2018/2/13

2月13日 火曜日の風景  学校紹介

 やっぱりMF(マニュアルフォーカス)はAF(オートフォーカス)より扱いが難しい。登校中の生徒にさすがに「ちょっと止まっといて」と言うわけにいかず、動く被写体にピントを合わせるのに苦労する。まだまだ修行が必要だ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/13

卒業を控えた3年生の感想(14)  一般

 昼休みに友達と一緒にご飯を食べたこと。特別な日には「菓子パ」もしたりして、中学校の時は給食だったし、席が近い人と食べるという感じだったから新鮮だった。遠足とかでしか食べたことがなかったお母さんのお弁当を、毎日食べることができたのは嬉しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 「小学校=給食」「中学校以上=弁当」のパターンが常識と思っていた50代後半の人間からすると、いつの頃からか中学校にも「給食」が導入され、いまや「全員喫食」が常識であるという。「全員喫食」とは「 同じメニューの給食を生徒全員が食べる方式」。

 大阪市は平成24(2012)年9月から、条件整備の整った学校から順次家庭弁当との選択制で給食を開始。平成25(2013)年9月には市内全128校に拡大した。

 今の高校3年生でいうと、中1の平成24年9月から家庭弁当との選択制が始まり、「全員喫食」が中3になった平成26年4月から本格的にスタートしたようだ。

 なるほど上記のような感想が出てくるはずで、全員が同じ教室同じ座席で同じメニューの給食を食べていた中学校時代からすると、高校はあまりに自由すぎて印象深かっただろう。

 本校の昼休み事情は本格的な調査はないが、「弁当派」「中間派」「食堂派」はざっと3分の1ずつぐらいではないか。昼休みを教室で過ごしている生徒がイコール「弁当派」というわけではない。教室には「弁当派」もいれば、コンビニや食堂で買ったパンなどを食べている生徒もいれば、食堂で販売されている弁当などを教室に持ち込んでいる生徒もいる。逆に「食堂派」の友人と一緒に食堂で昼食をとる「弁当派」もいる。

 当然、教室で生徒と一緒に昼食をとっている担任などは、今まで見たことはない。かといって「一緒に食べたらアカン」と禁止されていることはない。なんなら自分も定年までに一度は一緒に食べてみてもええかなと思うが、これが毎日になるとおそらく生徒からクレームが出るだろう。また高校生ならそんな担任に対してクレームを言わなあかん。

 どの高校もそうだと思うが、教室において昼食時の決まった席などはない。学校には個人の発達段階に応じた指導があるはずで、高校はそこまで口を出さない。ある者は机をくっつけ、ある者は一人で、ある者はグループで、ある者は教室の椅子を移動して廊下の途中にある長椅子で食べている生徒もいる。

 季節がよければ「弁当派」の中には教室を出て、中庭「学園の森」や体育館2階バルコニーの「青空広場」などに遠征している生徒もいる。紅葉の季節になると生徒に「イロハモミジの下でシート広げて食べてみたら」と声をかけるが、そんなシーンはまだ見たことがない。残念。

クリックすると元のサイズで表示します

 「菓子パ」などは他の学校はどう指導しているのだろうか。これが高じてゴミやお菓子のカスが散乱するなどしたら話は別だが、少なくとも柴島では「菓子パは禁止すべし」との意見は聞かない。

クリックすると元のサイズで表示します

 食堂ではアイスクリームなども販売されており、6月ぐらいから中庭で食べている生徒が増加する。中には廊下で食べ歩きをする生徒もいるが当然禁止されており、そんな違反行為が結局は食堂経営のマイナスになり、まわりまわって自分や友人の首をしめることを高校生なら理解すべきである。

クリックすると元のサイズで表示します

 高校も義務教育にすべしとの意見もあるが、将来たとえ義務教育になったとしても高校における「全員喫食」など自分は想像できない。


 41期生ダンス部 高校生活最後の全員昼食

クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/13

卒業を控えた3年生の感想(13)  一般

 卒業を2月27日(火)に控えた41期生3年生の登校日は、前日2月26日(月)の卒業式予行、そして本番の2日。

 そんな3年生に「柴島での最大の思い出」と題して、短い時間を利用していろいろ書いてもらった。昨年に引き続き、受験を控えている中学生に参考になるようなもの、総合学科のことや柴島の雰囲気が分かるようなものをピックアップして紹介してみたい。

 クラブが有名でこの学校を選んで、受験勉強中の今は自分の力にあった学校に行くべきだったかなと思ったりもするけど、それ以上の、人との関係だったり考え方を学ぶことができて、人として成長することができる柴島を選んでよかったと思う。

 志望校を選ぶときの動機のひとつに、自分にとって何を最優先すれば自分が最も充実した高校生活を送ることができるか、前向きな高校生活をおくることができるか、というのがあると思う。どうやら上記の生徒は志望校を決めるにあたり、「大学受験」「成績」より「クラブ」を最優先したようだ。

 しかも出身中学校から受験したのはその生徒一人である。「クラブで頑張りたい」という強い意志を持って受験したと思われる。

 その生徒は入学直後から積極的に「クラブ」に参加、「クラブ」のために大いに貢献して腕を磨き、「クラブ」以外でも思い存分高校生活を楽しんだ。そして3年の夏、引退してからはきっぱり「クラブ」から足を洗い、通学時間や休み時間も寸暇を惜しんで受験勉強に取り組んだ。強い気持ちを持った生徒と想像できる。

 柴島の生徒の進路希望は実に多種多様で、「普通科」なら当然大学受験を狙う、そして「狙ったらどうか」と担任に指導されるであろう成績の生徒が、自分の特技や興味関心を優先して「専門学校」などの進路を選択することがある。

 去年の12月22日に41期生越冬組の激励会が開かれたが、下の写真でその数を見てもらっても分かるようにクラスによって差はあるが、年明けに受験を控える「越冬組」は少数派である。「越冬組」の進路希望は、「看護・医療」、「センター試験」「一般入試」で「国公立」や「関関同立」「産近甲龍」など、様々だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 「越冬組」がクラスを見渡して進路が決まっていないのが自分も含めて少数派と知ると、「焦る」「さびしい」という気持ちも理解できる。知らず知らずのうちにクラスで受験勉強の態勢にスイッチオンで全員が休み時間に単語帳、という雰囲気もない。

 そんな「越冬組」にはいつも(去年も同じことを書いているが)、

 柴島だけで考えるな
 大阪府下で考えろ
 進路の決まってない生徒はまだ3分の1は絶対におる!!

 と言って励ましている。一昨年の39期生などは、2月まで同じ境遇の生徒たち5、6人が集まって夜遅くまで自習室で勉強していた。

 柴島に入学した生徒は、多様な地域(北は島本町から南は羽曳野や堺まで/1学年につき120前後の中学校から入学)に住み、多様な志望動機や進路希望を持った同世代の中で3年間を過ごす。

 そして学校として大切にしていることが、「一人ひとりの違いを認め」「まずは受け入れてしっかり話を聞こう」という態度であり、これは他の公立高校と比べても個性的である。

 入学した生徒全員がそんな高校に満足しているとは思わないが、そんな高校で3年間を過ごしたこの生徒が、卒業間際のこの時期に「人として成長することができる柴島を選んでよかった」と書いてくれたことは、柴島に関わる者として至上の喜びだ。

 第一志望の大学に合格できるよう祈ってます。最後まで諦めるな。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ