2017/3/7

生徒会 体育祭へむけて  学校行事・生徒会

 来年度の体育祭へむけた各団の活動の裏で、生徒会も準備を進めています!

 先日は、用具の確認を行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

 さて、ここで問題です。これは何に使われる用具でしょうか??

 在校生ならわかるはず。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 正解は、、

 ムカデリレーで使用される「脚」です。みなさん、わかりましたか?

2017/3/7

以前と比べて正門からの風景の何が変わったか?  学校紹介

 昨日は曇りだったのでさほど思わなかったが、今日快晴の朝、やっぱり以前と比べて奥行きが広がり視界が開けたように思う。

クリックすると元のサイズで表示します

 花時計の後ろにある数本の桜の木に加えて、今までグリーンウォールに遮られて見えなかった一本桜も姿を現した。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 先日卒業したばかりの40期生が正門付近にいたので「何か変わったと思えへんか?」と質問したが、自分が言うまで気づかなかったようだ。かく言う自分もカメラをやり始めた1年前まで、「グリーンウォール」の存在などまったく気に留めていなかった。

 おそらく桜三昧の4月になって初めて、多くの人が「あれ、なんか違うやん」と気づくのかもしれない。たのしみだ。

 拡大写真 p1110726a.jpg

2017/3/7

カラス、おそるべし!!  学校紹介

 前のブログでも紹介されていたが、校舎沿いに並ぶ高木「センペルセコイア」に多数居住するカラスの巣が撤去された。その主な材料はなんと家庭用のハンガー、しかもざっと見ただけで1000個を超えるおびただしい数である。

 これだけのハンガーが本校に生息するカラスによって運ばれたとは信じられない。彼らはハンガーをどのように組み合わせて巣を作っていたのだろう。そして、そんなハンガーを咥えて飛来するカラスを自分は一度も見たことないが、みなさんはどうだろうか。ひょっとすると奴らは深夜にせっせとハンガーを運んでいるのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

 ひとつの巣で使用したハンガーはだいたいこれくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

 これが巣8個分のハンガー。手前に原型をとどめる巣が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

芸術的オブジェのようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 あまりの数のハンガーを見て絶句するダンス部と軽音楽部の面々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 撤去作業中に本校に生息すると思われるカラス2匹がどこからともなく飛来して屋上から作業を見守っていたが、心なしか「カー」「カー」と鳴く声が寂しそうだった。

2017/3/7

カラスの巣作りに、こんなものが・・・  学校紹介

「Nさん、自然野生の授業を担当しとるんやったら、一度見といたほうがええで」
ブログ担当の先生にそう言われて、本館前に行くと・・・

ハンガーがいっぱい!

クリックすると元のサイズで表示します

高木剪定の際に、この木から発見された「カラスの巣」だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

カラスにとっての「繁殖期」となる3月、カラスは巣材を集めるために飛び回ります。
都市部では、ベランダに干してある針金ハンガーが狙われやすいようです。
理由としては、以下の2点が考えられています。
・軽くて細いので、くちばしで加えて運びやすい
・大きさが、カラスの巣に適している

カラス被害を受けないために、各自治体では「針金ハンガーなどの放置はやめましょう。」と呼びかけています。

大阪市:カラスについて




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ