2017/4/18

ハーブストリート ほぼ完成!!  クラブ

 連日の生物部の多大なる貢献により、ついにハーブストリートも完成間近だ。新入りの1年生も参加した。今日の作業でたいだいのコツはつかめたかな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 苗植えの最中に不思議な生物を発見。まさに尺取虫のように前進していた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/18

アミティエ社会  授業・HR

 毎年恒例の学校周辺のフィールドワーク。校内各所を散策して、その後、淀川キリスト教病院を端から端まで歩いて、グラウンドの裏門から入る。

 柴島の白亜の校舎を、日ごろとは違う角度から眺めてみるのもいいものだ。いつか柴島浄水場の中を散策したいな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 本校34期卒業生が教育実習以来の母校で授業。意外にしっかりやってるやないか。

クリックすると元のサイズで表示します

 家庭園芸 農場にて

 来年はおそらくアミティエ生徒も選択するだろう。今年はどんな果物や野菜を作るのだろうか。自分がもう少し若ければ「ガーデニング入門」とかの授業を立ち上げるのに。科目の名前が心地よいが、半分ぐらいは雑草抜きとなるだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 昼休みにダンスの練習に励む某団

クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/18

自然観察と野生生物の保護 2017年前期・第1回  授業・HR

「自然野生」前期第1回の授業でした。
昨年同様、柴島高校内「学園の森」周辺の植物の観察から、今年度の授業は始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

自然観察について詳しく勉強していくと、theoria(テオリア)というギリシア語に必ず出会います。
テオリアとは「じっと見る」という意味を持ちます。
じっと見て、その対象をスケッチすることで、何かが「見えてくる」
見えてきたものを手で触ると、その対象のことが、とてもよく「わかる」
この「じっと見る」→「見えてくる」→「わかる」といった一連の体験を「観察」といいます。
観察することで、自然に関する法則(=theory、セオリー)に気づくことができます。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は「観察」のトレーニングを目的として、いろいろな葉をじっと見て、スケッチし、さらに言葉で説明するという一連の流れを体験してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

生徒のレポートより
・学園の森にも、いろんな木、草、葉が存在しているのが知らなかったので、知れて良かった。
・自分たちのすぐ近くに、自然はあふれているなと思いました。
・葉っぱといっても、いろんな種類があって、形も色も手触りも全然違った。
・一つの木にどれくらいの葉があるのか、一回数えてみたい。
・やわらかい葉は何のためにやわらかく、かたい葉は何のためにかたいのか、調べてみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

来週の授業は(もし晴れたら)淀川の「わんど」まで歩いて行ってみたいと思います。
受講者の皆さん、運動靴など必要なものを準備しておくこと、今日配布したパンフレットを事前に読んでおくことを忘れないようにしましょう。

2017/4/18

4月18日火曜日 朝の風景  学校紹介

 昨日午後からの荒れた天気とは打って変わって、さわやかな晴天となった本日の朝。柴島高校沿いのサクラ並木の一本が、途中から折れて無残な姿をさらしていた。せっかくの並木なんやから、大阪市には一定間隔で並木を育ててほしいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 検尿はみんな提出しましたか?

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ