2018/2/7

33期生先輩、大いに語る!!  授業・HR

 本日1年生の総合学習「ライフプランニング」では、現在、在日外国人の支援活動をしている33期生大先輩の話があった。この授業を受けている1年生(43期生)からすると、10歳も年上の先輩となる。

 今から8年前。当時本校の卒業式は2部構成となっており、その間の休憩時間に慌てふためいて「校舎に忘れ物した」「教室の鍵、開けて」と駆け寄ってきたのが彼女だった。

 その忘れ物というのがCDで、卒業式委員メンバーだった彼女がスライドショーのBGMに選んだ『ありがとう』(大橋卓弥)が2部のクライマックスで無事流された。

 「慌て者の彼女が選んだ曲はどんなんや」とあまり期待していなかったが、いざBGMが流れると、親を思う若者の愛を表現した歌詞が心に染み入り、はからずも自分の両親の顔が浮かんで泣きそうになった。

 本日昼休み、8年ぶりに彼女の顔を見たとき、その名前よりも前に「『ありがとう』をBGMに選んだやつや」と声を出した。

 150人以上の後輩を前に堂々とプレゼンをする姿を見て、8年の歳月は確実に彼女に成長をもたらしたと実感した次第である。

 今後の活躍を祈っています。頑張れ、M。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/7

家庭園芸、大活躍  授業・HR

 2月17日(土)午後1時よりPTAによる卒業式に向けた緑化活動を予定しているが、その際、写真の空き地に花を「地植え」することが決まった。むこうにみえる樹木はサクラ。毎年4月、これを背景にクラスの集合写真を撮影している。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 本日、「家庭園芸」2年生のメンバーが固まった土を掘り起こして耕してくれた。彼らの頑張りのおかげで、2月27日(火)の41期生卒業式、そして4月9日(月)の44期生入学式では、色とりどりの花が体育館へ向かう保護者の目をなごませることだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 阪急京都線「飛鳥橋踏切」の工事現場。すぐ近くに現在生徒たちが使用している「北側通用門」があり、このあたりは行き交う人も多いのでくれぐれも注意して通用門から出てほしいものだ。

2018/2/7

2月7日 水曜日の風景  学校紹介

 冷気に包まれた快晴の朝。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 「正門」の改修工事で、今までほとんど使用していなかった「北側通用門」が登下校の通路となっている。

 この角度から生徒を撮影するのは初めてで、なんかうれしい。朝日を浴びてキラキラ光っている生徒の豊かな黒髪が美しい。(太陽の光で茶色く見えているが決して茶髪ではない)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 福祉棟の住民「さくら」さんが、校舎内で行われる授業のためにアミティエ準備室で休憩していた。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ