2016/11/18

11月18日 金曜日の風景  学校紹介

 暑くもなく、朝は寒いけど日中はそれなりに暖かいという、1年で一番過ごしやすい季節かもしれない。とは言うものの、来週11月24日木曜日から期間外考査が始まる。あっという間に今年も終わりなんやなあ。

 3年生現代社会 アクティブラーニング(?)で全員真剣そのもの。講座や個人にもよるが、教師の話を聞きっぱなしの授業より、教科書を読んで自分でやったり互いに教えあう方が変化に富んでいいのかもしれない。中間考査が終わって最初の授業で匿名のアンケートでもとって検証してみよう。

クリックすると元のサイズで表示します

 窓の外の紅葉がまったく表現できていない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 いずれにしても、窓の外の風景と手前の人物を両立して撮影するのは難しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 自分が過去赴任していた高校と比べてかなり広い食堂。何の根拠もないが、おそらく30%ぐらいの生徒が昼休みに食堂を利用していると思われるが、食べる場所がなくて困ることは絶対にない。

 保護者の皆さんの高校時代は生徒数が今より多く、狭い食堂の高校では食べる場所がなかったり、売り切れて昼食をあきらめたりということがあったが、本校ではそんな悲劇は絶対にない。十分ここで学年集会ができるなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 11月23日(水)の公式戦にそなえるバレーボール部。めざせ2部昇格。みんなでバレー部を応援しよう。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/18

11月18日 金曜日 朝の風景  学校紹介

 明日以降、当分雨や曇りが続きそうな天気予報なので、とにかく朝から校内にて撮影しまくりです。はい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/18

アミティエ理科 校内の「気温」を調べよう!(午後)  授業・HR

今日の6時間目も、温度計片手に校内のいろいろな場所の「気温」(=空気の温度)を調べました。

クリックすると元のサイズで表示します

午前(1時間目)と比較して、気温が飛躍的に上昇していました!
たとえば、アミティエのプレイルームは18℃→25℃、食堂は11℃→18℃、学園の森は10℃→18℃と変化していました。

気温に影響を与えているのは「太陽の光」「冷たい(暖かい)風」ということがわかりました。とくに午後は、午前と比べて冷たい風が弱かったので、いっそう暖かく感じました。

2016/11/18

アミティエ理科 校内の「気温」を調べよう!  授業・HR

最近、急に寒くなりましたね。
ということで、今日の1時間目は温度計片手に、校内のいろいろな場所の「気温」(=空気の温度)を調べました。

クリックすると元のサイズで表示します

「どのくらい寒いのか(暖かいのか)」を、客観的にわかるように数字で表したものが「温度」です。
物理学の基礎的な概念の一つで、一般常識としてもこの概念は欠かせないものです。
「寒い」「暖かい」という感覚を、「温度」という客観的データを用いて具体的に表現できるようになることを目的として、今日の実験をおこないました。

意外な発見もたくさんありました。
たとえば、外に出て暖かいひなたで気温を測っても、意外と気温が低いことに気づきます。
私たちは直射日光を浴びると暖かいと感じますが、一方で風は冷たいので、低い気温になるのです。
アミティエ教室の気温と、4階の廊下の気温が、そんなに変わらないことも、意外な発見でした。

ちなみに、アミティエ教室(プレイルーム)の気温は18℃でした(数字だけ見たら、意外と寒い!でも感覚的には、そんなに寒くない・・・)
教室を出て、校内のいろいろなところに行って、教室に戻ると、「18℃だけど、意外と暖かい」ことにも気づきます。
「教室は18℃だけど、外の気温は10℃くらい。教室の気温のほうが高いので、暖かく感じた」
そう表現してもらえたら、ありがたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

では、この「気温」は、時間帯によってどのくらい変わるのだろう?
今日6時間目は、別のメンバーでアミティエ理科の授業をするので、同様の実験をしてみたいと思います。
お楽しみに!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ