょっと大きすぎたかも。

2016/11/27

続・アミティエ社会、高さにこだわる!!  授業・HR

 マーライオン(8.6m)

 東南アジアの経済大国ともいうべきシンガポールの象徴的存在であり、上半身はライオン、下半身は魚。1972(昭和47)年に設置された。

 自分の記憶するところによれば、以前は有名な割にいざ訪問すると「なんや今一つやな」的な「世界三大がっかり」のひとつであったが、2002(平成14)年に海際に新設されたマーライオン・ピアに移転され、正面から見ることができる桟橋も建設されて、現在は観光客で賑わっているそうだ。

 ちなみに他の2つは、デンマークの首都コペンハーゲンの「人魚姫」と、ベルギーの首都ブリュッセルの「小便小僧」という。

 そしてマーライオンの正面には、今やマーライオン以上にシンガポールの象徴となった「サンズ・スカイパーク」がある。それにしてもこのホテルはすごい。「奇抜なのも程がある」と唸ってしまうような斬新さだ。フリー写真より。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 奈良の大仏(14.7m)

 正式名「東大寺 廬舎那仏像」(とうだいじ るしゃなぶるぞう)

 奈良時代、政争や世情不安が続く世の中に悩んだ聖武(しょうむ)天皇の詔(みことのり)によって、745年に制作がはじまり、752年にアジア各地の仏教関係者を多数招き、1万数千人が参列して開眼供養(かいげんくよう)が行われた。「開眼供養」とは、現代風に言うならば「大仏完成記念セレモニー」である。

 その後、源平の争乱時代の1180年、そして戦国時代の1567年、戦乱に巻き込まれ焼失して溶けるなどの災難にあったが、頭部は江戸時代、身体の大部分が鎌倉時代の補修である。今から1260年以上前の創建時代から残っている部分は、大腿部や袖の膝の部分など下半身に集中しているr。

 何かの機会に訪問することがあれば、ちょうど自分の目の前に見える下半身の部分が、創建当時のものであると記憶しておいてほしい。

 創建当時から現在までを再現ビデオでみたとするならば、あるときは大仏の表面を溶けた銅でコーティングするため大仏は小山の中に埋もれていたり、あるときは巨大な本堂(大仏殿)の中で安らいでいたり、あるときは落雷や戦乱で大仏殿が燃えて雨ざらしになっていたり、あるときは頭部がもげ落ちて雨ざらしの「首なし大仏」であったり、あるときは身体も溶けて下半身のみの「これって何?大仏」であったりと、波乱万丈の生涯を送ってきたことが分かる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

※下から見上げた仰角を考慮すると、2つともこんな感じではないでしょうか。

2016/11/26

ここだけ京都 いまだ京都になりきれず  学校紹介

 「学園の森」のカツラやサクラは冬枯れの姿となり、ケヤキやイチョウはピークを過ぎた。しかし、紅葉の主役であるイロハモミジは上の方は赤く色づいているが、下の方はいまだに緑の葉を残しており、それがまた赤と黄との絶妙のコラボをみせて「カメラ親父」の好奇心をくすぐるのである。

 本日午前。インターネット実習室にて。さて彼女らは何をやっているのでしょうか? 12月10日のオープンスクールと3月の演奏会、楽しみです。頑張ってや、なんでも手伝うで。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 根元から幹が分れているのがカツラ。葉はハート型円形で黄色く紅葉。落葉は甘い香りがらしいので一度かいでみたら。将棋盤や碁盤はカツラで作られたのが多い。「学園の森」のカツラは、将棋盤にするにはまったく太さが足りないが。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ