2017/3/8

3月8日 水曜日の風景  学校紹介

 本日入試前日準備のため、生徒は12時完全下校。

 見通しがよくなった正門からの風景。背が低くなったカイズカイブキの切断面。濃淡の差は何を意味するのか?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 柴高に咲く花たち すべてPTA会費から購入させてもらったもの。ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 今日のジンチョウゲ匂い人。

★ジンチョウゲ(沈丁花)「ヤサシイエンゲイ」より

○中国南部からヒマラヤを原産とする常緑性の低木。
○日本には室町時代の中期以降に入ってきた。
○漢字の「沈丁花」は、花の香りが沈香、花姿が丁字に似ているところに由来。
○特徴はなんと言っても、上品な甘い香りを放つ花。
○主な開花期は3月から4月で、枝の先端に小さな花を球状にまとめて咲かせる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 「日本四大香木」のジンチョウゲ(春)とロウバイ(冬)を匂い比べる女子生徒。彼女曰く「ジンチョウゲの匂いの方が好き!!」。私もです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ