2017/3/2

40期生 卒業式(4)  学校行事・生徒会

 本校の卒業式では退場の時、保護者席の前を遠回りしてでも通って我が子の晴れ姿を保護者に見てもらうことにしているが、今年はこれに加えて映像のようにクラス全員立ち止まり「ありがとうございました」と一礼をした。

 自分の記憶ではこの退場は過去に例がなく、卒業委員会の生徒が考えたのか担当教師がアドバイスしたのか知らないが、むちゃくちゃよかった。

 退場の曲はその年によってまちまちで、ある時は吹奏楽部、ある時はBGMなどなど。ビデオの40期生退場曲はアイルランドの歌姫「エンヤ」の『Book of Days』で、1992年にトム・クルーズが主演した映画『遥かなる大地へ』のサウンドトラックとなった名曲だ。

 この退場方法だとビデオより退場に「約7分30秒」かかっており、これを1曲で流すとなるとそれに該当する曲は限られてくるが、どこかにいい曲が必ずあるはずだ。

 38期生の退場曲は「綺香」の『君へ』で「5分3秒」。40期生のように保護者席前の一礼がないパターンで、最後まで退場を見守った学年代表が7組最後尾が体育館を出たと同時に曲が終了したと興奮気味に語っていた。

 退場の方法一つとってもその学年の方法があるが、40期生の「一礼」は本当によかった。保護者の方にも喜んでもらえたと思う。

1組退場.mp4

2組退場.mp4

3組退場.mp4

4組退場.mp4

5組退場.mp4

6組退場.mp4

7組退場.mp4

2017/3/2

クラブ代表の皆さんへ  クラブ

 例の集合写真について。

(撮影済み)

 ソフトボール ダンス 硬式テニス(男子) 硬式テニス(女子) 女子バスケット 陸上部 バドミントン 女子バレーボール 男子バスケット

 コンピュータ フォークソング 演劇 韓国朝鮮文化研究 和太鼓 筝曲 写真 生物 美術工芸

 体育祭4団

(撮影予定)

3/3(金) 文芸 男子サッカー 吹奏楽
3/4(土) 硬式野球 男子ハンド 女子ハンド 水泳
3/5(日) 軽音楽
3/6(月) 女子サッカー

2017/3/2

過去ログ 3月1日(水)卒業式  学校紹介

8:30 生徒登校
※できれば保護者の方は8:30〜9:00に来校して体育館に向かってください。
8:50 在校生・教職員入場
9:10 来賓・PTA役員入場
9:20 卒業生入場
9:30 卒業式開式

2017/3/2

40期生 卒業式(3)  学校行事・生徒会

 卒業生が胸につけていたコサージュは、PTA会費より材料を購入、12月17日(土)図書室にて、PTAの学年委員会主催で保護者の方や3年担任団の先生方が参加して、ワイワイガヤガヤ楽しみながら作ったもの。

 市販のものではない、保護者や担任の愛に満ち溢れたコサージュづくりは、これからもPTAの活動として取り組んでほしいものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 後輩のために祝福に来た38期生と元担任

クリックすると元のサイズで表示します

2017/3/2

40期生 卒業式(2)  学校行事・生徒会

 最近、卒業式のたびごとに思い出すフレーズがある。

 2014年度上半期のNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』。『赤毛のアン』の日本語翻訳者である村岡花子の半生を原案とし、あの『あまちゃん』を超える視聴率をたたき出したドラマだ。

 主人公の花子が通う東京のミッションスクール(モデルは東洋英和女学校)の卒業式で、厳格であるが愛に満ちたブラックバーン校長の卒業式のスピーチが、おそれながら同業者として非常に印象深い素晴らしい内容だった。日本語訳は以下の通り。

 わたしの愛する生徒たちよ、我とともに老いよ。最上のものは、なお後にきたる。

 今から何十年後かに、あなた方がこの学校生活を思い出して、あの時代が一番幸せだった、楽しかったと心の底から感じるのなら、わたしはこの学校の教育が失敗だったと言わなければなりません。

 人生は進歩です。若い時代は準備のときであり、最上のものは過去にあるのではなく将来にあります。

 旅路の最後まで希望と理想を持ち続け、進んでいくものでありますように。


 自分はこの後に「ただ将来、これ以上進めなくなったときは母校を訪れよ」「若き日に戻って気分新たにリスタートすればいいのです」と付け加えたい。


 今日の卒業の歌『遥か』、心こもってました。40期生、楽しい思い出をほんまにありがとう。

※映像軽視&音声重視 1ファイル2MB以下の制約がありまして分割でほんまに申し訳ないです。おまけにMP3はアップできませんねん。

遥か1.mp4

遥か2.mp4

遥か3.mp4

遥か4.mp4

遥か5.mp4

遥か6.mp4

遥か7.mp4

遥か8.mp4

遥か9.mp4

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ