2018/11/2

「災害と安全を考える」の授業で淀川キリスト教病院に行きました  授業・HR

災害時に停電になってはいけない施設である救急病院で、どのような対策をしているのか教えていただきました。
移転して新しくなった病棟では特別高圧の電気を受けているので、滅多なことでは停電しないはずですが、その滅多にないケースに備えて3重のバックアップがあることを教えていただきました。災害時も安心して受診.入院できますね。
また、断水や物資の輸送が止まった場合にも対策をしてありました。
災害は起こらないのが一番ですが、備えをすることが大切ですね。自分でもできる対策を考えたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ