2017/1/8

実はJRからも通学できますよ!!  本校を訪問される方へ

 前回のブログに続いてもうひとつ近くに駅があることを紹介しておきます。

 JR京都線の「新大阪駅」なんです。「観光学」のフィールドワークで毎年行ってますが、だいたい徒歩15分、自転車では5分程度で到着します。最近大幅にリニューアルされて見どころが多く、PTA活動や体育祭、文化祭、試合観戦などで保護者の方が来校されたとき一度寄ってみてはとお勧めします。

 いつものようにその詳細です。西暦は駅の営業開始の年。駅名に続いて「JR新大阪駅」までの所要時間と運賃。平日の朝、8時5分より前に「新大阪駅」に到着する最速のものを調べました。「新大阪駅」より向こうは現実的でないので割愛しました。

2008(平成20) 島本 0742 0802 20分 390円 乗り換え1回
1876(明治9) 高槻 0750 0802 12分 260円 乗り換えなし
1924(大正13) 摂津富田 0747 0802 15分 220円 乗り換え1回
1876(明治9) 茨木 0755 0802 7分 220円 乗り換えなし
1938(昭和13) 千里丘 0754 0805 11分 180円 乗り換えなし
1947(昭和22) 岸辺 0757 0805 8分 180円 乗り換えなし
1876(明治9) 吹田 0800 0805 5分 180円 乗り換えなし
1940(昭和15) 東淀川 0804 0805 1分 120円 乗り換えなし
1964(昭和39) 新大阪

〇乗車時間が意外に短く、JR1本なんで運賃もリーズナブルです。自転車の定期駐輪代は高校生で、「1か月1700円」「3か月4800円」「6か月9300円」となっております。一度お考え下さい。

〇話は変わりますが、「高槻駅」「茨木駅」「吹田駅」の営業開始が「1876年=明治9年」というところに自分は注目します。

〇日本の最初の鉄道は教科書にも記載されている「1872年=明治5年」、「新橋〜横浜(現在の桜木町駅)」で、「岡蒸気」と呼ばれた「機関車トーマス」みたいな蒸気機関車が走ってました。

〇関西では「1874年=明治7年」に「大阪〜神戸」間が開通し、「大阪駅」「西宮駅」「三宮駅(現在の元町駅あたり)」「神戸駅」が開通しました。ほどなく「尼崎駅」「住吉駅」が開業します。

〇翌年、なんとなんと現在ユニバへ行く環状線の一部ですが、「大阪〜安治川(現在の中央卸売市場あたり)」が開通します。

〇そして「1876年=明治9年」に、「大阪〜向日町」が開通して「高槻駅」「茨木駅」「吹田駅」も営業を開始しました。

〇ということで、この区間はレンガ積みの橋脚や鉄道の下を通るトンネルなど、開通当時の遺構が今も残っており、鉄道ファンのホームページなどで紹介されています。

〇「この区間」についてもう一つ書かせていただきたいことがあります。本校近くにある「新淀川」は「1910年=明治43年」に完成した人工の川で、淀川の治水対策として現在の「毛馬の閘門」あたりから川幅の広い「もうひとつの淀川」を作って大阪湾に一気に流れるようにしたのです。

〇このあたりの「旧淀川」は現在の「大川」で、さらに下流に行きますと北の「堂島川」、南の「土佐堀川」に分かれて「中之島」を形成し、「安治川」となって大阪湾まで流れていました。

〇その際、もともと走っていた「大阪〜吹田」の路線が変更され(下の地図の赤)、1912(大正元)年ぐらいに現在のようなまっすぐ北上するルート(下の地図の青)となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

〇その後、「赤」のルートは廃線となってましたが、1921(大正10)年に阪急電車の前身「北大阪電気鉄道」が「十三〜淡路〜豊津」を開通させるときに、この廃線を再利用したのでございます。

〇よってその間にある「南方」「崇禅寺」「淡路」などは、1921(大正10)年に開業している、今年95歳の長寿を誇る駅なのでございます。その名残は今も「崇禅寺駅」のホームを支えている土台の石垣を見ればわかります。おそらく太平洋戦争時に受けた焼夷弾による焼け焦げた跡があるのでございます。

〇結局、何が言いたいかですが、本校の目の前に走っております阪急京都線のルートに、その昔、104年ぐらい前でしょうか、「岡蒸気」=「機関車トーマス」みたいなやつがシュポシュポ煙をあげながら走っていたのでございます。この歴史的ロマンに感動して、目を閉じればその光景が目に浮かぶのは私だけでしょうか(おそらく自分だけだろう)。

2017/1/8

実は御堂筋線&北大阪急行からも通学できますよ!!  本校を訪問される方へ

 この時期、中学3年生の皆さんはどこの高校を受験するか、決まっている人は悩む必要はないが、迷っている人はなかなか勉強も手につかない状態かもしれない。

 どこの高校を受験するか決めるときに、多くの選択材料の中で結構重要なのが「交通の便」である。自転車通学できる近い高校は便利だが、自分が思っているような高校が近くにない時は、中学時代には経験しなかった電車通学を考えなければならない。

 その方向によっては通学時はだいたい満員状態で、その時間が長ければ長いほど朝登校したがヘトヘトということもある。これを3年間というスパンで考えると、「交通の便」は志望校を決めるにあたって軽視できないことかもしれない。

 幸い本校は「阪急崇禅寺駅」&「阪急柴島駅」がすぐ近くにあり、これほど「交通の便」のいい高校はなかなかないだろう。たとえ電車内で「ヘトヘト」になったとしても下車したらすぐ前に学校が見えているのだから。生徒諸君はこの恵みに感謝して、卒業後に進学または就職する先が高校時代より「交通の便」がいいところはそうざらにないことを肝に銘じて、在学中にできるだけ体力増強を心がけてほしいものだ。

 さて上記2つの駅以外に、案外知られていないが近い駅があることをご存知ですか。

 その一つが「大阪市営地下鉄御堂筋線」の「西中島南方駅」で、阪急京都線「南方駅」がすぐ近くにあります。

 この南北に長い路線は実は「大阪市営地下鉄」と「北大阪急行」という2つの会社が乗り入れています。その詳細は以下の通り。西暦は駅の営業開始の年。「御」「北」はどちらの会社の駅か。駅名に続いて「西中島南方駅」までの所要時間と運賃。

 1970(昭和45)「北」 千里中央 16分 360円
 1970(昭和45)「北」 桃山台11分 350円
 1975(昭和50)「北」緑地公園 9分 330円
 1970(昭和45)「御」 江坂 6分 240円
 1970(昭和45)「御」 東三国 3分 180円
 1964(昭和39)「御」 新大阪 1分 180円
 1964(昭和39)「御」 西中島南方
 1964(昭和39)「御」 中津 2分 180円
 1933(昭和08)「御」 梅田 4分 180円
 1933(昭和08)「御」 淀屋橋 8分 240円
 1933(昭和08)「御」 本町 9分 240円
 1933(昭和08)「御」 心斎橋 11分 240円
 1935(昭和10)「御」 難波 13分 240円
 1938(昭和13)「御」 大国町 16分 280円
 1938(昭和13)「御」 動物園前 18分 280円
 1938(昭和13)「御」 天王寺 21分 280円
 1951(昭和26)「御」 昭和町 23分 280円
 1952(昭和27)「御」 西田辺 25分 320円
 1960(昭和35)「御」 長居 27分 320円
 1960(昭和35)「御」 我孫子 29分 320円
 1987(昭和62)「御」 北花田 32分 320円
 1987(昭和62)「御」 新金岡 34分 370円
 1987(昭和62)「御」 中百舌鳥 38分 370円

〇距離の割に「千里中央」「桃山台」「緑地公園」からの運賃が高いのは、「大阪市営地下鉄御堂筋線」と「北大阪急行」の2つの路線を使っているから。同じような理屈が「大阪市営地下鉄堺筋線」と「阪急千里線」にもいえる。ああ、「柴島駅」が「堺筋線」の駅だったらどれだけ定期代が安かったか、と思った生徒諸君もいるだろう。ほんまにひと駅違いでかなり違います。

〇この年表をみても分かるように、「御堂筋線」は1933(昭和8)年の「梅田」〜「心斎橋」から始まった。1945(昭和20)年3月13日の大阪大空襲で、雨あられのように都心部に落ちてくる爆弾や焼夷弾をのがれるために、多くの市民が地下鉄の駅構内に逃げ込んだという。

〇戦後、徐々に南北に延伸されるが、そのきっかけは、郊外の宅地化と、1964(昭和39)年10月1日に開通した「東海道新幹線」と同日開業した「新大阪駅」、そして吹田市の千里丘陵を舞台に1970(昭和45)年3月14日から半年間開催された「大阪万博」の3つだ。ちょうど後期の現代社会で学習したばかりなので、3年生なら誰でも知っているだろう。

〇「北大阪急行」とは、「大阪万博」に備えて阪急電車と大阪府がお金を出して作った会社で、現在は大半の株式を阪急電車が保有している。なぜ「大阪市営地下鉄」がそのまま延伸しなかったのか不思議だが、そのあたりは自分で調べてください。

 要するに何が言いたかったかというと、「大阪市営地下鉄御堂筋線」の「西中島南方駅」からも徒歩や自転車で十分通学できますよということです。はい。

本校正門〜西中島南方駅 約1.1km
自転車では5分以内(ただし市営の定期駐輪代は1か月1700円・3か月4800円・6か月9300円)


(追記)「西中島南方駅」で下車して、徒歩2分ぐらいで阪急京都線「南方駅」で乗り換えるという方法もあります。阪急京都線「崇禅寺駅」は次の駅で2分ぐらいです。ちなみに「南方駅」と「崇禅寺駅」の通学定期代は「1カ月1530円」「3カ月4370円」「8270円」です。自転車の定期駐輪代より安いことが判明しました。

クリックすると元のサイズで表示します

(追記)阪急の「南方駅」は「みなみかた」、地下鉄の「西中島南方駅」は「にしなかじまみなみがた」と読むそうです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ