2017/11/6

ダンス部 保護者ブログ  クラブ

ダンス部 K−jack イベント出演

 11月3日(金)・4日(土)

 43期生と41期生だけで地域のイベントに出演させていただきました。1年生と3年生だけで行動することは珍しいことなので、とても新鮮でした。この2日間、3年保護者も見に行かせていただいたのですが、私たち保護者にも笑顔で気持ち良く挨拶をしてくれる1年生を見て、K−jackの良い部分が後輩に伝わっているんだなぁと実感できました。1年生、本当にかわいい学年です!!

 3日(金)の東淀川区役所での『東淀川区民のつどい』では、1年生メインの構成となっており、夏のイベント時よりかなり上達したパフォーマンスで、笑顔もいっぱいでした。来年の文化祭がとても楽しみになりました。まだまだ可能性広がる43期生のこれからに注目です!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 4日(土)の淀川での『ひがよど祭』では、3年生がダンスコンテストに出場させていただきました。地域で活動されている年齢層幅広いチームが出場していて、多彩なパフォーマンスを見ることができました。予選では爽やかな日差しの下でパフォーマンスし、本選では夕暮れをバックに幻想的な舞台でパフォーマンスできました。今年から始まったダンスコンテストということでしたが、41期K−jackは見事、最優秀賞をいただきました‼

 審査員の方から講評をいただきました。『緩急が良く、音の取り方が最高』という評価もありましたが、何より『チームワーク』を評価してくださいました。舞台の下にいるメンバーも身体を動かしてみんなが同じ気持ちでいること、客席からの1年生の声援を評価してもらえたことが保護者として嬉しい瞬間でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 41期生はいつも『チームワーク』を評価していただきます。家族のように仲良しで笑顔溢れる子どもたちのおかげで保護者同士も楽しい時間が共有できています。

 30人のK−jackたち…いつも、ありがとう!

 3年生のイベント出演は、これで完全に終了となりました。地域の様々なイベントにこれまで呼んでいただき、ありがとうございました。今しか得られない貴重な機会に恵まれた41期生でした。本当にありがとうございました。 

 ダンス部 3年保護者

2017/11/6

軽音楽部、三連休は花園中央公園にて  クラブ

 我らが軽音楽部は、3連休は花園中央公園にて、搬入・設営・音響・ライブ・搬出など獅子奮迅の活躍をみせた。本当にお疲れ様でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 子供たちのダンスに備えて、一斉に楽器などをステージから撤収する部員たち。

クリックすると元のサイズで表示します

 一仕事を終えてみんなでほっこりする。

クリックすると元のサイズで表示します

 ダンスが終了後、再び楽器などを元に戻して演奏開始。1年生男子が多くの聴衆を前にして、AKBのなんとかという曲を熱唱。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 演奏を終えてバンドで記念撮影。疲労困憊の3日間だったが、この笑顔をみると得たものも大きかったはず。いい経験をさせてもらった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ステージにて子供たちのダンスの表彰が行われている間に、学校から持参した「かんたんテント」を撤収する。最初から舞台や音響がセッティングされているのではなく、それを準備したり設営したりする裏方の行為があればこそ、晴れ舞台でパフォーマンスができるのだ。軽音楽部諸君は、この3日間、ほんまによう頑張った。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 スピーカーやアンプなどの放送機材を視聴覚教室まで運ぶ。

 初日の搬出担当の生徒は6時45分に学校集合。昨日と本日は現地8時に集合。正面玄関で解散したのは18時45分ぐらい。こんな苦労を重ねて部員同士の一体感がさらに高まることを期待したい。ほんまによう頑張った。お疲れ様でした。

クリックすると元のサイズで表示します 

2017/11/6

東大阪花園ラグビー場 ワールドカップづくし   クラブ

 軽音楽部が11月3日・4日・5日と3日連続参加して音響や裏方などすべてを担ったイベントの会場は、東大阪市にある花園中央公園。この公園のメインが「ラグビーの聖地」とも言える東花園ラグビー場である。

 1929(昭和4)年に競馬場跡地に日本で初めてのラグビー専用スタジアムとして建設され、長い間「近鉄」が所有していたが、2015年より東大阪市が公園全体を所有することになった。

 毎年冬休みに行われる全国高等学校ラグビーフットボール大会(通称「花園」)や、ジャパンラグビートップリーグをはじめ数多くの国際試合などが実施される3万人収容のメインスタジアムや、その周囲にきれいな芝生が広がる練習用グラウンドが3面もある。

 2019年9月に開幕する「第9回ラグビーワールドカップ」が日本各地で実施されるが、当然ここ「花園」も会場となる。昨日11月5日、その雰囲気を盛り上げようとする全国的なラグビーイベントがあったようで、外国人も含めた多くのラグビーファンが東花園ラグビー場に集結していた。

クリックすると元のサイズで表示します

 近鉄奈良線の東花園駅からラグビー場までほぼ一直線の道でつながっている。駅構内に踏切があった昔の東花園駅を知っているだけに、高架になった東花園駅のあまりの進化・変貌ぶりに驚く。

クリックすると元のサイズで表示します

 道の両側にはワールドカップ出場20か国のうち、すでに出場を決めている15か国が写真のような方法で紹介されていた。

 写真左上から、日本、ジョージア(グルジア)、トンガ、イングランド、アルゼンチン、ニュージーランド、アメリカ、南アフリカ、イタリア、オーストラリア、アイルランド、フランス、スコットランド、フィジー、ウェールズ。

クリックすると元のサイズで表示します

 僭越ながら東大阪市に注文をつけるとするならば、説明が湾曲しているゆえに全体を見ることができなかったのが残念。

クリックすると元のサイズで表示します

 円形より四角の方が見やすかったか?
 
クリックすると元のサイズで表示します

 どこもかしこも「ラグビーづくし」。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 メインスタジアムが見えてきた。収容人数を増やすためにバックスタンドを増設中か?

 現在のメインスタジアムは1991(平成3)年に改修されたもの。自分はその前の古ぼけたスタジアムで平尾や大八木を擁する同志社大学vs専修大学の試合を観戦したことがあり、スタジアムはもちろん、当時の東花園駅までの風景が思い出せないぐらい変貌していた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 完成予想図

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 メインスタジアムの近くにある多目的球技広場では、社会人と思われるチームの試合が行われていた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 こういうイベントには必ず登場するマスコットキャラクター。その名も「トライくん」という。その向こうにいる赤いやつは、少なくとも東大阪市の公式ホームページでは紹介されていなかった。ほんまに同じ公務員として頭の下がる思いだ。ご苦労様です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 公園の入口近くにひっそりとたたずむ「全国高等学校ラグビーフットボール大会歴代優勝校」のレリーフ。

クリックすると元のサイズで表示します

 最初の1枚目は、1917(大正6)年の第1回優勝校「全同志社」。

クリックすると元のサイズで表示します

 最後は2016年度優勝の「東福岡」まで。

クリックすると元のサイズで表示します

 今や女子生徒が7割ぐらいしめる本校にも、20年ぐらい前までラグビー部があった。その後、ラグビー人口の減少と共に本校ラグビー部も廃部となり、年々「花園」の大阪府予選に出場する高校も減少、特に府立高校では1チーム15人を維持するのが困難な状況が続いている。

 かなり以前から全国大会の「花園」に大阪府からは3チームが出場しており、淀川工業、布施工業、茨田、阪南、北野などが、大阪府代表として出場したことがある。

 本校が「花園」に出場するなんて未来永劫ないと断言するが、大阪府代表3チームの中に府立高校が入り込むことを期待して、今年も「花園」に注目したい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ