2017/3/6

さようなら、正門前のグリーンウォール  学校紹介

 以前ブログで紹介した「グリーンウォール(緑の壁)」。これがあるために、その向こうにある一本桜や白亜の校舎、淀キリが遮られ、自転車通学の生徒にとっても見通しを悪くするだけだった。

 また、この「カイヅカイブキ」は排気ガスに強いとかで街路樹などに使用されているが、花も咲かず紅葉もせず匂いもせずという「付加価値」がないところが難点だった。

 その「グリーンウォール」の大部分がついに剪定され、ご覧のように非常に見通しがよくなった。春桜三昧の頃、白亜の校舎と淀キリ、その手前に見える一本桜、そして青い空がコラボする景色は、「東淀川三景」(?)とも言うべき景観を作り上げることだろう。

(追伸)ちなみに「カイズカイブキ」は「ヒノキ科」で、剪定直後に近くを通ると、何とも言えない森林浴のような心地よい匂いがした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 剪定作業のタイムラプス映像 cimg04912.mp4

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 体育祭 7組団

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ