2016/11/15

ついに動画撮影に成功!!  学校紹介

 先日の11月7日のブログに「むちゃくちゃ面白いホームページ!!」と題してスウェーデンの[Flight radar 24(フライトレーダー24)]を紹介した。生徒諸君は「ぽけーっと見続け」てくれただろうか。

 その文末に「なぜ大阪空港に向かう飛行機が本校上空を飛来するのか。それは幸か不幸か、大阪空港のある伊丹と『某地点』を結ぶルートの真下に本校があるからだ」と記したが、その「某地点」がどこかが分かる動画を本日撮影するのに成功した。以下説明とその動画。

 某日某時間の[フライトレーダー24]による近畿地方の上空。これでもアメリカの混雑ぶりと比較したらまだまだ空いている方。それにしてもパイロットという特殊な職業に就いて仕事している人が多いねんなと、改めて感心する。

クリックすると元のサイズで表示します

 某日某時間の大阪上空。青い丸の「大阪空港」に向かっている飛行機の列が確認できる。

クリックすると元のサイズで表示します

 動画と同じ画面。「A」が動画に登場する飛行機、おそらく沖縄方面から帰阪する旅客機ではないかと勝手に想像している。動画では「B」の地点に大注目。「C」は大阪空港。赤の「●」は柴島高校。

クリックすると元のサイズで表示します

 それでは動画(60秒)をとくとご覧ください。
 
20161115.mp4

 18秒あたり ちょうど「柏原市」上空を飛んでいた飛行機がちょっと向きを北に変えます。

 27秒あたり かなり向きを北に変えます。その後、不可解な動きをしますが気にせず・・・

 44秒あたり 完全に向きを兵庫県伊丹市にある「大阪空港」に変えます。このルートの真下に柴島高校があるというわけです。

 上記地図の「B」地点、つまり大阪空港に向かう飛行機が華麗なる方向転換をする地点こそ、大阪府との境近くにある「奈良県生駒郡平群町」にある「信貴山(しぎさん)」で、山腹には真言宗「朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)」があり、毎年初詣の時期には多くの参拝客でにぎわっている。 

 ちなみに平安時代末期の絵巻物で有名な国宝「信貴山縁起絵巻」は「朝護孫子寺」が所蔵しており(実物は奈良国立博物館)、「朝護孫子寺」中興の祖とされる「命蓮」(みょうれん)に関する説話を描いている。

クリックすると元のサイズで表示します

 なぜこの「B」地点が華麗なる方向転換の場所になったか知らないが、以下の国土交通省のホームページに記載されている「大阪国際空港の飛行経路」を見ても、「信貴山」近くで方向転換していることが分かる。飛行機が好きで好きでたまらない人は、本校周辺よりも信貴山あたりで上空を眺めている方が、2倍近くその雄姿を観察できるはずだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 現在の地図。練習試合などで地図に載っている高校に行ったときは、信貴山はどこにみえるか確認してほしい。きっと上空に飛行機が何度も飛来しているはずだ。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/15

さすが『君の名は。』!!  学校紹介

 これまた本日の「産経ニュース」から耳寄りなニュース。

 アニメ映画「君の名は。」が前週末の映画興行ランキングでまた首位となり、公開以来の興行収入は13日現在で184億9000万円に達した。今月中に「もののけ姫」(193億円)を、年内には「ハウルの動く城」(196億円)を抜いて歴代2位に浮上することがほぼ確実な勢い。配給元の東宝では上映期間の越年も決めており、予想外の怪物作品はさらに動員を伸ばす。

 興行通信社によると、12、13日の土日2日間での動員は19万人で、興行収入は2億5900万円だった。1週間で5億2100万円を稼いだ。さすがに上映から今週で12週目とあって、1週間の興行収入は減少傾向にあるものの、ドル箱状態は続いている。

 1週間5億円前後の興行収入ペースが続けば、あと2週間で「もののけ姫」を、3週間で「ハウルの動く城」を抜く計算となる。(以下省略)


 映画の「興行収入」とは「映画館での入場料から得られる売り上げ合計のこと」で、昨今の「映画離れ」というか「映画館離れ」の中で、今年の8月26日の公開から2か月半余りの間に、わざわざ映画館まで足を運びあの美しい映像を巨大スクリーンで見た人が合計「184億9000万円」も払ったということ。

 ちなみに今までの日本の歴代興行収入ランキングは以下の通り。

第1位 「千と千尋の神隠し」(2001) 308億円
第2位 「タイタニック」(1997) 262億円
第3位 「アナと雪の女王」(2014) 254億円
第4位 「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001) 203億円
第5位 「ハウルの動く城」(2004) 196億円
第6位 「もののけ姫」(1997) 192億円
第7位 「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(2003) 173億円
第8位 「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002) 173億円
第9位 「E.T.」(1982) 163億円
第10位 「アバター」(2009) 156億円

 すでに「君の名は。」は上記の第7位に食い込んでおり、今度どこまで興行収入をのばすのか興味がある。そして「君の名は。」で描かれたような「光の演出」を目標に、写真を撮影し続けるのである。

2016/11/15

さすが阪急電車!!  学校紹介

 11月12日の「YOMIURI ONLINE」より耳寄りなニュース。

 阪急電鉄は関西の大手私鉄で初めて、線路への転落を防ぐホームドアの設置に乗り出す方針を固めた。第1弾は十三駅(大阪市淀川区)で、投資額は10億円前後の見通しだ。視覚障害者らがホームから転落し、列車にはねられる死亡事故が全国で起きており、他の私鉄が追随する可能性もある。

 十三駅の京都線や宝塚線のホームに設ける予定で、2020年前後の完成を目指す。整備費の3分の1程度を、国の補助金で賄うことを計画している。国土交通省が12月上旬にも補助を正式決定する方向で、その後に着手する。

 十三駅の利用者は1日あたり約7万5000人(2015年、平日)で、阪急の駅では5番目に多い。阪急は乗降客の多い他の主要駅にも一定程度、整備を拡大したい考えだ。(中略)

 ホームドアは停止車両の扉と同じ位置に仕切り用のドアを設置する必要があり、車両の規格の違いや高額の設置費がネックとなり、整備が遅れている。国土交通省によると、3月末現在で全国約9500駅のうち、ホームドアの設置は約7%の665駅にとどまる。


 「さすが阪急電車」と唸(うな)ってしまった。自分は毎朝十三駅で乗り換えているが、宝塚線の梅田行き電車と京都線の河原町行き電車が対面で到着するホームの混みぐあいは尋常ではない。

 京都線の電車に乗車すべくホームの幅ほどの列ができる。最後列すぐ近くはすでにホームギリギリ。危険をものともせずにそこを歩いている人がいるすぐ横をかなりのスピードで電車が到着するのをみると、事故がおこらないのが不思議に思えてくる。

 そんなシーンを目撃するにつけ、自分の身体の幅ほどのデイバッグを混雑したホームで背負っている人を見ると、「なんで足元に降ろさんのや」と腹が立つ。スマホが普及してからショルダーバッグの高校生が姿を消し、大半が背中に背負うデイバックとなった。生徒諸君も気をつけるべし。

 何の根拠もない自分の勝手な見解では、毎朝このホームを利用している柴島の生徒はおそらく200人弱。宝塚線や神戸線を利用している生徒で、全校の20%ぐらいいるはずだ。

 「そんな生徒にとって朗報やないか」と思ったが、なんとホームドア設置は「2020年前後の完成を目指す」とあり、残念ながらこれを読んでいる在校生は全員卒業している。現在、小学校6年生にあたる46期生が入学する頃に設置されるということか。

 あれだけ混んでいるホームでホームドアをどんな方法で設置するのか心配だが、柴島の生徒のためにも、また阪急を利用している乗客全員のためにも、一日も早い設置を強く要望したい。

 「通学する生徒や学生が多いから」と、下世話な週刊誌の吊り広告を車両内に掲示しない配慮をしてくれている阪急電車は、その分、他と比べて広告収入が減少する。にもかかわらず、関西私鉄大手で初めてのホームドア設置の決定を下してくれた。

 頑張れ、阪急電車。毎日ありがとう。

2016/11/15

11月15日 火曜日の風景  学校紹介

 今日も昨日に引き続き雨&曇天模様で、しかも11月中旬とは思えない蒸し暑さ。急激な気温の変化に身体が対応するのも大変だ。

 いつ見ても美しすぎるブータンルリマツリの紅葉と可憐なブルーの小花。葉っぱだけでなく、幹や枝も真っ赤です。生徒諸君も一度は見てほしい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 大輪バコパ スコーピア(ピンク&ブルー)

 前任の「枝垂れアサガオ」と違ってかなり培養土をプランターに入れたので、こんもりと成長してくれるはず。耐寒性のある多年草でしかも四季咲き。株一杯に花が咲き、横に這うように広がるので、プランターの外に枝垂れるはずだ。

 周辺に植わっている白いのが「アリッサム」で、ほんのりのいい香りがするはず。カーペット状に広がるので、これも枝垂れるはず。6月ぐらいまで頑張ってほしい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 体育館の床の窓から撮影。「キャー」「キャー」と歓声が聞こえるのでのぞいたら、元気一杯バドミントンをしていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 大半の雑草が姿を消した「荒野」。面積は「5×5=25平方メートル」ぐらいか。少し掘ったらコンクリートのがれきが出てくる。ここをどうやって開墾するかが問題だ。

 左から サルスベリ(赤く紅葉) クスノキ(常緑) サクラ(赤く紅葉)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 夏は暑さで枯れたようだったデンタータラベンダー。いよいよ彼の季節がやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 「野外活動」で淀川に釣りに行った生徒たち。一匹も釣れんかったらしい。悔しかったら夜明け前に行ってみい。季節によったら「入れ食い」やぞ。

クリックすると元のサイズで表示します

 崇禅寺駅側のサクラの紅葉もなかなかのもんやなあ。以前はここに学校のブロック塀が連なっており、サクラ並木もなかったという。この面を含めた学校の3面を今のようなフェンスにしてから、学校の景色というか印象が劇的に明るくなったと、十数年前、正門前を通りかかった老婆が懐かしんでいた。

 駅前の違法駐輪、なんとかなりませんかね。サクラの根っこが痛んでサクラ並木の元気がなくなりますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ