2017/1/3

冬休みにぜひ読んでほしい本  学校紹介

 「なんでやねん」を英語で言えますか?

クリックすると元のサイズで表示します

 こんな題名の本(KADOKAWA/1296円)が今かなり売れているらしい。以下「知らんとヤバいめっちゃ使う50のフレーズ+α Let's speak in Kansai dialect」と副題が続く。以下アマゾンでのプロフィール。

 関西人なら知らんとあかんで! 関西人による関西人のための英会話入門書。

【SNSで爆発的に話題ふっとう! / English below】

 関西人なら知らんとあかんで! 関西人による関西人のための英会話入門書。ムダに関西弁と英語の音声ダウンロード付きで、発音もバッチリ!

母語を通じて英語を学びたい関西人、関西弁と英語をダブルで学びたい全ての日本人、そして、関西弁を学びたいすべての外国人に捧ぐ、比類なき一冊。(*全編バイリンガル仕様)

 「なんでやねん」「あかん」「アホくさ」など、呼吸と等しく使う50の「めっちゃ使うフレーズ」をイラスト&ダイアログつきで紹介! ドタマからおいどまでオール関西弁の参考書。めっちゃテストに出るで! 知らんけど。


 最後に「知らんけど」と付け足しているのが関西人らしくて爆笑ものだ。

 例えば「ええ」を使う大阪弁(プロフィールにある関西弁に少し違和感を持つので、これ以降はこのブログでは大阪弁とする)が列記されており、それに対応する英訳がほんまに笑える。

「ええの?」 Are you sure ?

「ええやろ?」 It's nice,don't you think ?

「ええやろ!」 Who cares ?

「ええなあ?」 I'm jealous. などなど。

 他にも「さむっ!」には、「誰かが発言してすべった時に使います。そのままにしておくと変な空気になりますが、さむっ!ということで、いくぶん雰囲気がなごみます」などの解説付きである。

 卒業後、この春から他府県、特に東京に転出する40期生がいたら、この本を購入していざというときにカバンにしのばせておくことをすすめたい。特に「お前」とか「アホ」のニュアンスが、その昔、東京人とのギャップを自分は感じたことがある。

 自分が大学生だった1970年代後半、まだまだ東京には大阪弁に対する偏見みたいなのがあって、東京の大学に進学した友人を訪ねたとき、山手線で大阪弁でしゃべっている我々を嫌な目で見ていた初老の男性を思い出す。その友人曰く「東京の大学に来た学生はたいてい方言を隠そうとするのに、関西人だけはあえてしゃべろうとする」。

 ところが1980年代前半にフジテレビで放映された『俺たちひょうきん族』などの影響で、明石家さんまなどの関西芸人がブレイクした「漫才ブーム」以降、次第に東京で認知された大阪弁は、ある種あこがれのような進化を遂げ、我々からするとどうもイントネーションがしっくりこない「めっちゃ」などを東京人も使うようになった。

 その頃、東京に転校して就職した教え子(女子)が、同僚の関西出身男子が女子社員に買い物に行ってもらう前にお金を渡しながら「お釣りは、(ちょっと間をあけて)ええで(=お釣りは要りません)」と言っただけで、好感度が一気に上がったと言っていた。

 何気ない言葉ひとつで嫌な思いをするのを防ぐためにも、この本は案外役に立つかもしれない。知らんけど。

2017/1/3

大学アメフト事情  学校紹介

 昨日大学ラグビーについて語ったので、今日はアメフトについて語りたい。

 多くの大学の競技種目で関東勢が優位であることは確かだが、ことアメフトに関しては事情が異なる。大学アメフトの日本一を決める12月の「甲子園ボウル」は西宮市の甲子園球場で実施されており、そのことからも関西勢が優位なのが分かる。観客動員やキャラクターグッズの売り上げも関西の方が上回っているという。

 大学ラグビーと同じく、自分が大学生になった1978(昭和53)年からの「甲子園ボウル」の結果を見て行こう。なおこの大会は、2008(平成20)年度までは東西大学の王座決定戦として、関東学生リーグと関西学生リーグの優勝チーム同士が対戦する形だったが、他の地区でもアメフトをやっている大学が増えたこともあり、翌シーズンから、全国8連盟による全日本大学選手権の決勝戦として実施されている。

1978(昭和53) 日本大 63- 7 関学大
1979(昭和54) 日本大 48- 0 関学大
1980(昭和55) 日本大 42- 7 関学大
1981(昭和56) 日本大 42-31 関学大
1982(昭和57) 日本大 65-28 京都大
1983(昭和58) 日本大 14-30 京都大〇
1984(昭和59) 日本大 42-42 関学大
1985(昭和60) 明治大 46-48 関学大〇
1986(昭和61) 日本大 28-49 京都大〇
1987(昭和62) 日本大 17-41 京都大〇
1988(昭和63) 日本大 35-28 関学大
1989(平成01) 日本大 45-14 関学大
1990(平成02) 日本大 34- 7 京都大
1991(平成03) 専修大 20-25 関学大〇
1992(平成04) 法政大  7-17 京都大〇
1993(平成05) 日体大 10-35 関学大〇
1994(平成06) 法政大 22-24 立命館大〇
1995(平成07) 法政大 17-24 京都大〇
1996(平成08) 法政大 21-28 京都大〇
1997(平成09) 法政大 21-21 関学大
1998(平成10) 法政大 17-25 立命館大〇
1999(平成11) 法政大 13-52 関学大〇
2000(平成12) 法政大 28-21 関学大
2001(平成13) 法政大  6-24 関学大〇
2002(平成14) 早稲田大14-51 立命館大〇
2003(平成15) 法政大  6-61 立命館大〇
2004(平成16) 法政大 17-38 立命館大〇
2005(平成17) 法政大 17-14 立命館大
2006(平成18) 法政大 45-43 関学大
2007(平成19) 日本大 38-41 関学大〇
2008(平成20) 法政大 8-19 立命館大〇
2009(平成21) 法政大 38-50 関西大〇
2010(平成22) 早稲田大21-48 立命館大〇
2011(平成23) 日本大 3-24 関学大〇
2012(平成24) 法政大 17-20 関学大〇
2013(平成25) 日本大 9-23 関学大〇
2014(平成26) 日本大 10-55 関学大〇
2015(平成27) 早稲田大27-28 立命館大〇
2016(平成28) 早稲田大14-31 関学大〇

 以上を見てもこの10年は関西勢が優勝しており、圧倒的に関西が優位に立っている。

 あともうひとつ、関西で大学アメフトが関東より人気がある理由に、他の種目ならとても太刀打ちできない国公立、例えば京都大学とか神戸大学が1部リーグにいることもあるのではなかろうか。

 2016年度の1部リーグの結果は以下の通り。

 1位関西学院 2位立命館 3位関西 4位龍谷 5位甲南 6位京都 7位神戸 8位同志社

 2015年度の結果は以下の通り。

 1位立命館 2位関西学院 3位関西 4位京都 5位神戸 6位龍谷 7位近畿 8位桃山学院

 過去の記録をみると、大阪大学とか岡山大学、大阪市立大学も1部リーグだった時代がある。大阪教育大大学にいたっては、2013年度に1部リーグを経験している(1年で降格したが)。その昔、日本一にもなった強豪の京都は、その後優勝は遠ざかっているが2006年には3位、神戸も2008年に3位になっている。

 強豪の私学のようにスポーツ推薦もなく、大半が初心者の国公立が、ここまで頑張っている種目もリーグも全国探しても他にないのではないか。

 アメフトは、オールラウンドにできなくても担当分野のプレーができれば、初心者でもなんとか通用する種目なんだろうか。

 ちなみに、大阪府の高校で試合に参加しているチームは16チームで、私立12に対して、公立は池田、豊中、箕面、大正の4校。今年度は関西大学第一が優勝している。

 かといって自分は生徒諸君に「アメフト、ええで」「ラグビーもええで」と勧めているわけではない。なぜなら、防具などの道具でお金がかかるし、競技中の事故率が柔道や陸上とともに高いからだ。教え子のひとりに立命館でアメフトをやっている生徒がいて、一度学校に遊びに来たとき、驚くほどの首の太さであったことを思い出す。あれほどの激しいぶつかりを耐えうる身体は、こないに太い首でなければならんのかとビックリした。

 とことん鍛えて衝撃に耐えうる身体になってこそ参加が許される競技であり、そんな努力をする気がないのなら、自分のようにテレビ観戦オンリーで楽しむべき種目だ。

 「えっ、先生、そこまで語るからには実際にラグビーやアメフトをやったことがあると思ってました」

 申し訳ない、一度もやったことありません。体育の授業でもやったことありません。第一、怖いやないですか。痛そうやし。すんません。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ